日比谷花壇のプロに教わる!春色ブーケの作り方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

8210views
更新日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

日比谷花壇でシニアデザイナーとしてブライダルや空間装飾などでご活躍されている来本さんにLOVEGREENをイメージして素敵なブーケを作っていただきました。

春を感じられる素敵なブーケ

今回の花材は、春のお花のチューリップやマメ科のルピナス。甘い香りのするスイートピーや爽やかな香りのハーブゼラニウム

そして人気のエアプランツ、それに合したグリーンの花材たち。これからどんなブーケができるのか、とってもワクワクでした。

 

まずは、ハーブゼラニウムを軸に組んでいきます。

 

大きめのエアプランツをハーブゼラニウムの間に入れて組んでいきます。

 

ハーブゼラニウムをかませて、グリーンの花材をバランス良く組んでいきます。

 

春の七草のひとつでもあるナズナも入れていきます。

小さな葉っぱと、細い茎が繊細のナズナを入れることでブーケの中に”動き”が出て素敵な雰囲気になっていきます。

 

淡い色合いのルピナスや小花が入っていきます。

 

だんだんとブーケにボリュームが出てきました!

 

もうひとつのエアプランツ(テクトルム)やグリーンのバラ(ミントティ)、甘い香りのスイートピーを入れていきます。

 

少し段差をつけたり、同じ花材で一か所に固めたり(グルーピング)するとブーケに動きが出てきますね。

 

ブーケの間に色味のあるスイートピーがグリーンを引き立たせてくれますね。エアプランツの存在感も素敵です。

 

ここでバランスよく組み、麻ひもでしっかりと縛ります。

 

後ろから見るとこのような感じ。

 

ブーケの茎(足元)を揃えるようにカットしていきます。

 

最後に花瓶に生けて完成!

生けるときには、余った太い茎を花瓶にはめて角度をつけて、飾ると格好がつきます。

 

「LOVEGREENらしい色合いの花材を選んできました!」と想いのこもったブーケ。

 

春のあたたかい雰囲気が出ていますね。ふんわりと春の花の良い香りがします。

 

春がやってきそうな色合いのブーケを玄関に飾って、とても素敵な空間に。

 

ブーケを作成してくださった日比谷花壇の来本曜世(くるもと てるよ)さん、本当にありがとうございました。

 

日比谷花壇の来本曜世さんの素敵なお花たちや活動が載っているブログやインスタグラムもあるんです。

ぜひチェックしてみてくださいね♪

ブログをみる[Kulu Fleur]

インスタグラムをみる

「日比谷花壇のプロに教わる!春色ブーケの作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。