トマト嫌いでも食べられる、色鮮やかで美味しいフィンガーフード

峰亜由美

峰亜由美

このライターの記事一覧

公開日 :

今回はLOVEGREEN編集部に届いたサントリーのミニトマト「純あま」と「ハニーイエロー」を使って、トマト嫌いでも食べられるフィンガーフードを作ってみました。 美味しくて簡単に出来るお料理です。色も鮮やかでホームパーティーでも喜ばれる一品を作ってみませんか?

目次

ミニトマトのフィンガーフードの作り方

ミニトマトってこんな植物

ミニトマトのフィンガーフードの作り方

小さくて可愛らしいミニトマト。そのままで食べても、カプレーゼなどサラダ、ピクルス、トマトソースと色々なお料理で楽しむ事が出来るミニトマトですが、今回はこの可愛らしい姿を活かして、フィンガーフードとして食べられる簡単に出来て見た目も可愛らしいお料理をご紹介致します。

小さくて可愛らしいミニトマト。そのままで食べても、カプレーゼなどサラダ、ピクルス、トマトソースと色々なお料理で楽しむ事が出来るミニトマトですが、今回はこの可愛らしい姿を活かして、フィンガーフードとして食べられる、簡単に出来て見た目も可愛らしい料理をご紹介します。

材料

・ミニトマト(純あま、ハニーイエロー)適量  ・バルメザンチーズ 適量  ・ニンニク 一片  ・チャービル、又はイタリアンパセリ等 少々  ・オリーブオイル 適量  ・塩、コショウ 少々

ミニトマト(純あま、ハニーイエロー)適量

・バルメザンチーズ 適量

・ニンニク 一片

・チャービル、又はイタリアンパセリ等 少々

オリーブオイル 適量

・塩、コショウ 少々

 

ミニトマトのフィンガーフードの作り方手順

バルメザンチーズを適量、熱したフライパンにスプーンで乗せます。ミニトマトのサイズに合わせて(トマトの直径と同じくらいの大きさ)チーズの量を決めましょう。

バルメザンチーズを適量、熱したフライパンにスプーンで乗せます。ミニトマトのサイズに合わせて(トマトの直径と同じくらいの大きさ)チーズの量を決めましょう。

 

火加減は弱火で、少しずつチーズがとけてきたら箸などでチーズのまわりの形をなんとなく丸になる様に少し整えます。  チーズの色がほんのりときつね色になったら裏返します。裏面に少し火が通ったら出来上がりです。  丸い形で焼いたバルメザンチーズは、トマト一つに対して2枚使用します。トマトの2倍の枚数を焼きましょう。

火加減は弱火で、少しずつチーズがとけてきたら箸などでチーズのまわりの形をなんとなく丸になる様に少し整えます。

チーズの色がほんのりときつね色になったら裏返します。裏面に少し火が通ったら出来上がりです。

丸い形で焼いたバルメザンチーズは、トマト一つに対して2枚使用します。トマトの2倍の枚数を焼きましょう。

 

熱したフライパンにオリーブオイルをひきます。  トマトを入れて、塩コショウをします。

熱したフライパンにオリーブオイルをひきます。

トマトを入れて、塩コショウをします。

 

スライスしたガーリックをフライパンに入れて蓋をし中火でトマトに火が通るまでソテーします。トマトの形が崩れすぎない様に、気を付けながら時々フライパンを動かして、トマト全体に味がつく様に火をかけましょう。

スライスしたガーリックをフライパンに入れて蓋をし中火でトマトに火が通るまでソテーします。トマトの形が崩れすぎない様に、気を付けながら時々フライパンを動かして、トマト全体に味がつく様に火をかけましょう。

 

盛り付けは、薄く焼き上げたバルメザンチーズを器に敷き、その上にソテーしたミニトマトをのせます。最後にもう1枚バルメザンチーズをのせトマトをバルメザンチーズではさむ様に盛り付けます。最後にチャービルやイタリアンパセリ等を飾りつけしたら出来上がりです。  トマトは火をかけると甘みが増すので、トマト嫌いな方でも美味しくいただく事が出来ます。今回はカリカリに焼き上げたバルメザンチーズとジューシーなミニトマトの食感が最高の一品です。是非、お楽しみ下さい。

盛り付けは、薄く焼き上げたバルメザンチーズを器に敷き、その上にソテーしたミニトマトをのせます。最後にもう1枚バルメザンチーズをのせトマトをバルメザンチーズではさむ様に盛り付けます。最後にチャービルやイタリアンパセリ等を飾りつけしたら出来上がりです。

トマトは火をかけると甘みが増すので、トマト嫌いな方でも美味しくいただく事が出来ます。今回はカリカリに焼き上げたバルメザンチーズとジューシーなミニトマトの食感が最高の一品です。是非、お楽しみ下さい。

目次に戻る≫

ミニトマトってこんな植物

ミニトマト

  • トマトの原種は、大玉トマトではなく植物学者たちの調査によりチェリートマト(ミニトマト)ということが分かっています。

    大玉トマトの方が突然変異として、チェリートマト(ミニトマト)よりも後に生まれました。アンデス高原に自生していたトマトの野生種は、いずれもチェリートマトの種類だったようです。

    原産地では多年草ですが、日本のような温帯で育てると1年草として栽培されます。

    この野生種のトマトは、メキシコから北米に伝わり、実際に栽培されるようになったのは19世紀に入ってからです。ヨーロッパへ伝わるのは、コロンブスの新大陸発見が大きく影響し、ヨーロッパでトマトを食べるようになったのは、18世紀以降といわれています。

    当初、トマトは観賞用として育てられ、食用とされることはありませんでした。というのも、新大陸からヨーロッパに伝わった時に、トマトの実がとても赤いために有毒植物と信じられていたからです。

    日本に伝わったのは、17世紀の江戸時代ですが、同じように観賞用として伝わってきましたが、やはり「赤茄子」としての価値しか見出せず、しばらくの間観賞用としてのみ育てられていました。

    トマトの赤い実は毒性ではありませんが、じつはトマトの苗自体には有毒物質が含まれています。完熟のトマトにはほとんど含まれていませんが、「トマチン」といって、花・葉・茎などに含まれています。そのため、ピーマンの葉は食すことはできますが、トマトの葉は食べることができません。

    現在では、様々な品種が改良され、青臭さもなく、まるでフルーツのような甘いミニトマトもでき、人気の野菜の一つです。

    緑黄色野菜の1つで、クエン酸、リコピン、グルタミン酸など栄養も豊富。健康や美容にも効果があることも人気の理由。サラダから、煮込み料理、ソースなど様々な料理に使えます。

目次に戻る≫

▼編集部おすすめ

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「トマト嫌いでも食べられる、色鮮やかで美味しいフィンガーフード」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

このライターの記事一覧

おすすめ