収穫したブルーベリーを使って簡単に作れる季節のレアチーズケーキ!

峰亜由美

峰亜由美

公開日 :

お庭で収穫したブルーベリー、真夏の庭に氷が霜着いたように涼しそうに実る様子も愛おしい夏の果実。少しだけしか実らなくても、豊作でも、大切に育てて実ったら嬉しいものですね。ブルーベリーの可愛らしさを透明なゼリーの中に閉じ込めて、まだまだ続く残暑を涼やかな気分で過ごせる簡単なケーキの作り方をご紹介。

目次

ブルーベリーの収穫

ブルーベリーレアチーズケーキを作ろう

レアチーズケーキの作り方(1層目)

ブルーベリーを閉じ込めたプルプルゼリー(2層目)

ブルーベリーレアチーズケーキの完成と盛り付け

ブルーベリーの収穫

ブルーベリーの収穫は6月~9月が収穫時期になります。 沢山の果実が1つの房にたわわに実り一粒づつ順番に完熟していく為、完熟した順番に手で一つづつ、収穫していきます。

ブルーベリーの収穫時期は6月~9月、LOVEGREEN編集部で育てているブルーベリーが今年は豊作。早速収穫して、ブルーベリーを使って季節を楽しむスイーツを作ってみる事にしました。

ブルーベリーの収穫のポイント

ブルーベリーを収穫していて、美味しそうな青色になっているのに、摘んで食べてみると、渋かったり、酸っぱかったりした事はありませんか?  ブルーベリーは実ってから熟れていく間に少しづつ色を変えて行き、はじめは淡い緑色をしていて淡いピンク、赤、紫、濃紺と変化していきます。  最後の濃紺になった時が実は完熟ではなく、濃紺になってから4日~7日が甘みが増し食べ頃を迎えます。ブルーベリーは収穫してしまうと追熟(そのまま保管しても甘くならない)しない為、完熟してからの収穫が好ましい果実です。濃紺になってから、4日~7日と言われても、房の中で同じ様に次々と濃紺に色づくブルーベリーはどれが何日目だっただろう?とわからなくなってしまいそうですね。そんな時の見分け方があります。

ブルーベリーを収穫していて、おいしそうな色になっているのに、摘んで食べてみると、渋かったり、酸っぱかったりした事はありませんか?

ブルーベリーは実ってから熟れていく間に少しづつ色を変えて行き、はじめは淡い緑色をしていて淡いピンク、赤、紫、濃紺と変化していきます。最後の濃紺になった時が実は完熟ではなく、濃紺になってから4日~7日が甘みが増し食べ頃を迎えます。

ブルーベリーは収穫してしまうと追熟(そのまま保管しても甘くならない)しないので、完熟してからの収穫が好ましい果実です。濃紺になってから、4日~7日と言われても、房の中で同じ様に次々と濃紺に色づくブルーベリーはどれが何日目だっただろう?とわからなくなってしまいそうですね。そんな時の見分け方があります。

ブルーベリーの軸の色をチェック

実の色が濃紺に色づき始めたばかりの頃は、ブルーベリーがついている軸の色は淡い緑色をしています。

 

甘みが増して完熟してくる頃には実に近い部分の軸が紫色に変化してきますので、そのころが食べ頃の収穫時期になります。

 

ブルーベリーを収穫、収穫したブルーベリーを使って、レアチーズケーキを作ってみます。

今年は沢山のブルーベリーを収穫する事が出来ました。収穫したブルーベリーを使って、レアチーズケーキを作ってみます。

目次に戻る≫

ブルーベリーレアチーズケーキを作ろう

収穫したブルーベリーで2層のレアチーズケーキを作ってみましょう。  今回は丸ごとのブルーベリーをゼリーの中に閉じ込めて、残暑を楽しむような涼やかなケーキを仕上げます。  このレシピは季節を楽しみたい時にどんな季節でも大活躍!一度作り方を覚えたら、ゼリーの中の果実を変えるだけで、色々な季節にも楽しむ事が出来ますよ。是非お試し下さい。

収穫したブルーベリーで2層のレアチーズケーキを作ってみましょう。

今回は丸ごとのブルーベリーをゼリーの中に閉じ込めて、残暑を楽しむような涼やかなケーキを仕上げます。

このレシピは季節を楽しみたい時にどんな季節でも大活躍!一度作り方を覚えたら、ゼリーの中の果実を変えるだけで、色々な季節にも楽しむ事が出来ますよ。ぜひお試し下さい。

