1月15日はイチゴの日!イチゴを3倍楽しむ5つの小話

鈴木仁美

鈴木仁美

2957views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

gi_logo_grey

皆さん、1月15日はイチゴの日です!

イチゴの日、知っていましたか?1月5日がイチゴの日だと思っていた……という方も多いのではないでしょうか。実は、1月5日も「イチゴの日」なんです。名前は「イチゴの日」でも、本当は受験を控えた15歳の少年少女にエールを送る日。果物のイチゴの日は、1月15日なのです。

今回は、イチゴをたっぷり楽しむためのちょっとした小話をご紹介します。strawberries

 

いちごの基本情報

ここでは広く栽培されているオランダイチゴについてご紹介します。オランダイチゴは、南アメリカ原産のチリ種と、北アメリカ原産のバージニア種が交配されて生まれたものです。

科・属 バラ科 オランダイチゴ属
学名 Fragaria ×ananassa Duchesne ex Rozier
英名 Garden strawberry,pineapple strawberry,ananas strawberry

 

▼関連記事

※育てやすいワイルドストロベリーの栽培方法です。wild strawberries and ground ivy

 

イチゴを楽しむ5つの小話

1.1月15日はイチゴの日。じゃ、22日は?

毎月22日はイチゴショートの日!

1月15日は語呂合わせで「いい(1)イチゴ(15)」なのでイチゴの日とされています。

ここでカレンダーを見てみてください。

22日の上に、15日がありますよね。「イチゴ(15)が上に乗っている」ということで、毎月22日はイチゴショートの日なのです!一月は、5日と15日と22日のなんと3回もイチゴの記念日がある月なんですね。Panda Calendar

 

ショートケーキとアイスティー

 

2.ミツバチとイチゴのすてきな関係

自然界でのイチゴは、虫の力を借りて受粉しています。ですが、ハウスで栽培されているイチゴは自然な受粉が一切できません。そこで使われているのがミツバチ!受粉の時期にミツバチをハウスに放つことで、たくさんのイチゴを実らせています。

▼人を刺すこともあるハチのおかげで、美味しいイチゴが食べられるのです。交配用のミツバチが売り出されているというから驚きですね。
Bees!

 

続きを読む

Pages: 1 2

「1月15日はイチゴの日!イチゴを3倍楽しむ5つの小話」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

鈴木仁美
鈴木仁美

千葉大学園芸学部にて公園・緑地について学ぶ。卒業後も緑への興味は尽きず、様々なオープンスペースに足を運んでいる。趣味は音楽と四季折々の花を愛でること。狭い自宅アパートでも楽しめるような植物との関わり方を日々発見しています。LOVEGREENでは自身の公園・庭園・緑地好きを生かし、季節ごとに見ごろの植物が楽しめる全国の公園や庭園、週末に出かけたくなるようなお出かけ情報などの紹介記事を主に配信しています。

オススメ特集