お庭で育てた果物をおいしく食べられる!かんたんレシピ6選

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

お庭に夏ミカンやビワの木がある方は多いと思います。

でも普段から剪定や肥料を与えて管理していないと、実った果物は酸っぱくて、とても生では食べられない……そんなことはありませんか?そんな果物を捨ててしまうのはもったいない!もてあまし気味なお庭の酸っぱい果物も、ひと工夫すればとてもおいしく食べられるんです。今回は、お庭の果物を簡単においしく食べる方法をご紹介します。

 

お庭の果物3つの特長

1.栄養価が高い

市場に流通している果物は、輸送に耐えるために完熟前に摘み取られているものがほとんどです。完熟前に収穫した果物は、そこで栄養の供給がストップしてしまいます。それに比べて家庭の果樹は食べるその瞬間まで、太陽と大地の恵みを受け続けることができるのです。

2.農薬の心配がない

輸入物の柑橘類などはとくに、残留農薬が気になりますね。お庭の果物なら、そんな心配はありません。

3.価格が安い

手間やお金を使わなくても手に入るのが家庭の果樹のいいところですね。また大量に手に入るので、失敗を恐れず様々な食べ方にチャレンジできるものうれしいものです。

ちょっと酸っぱかったり渋かったりするかもしれませんが、そのぶんいい香り。

 

お庭の果物をおいしくいただくレシピ6選

1.夏ミカンのゼリー

1.夏ミカンの皮をむく

夏ミカンの皮をむきます。トッピングにも使いたい場合は別によけておきましょう。

2.ミキサーにかける

夏ミカン、無糖ヨーグルト(大さじ2)、砂糖(大さじ2)、レモン汁(小さじ1)、水100ccを入れてミキサーで撹拌します。

3.ゼラチンをまぜる

お湯(大さじ3)でふやかしたゼラチン(5g)も入れてミキサーで撹拌します。

4.味を整え、容器に入れて冷やす

トッピングの夏ミカンをのせる場合は、ここでのせます。

 

夏ミカンの独特の苦みをヨーグルトでマイルドにしたレシピです。収穫したての夏ミカンは酸が強いので、風の通る箱に入れて冷暗所に2~3週間おいて酸抜きするとおいしくなります。

2.ビワのシロップ漬け

1.煮汁をつくります

水(250cc)に砂糖(100g)とクエン酸(小さじ2)を入れ、沸かします。

2.ビワをむきます

ビワは縦方向にぐるりと包丁をいれ、種と皮を取り除きます。変色を防ぐため、むいた端からシロップに漬けておきます。

3.煮る

中火にかけ、沸騰したら落し蓋をして約10分煮ます。煮るときに種と一緒に煮ると香りがよくなります。

3.キンカンの甘露煮

1.キンカン(300g)を洗って切れ目を入れる

キンカンをきれいに洗い、竹串で穴をあけるか包丁で切れ目を入れます。

2.キンカンをゆでる

お湯をたっぷり沸かし、キンカンを3分程度茹でます。種子を取り除きたい場合は切り目から竹串か何かでほじくり出します。

3.キンカンを水にさらす

金柑を味見して、苦いようならば20~60分ぐらい水にさらします。

4.砂糖で煮る

鍋に金柑、水(150cc)、砂糖(150g)を入れて煮ます。水気が飛んだら火を止めます。

5.容器に入れる

キンカンが熱いうちに保存容器に入れます。

4.冷凍カキ

お庭の柿は、甘柿でも渋みが残っていたりしますよね(不完全甘柿といいます)。そんなときは皮を剥いてラップに包み、冷凍庫に入れておけば、2〜3日で渋が抜けて、柿のシャーベットのできあがり。冷凍庫から出して5分ほどすると、包丁でも切れるかたさになるので、あまり溶かしすぎず、シャリシャリとしたうちに食べるのがおすすめです。

5.キウイのサングリア・ビアンコ

キウイがお庭でたくさんできたときは、皮をむいて輪切りにし、白ワインに入れてみましょう。約半日で、安い白ワインでもフルーティでいい香りのサングリアに早変わりです。お好みでレモンやグレープフルーツと一緒に漬けるとよりおいしくなります。

6.ドライイチジク

1.イチジクを洗う

イチジクをよく洗い、キッチンペーパーなどで水気を拭きます。皮はむきません。

2.イチジクを切る

イチジク1個を4等分に切ります。このとき、なかにアリなどがいないかよく注意しましょう。

3.オーブンで焼く

オーブンシートを敷いた天板に重ならないように並べ、160度で1時間焼きます。そのまま食べても、パンやケーキに混ぜ込んでも。

 

それでも残ってしまったら……

それでも果物が残ってしまったら、潔く庭に残しておくのも手かもしれません。鳥たちの貴重な食料になります。冬にはヒヨドリやメジロのかわいらしい姿が見られるでしょう。

いかがでしょうか。

今まで実らせるままにしていたお庭の果物にも、無限の可能性があることがわかるかと思います。せっかく実った果物を無駄にせずに、自分なりに楽しんでみませんか。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「お庭で育てた果物をおいしく食べられる!かんたんレシピ6選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