ブルーベリーレアチーズケーキの材料の準備

ブルーベリーゼリーのレアチーズケーキ ■クリームチーズ 200g  ■生クリーム 150cc  ■ヨーグルト 150g  ■グラニュー糖 60g~80g(お好みで)  ■ゼラチン  7g  ■水 大さじ3  ■クッキー(市販のものでok) 100g  ■無塩バター 5og    ブルーベリーゼリー部分 ■ブルーベリー 2種 適量  ■アガー 10g  ■グラニュー糖 50g  ■水 500cc  ■コアントロー 適量  ■レモン汁 大さじ3  ■ミントの葉 少々

~レアチーズケーキ(1層目)~

・クリームチーズ 200g

・生クリーム 150cc

・ヨーグルト 150g

・グラニュー糖 60g~80g(お好みで)

・ゼラチン  7g

・水 大さじ3

・クッキー(市販のものでok) 100g

・無塩バター 5og

~ブルーベリーゼリー(2層目)~

・ブルーベリー 2種 適量

・アガー 10g

・グラニュー糖 50g

・水 500cc

・コアントロー 2~3滴

・レモン汁 大さじ3

・ミントの葉 少々

今回使用する流し込み型

底取れタイプのケーキ型を使用しました。

底取れタイプのケーキ型を使用しました。

目次に戻る≫

レアチーズケーキの作り方(1層目)

1.クッキーをビニール袋等に入れて細かく砕きます。クッキーはお好みで市販のクッキーを使ってみましょう。

1.  クッキーをビニール袋等に入れて細かく砕きます。クッキーはお好みで市販のクッキーを使ってみましょう。

 

2.細かく砕いたクッキーに溶かしバター(電子レンジで温めて溶かしておきましょう)をなじませてケーキの型に敷き詰めます。そのまま冷蔵庫へ入れて冷やし固めます。

2. 細かく砕いたクッキーに溶かしバター(電子レンジで温めて溶かしておきましょう)をなじませてケーキの型に敷き詰め、冷蔵庫へ入れて冷やしておきます。

 

3.ゼラチンを大さじ3の水でふやかしておきます。生地と混ぜ合わせる直前で電子レンジで15秒程温めます。(※注意・・・ゼラチンは水でふやかした後に沸騰させると固まらなくなりますので、煮立たない様に注意しましょう。)

3. ゼラチンを大さじ3の水でふやかしておきます。生地と混ぜ合わせる直前で電子レンジで15秒程温めます。

※注意・・・ゼラチンは水でふやかした後に沸騰させると固まらなくなりますので、煮立たない様に注意しましょう。

 

1. 常温で溶かしたクリームチーズをゴムベラ等でなめらかによく混ぜます。その後、グラニュー等を5回位に分けて、クリームチーズとなめらかになるまで、混ぜ合わせます。  良く混ざりあってくると、グラニュー糖のザラザラが消えて生地全体に艶(つや)が出てきます。

4.  常温で溶かしたクリームチーズをゴムベラ等でなめらかによく混ぜます。その後、グラニュー糖を5回位に分けて、クリームチーズと合わせてなめらかになるまで、混ぜ合わせます。

良く混ざりあってくると、グラニュー糖のザラザラが消えて生地全体に艶(つや)が出てきます。

 

2.グラニュー糖とクリームチーズが混ざり合ったら、ヨーグルトを数回に分けて混ぜ合わせます。

5. グラニュー糖とクリームチーズが混ざり合ったら、ヨーグルトを数回に分けて混ぜ合わせます。

 

3.生クリームを六分立てにしておきます。六分立ては泡だてた時に泡立て器を持ち上げた時に帯状に持ち上がりすぐに形が消えるくらいの泡立て具合です。

6. 生クリームを八分立てにしておきます。

※八分立ては泡立て器を持ち上げた時にツノがたち、後に下を向く程度の硬さです。

 

4.六分立ての生クリームを生地に少しづつ加えて、なめらかになるまで混ぜ合わせます。

7. 八分立ての生クリームを生地に少しづつ加えて、なめらかになるまで混ぜ合わせます。

 

8.大さじ3の水でふやかしていたゼラチンをレンジで15秒あたためて、生地の中に少しずつ混ぜ合わせます。

8.  3で準備していた、大さじ3の水でふやかしていたゼラチンをレンジで15秒あたためて、生地の中に少しずつ混ぜ合わせます。

 

9.冷蔵庫で冷やし固めたクッキーが敷いてある型に、混ぜ合わせた生地を流しいれます。  流し入れる際、チーズケーキの上に2層に重なるゼリー部分を流し入れるスペースを空けておきましょう。

