LOVEGREEN 植物と暮らしを豊かに。

「え」からはじまる庭木1-3件 / 全3件

エニシダ

  • エニシダはヨーロッパ中西部原産の、落葉あるいは常緑低木です。生長しても2~3m程度と大きくなり過ぎず、乾燥にも強いので、庭植えで管理しやすい花木です。春に黄色や白の小ぶりな蝶々のような花を咲かせます。枝をしならせるようにたわわに花を付けるので、満開時は見る者を圧倒します。とても可愛らしい木ですが、寿命が短く10年程度で枯れてしまいます。

    園芸品種に、矮性のヒメエニシダもあります。こちらは大きくなっても1m程度と小さめですので、庭植でも鉢植えでも管理しやすい品種です。

エリカ

  • エリカとは、ツツジ科エリカ属の総称です。常緑性で、700種以上が南アフリカと一部ヨーロッパを中心に自生しています。日本にも鉢花や切り花で数十種類が流通しています。開花期は品種によって異なりますが、秋から春。冬の寒い時期を得意とし、夏の高温多湿が苦手です。ヨーロッパの「ヒース」と呼ばれる、土壌の悪い荒地で自生する強健種です。

    日本では、秋から春にかけて、花の少ない季節に花壇を賑わせてくれる貴重な植物です。花色もピンク、白、黄色、赤と豊富で、スズランのような咲き方から、ラッパのように突き出すような咲き方のものまであります。すっと伸びた幹と針葉樹のような葉、そこに群れるようにたわわに咲く花が可愛らしい植物です。

エゴノキ

  • エゴノキは樹高は7~15m前後になる落葉高木で日本にも広く分布しており、雑木林などにも自生している他、庭木としても親しまれています。。幹はあまり太くならず株元から枝分かれして株立ちのような姿になります。樹皮は暗紫褐色でつるんとしてなめらかです。

    葉は長さ4~8cmで互生します。5月~6月頃に直径2cmほどの5弁の白い花が鈴なりにぶら下がって咲き、独特の美しさがあります。エゴノキの花の散り方は、花びらを散らさずに、咲いていた形のままで落下していきます。白い花がくるくると回りながら落ちていく姿は、とても可愛らしい趣があります。秋早めに果実が熟して、1果に1つだけ入っている種を出します。

    暑さ、寒さに強い比較的丈夫な樹種で自然風の趣が好まれ、庭木によく利用されます。緑陰樹にはなりませんが花が美しいので公園にも植えられます。ピンクの花が咲く品種もあります。

人気の植物ランキング