9. 冷蔵庫で冷やしていたクッキーが敷いてある型に、混ぜ合わせた生地を流しいれます。

流し入れる際、チーズケーキの上に2層に重なるゼリー部分を流し入れるスペースを空けておきましょう。

 

10.型の中に適量の生地を流し入れましたら、冷蔵庫の中で3時間くらい、冷やし固めます。

10. 型の中に適量の生地を流し入れましたら、冷蔵庫の中で3時間くらい、冷やし固めます。

目次に戻る≫

ブルーベリーを閉じ込めたプルプルゼリー(2層目)

1.アガーとグラニュー糖を混ぜ合わせておきます。

1.アガーとグラニュー糖を混ぜ合わせておきます。

 

2. 1を水500ccに少しづつ加えて、むらなく溶かし火にかけます。沸騰したら30秒から1分程、かき混ぜながら煮沸かして火を止め、粗熱(あらねつ)を取り冷ましておきます。

2. 1を水500ccに少しづつ加えて、むらなく溶かし火にかけます。沸騰したら30秒から1分程、かき混ぜながら煮沸かして火を止め、粗熱(あらねつ)を取り冷ましておきます。

 

3.冷蔵庫で冷やし固めたレアチーズケーキの上に2種類のブルーベリーを無造作に並べて行きます。お好みで並べ方に工夫をして、デコレートしてみるのも素敵な仕上がりになると思います。

3.冷蔵庫で冷やし固めたレアチーズケーキの上に2種類のブルーベリーを無造作に並べて行きます。お好みで並べ方に工夫をして、デコレートしてみるのも素敵な仕上がりになると思います。

 

4.並べ終わったら、2で作ったアガー液の温度が下がった事を確認して(人肌程度でいいと思います)レモン汁と香りづけにコアントローを少々混ぜ合わせます。(※注意・・・アガーは酸味の強いものと一緒に煮立たせると固まらなくなる事がありますので、レモン汁は冷めてから加えて下さい)

4.並べ終わったら、2で作ったアガー液の温度が下がった事を確認して(人肌程度)レモン汁と香りづけにコアントローを2~3滴、混ぜ合わせます。

※アガーは酸味の強いものと一緒に煮立たせると固まらなくなる事がありますので、レモン汁は冷めてから加えて下さい

 

5. 4で作ったアガー液をブルーベリーを並べたクリームチーズケーキの上に流し入れます。

5. 4で作ったアガー液をブルーベリーを並べたクリームチーズケーキの上に流し入れます。

 

 

6.ブルーベリー全体が浸かる様にアガー液を流し込んだら、冷蔵庫で冷やし固めます。

6.ブルーベリー全体が浸かる様にアガー液を流し込んだら、冷蔵庫で冷やし固めます。

目次に戻る≫

ブルーベリーレアチーズケーキの完成と盛り付け

1.冷蔵庫で冷やし固めたら、型から外します。底取れ式の型なので底から持ち上げるように型から外してみましょう。  外れにくい場合は、手の温度、或いはお湯で絞った布巾などで方の周りを少し温めるとスムーズに型から外す事が出来ます。

1.冷蔵庫で冷やし固めたら、型から外します。底取れ式の型なので底から持ち上げるように型から外してみましょう。外れにくい場合は、手の温度、あるいはお湯で絞った布巾などで型のまわりを少し温めるとスムーズに型から外す事が出来ます。

 

2.今回はブルーベリーと一緒に収穫したミントをお皿の上にあしらいました。ブルーとグリーンのコントラストを楽しめますね。

2.今回はブルーベリーと一緒に収穫したミントをお皿の上にあしらいました。ブルーとグリーンのコントラストを楽しめますね。

 

3.ブルーベリーの枝等を一緒にテーブルにコーディネートしてみると空間が華やいで目で見ても楽しいティータイムになりそうですね。

3.ブルーベリーの枝等を一緒にテーブルにコーディネートしてみると空間が華やぎ、目で見ても楽しめます。

 

白いクリームチーズケーキの上に清涼感漂う果実のブルーベリーが氷の中に閉じ込められた雰囲気を纏(まと)った今回のケーキは、涼しげで夏のティータイムにぴったり。

家族や親子で楽しく収穫したり、お友達とみんなでワイワイ収穫して、小さな収穫祭の後に一緒にケーキ作りを楽しむのも素敵ですね。ぜひ作ってみて下さいね。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

 

▼関連ワード

「収穫したブルーベリーを使って簡単に作れる季節のレアチーズケーキ!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

おすすめ