和食を彩る四季の植物。掻敷12選!

Happa

Happa

3331views
更新日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

gi_logo_grey

「掻敷」ってご存じですか。初めて聞いた方も多いのではないでしょうか。

写真を見ればわかりますよね。鏡餅の下に敷いてあるシダ植物、これが掻敷(かいしき)です。「つまもの」や「あしらい」とも呼ばれています。

掻敷とは、お料理を引き立てるための脇役として使われるもののこと。和紙などを使う場合を「白掻敷」、植物の葉や花や実を使う場合を「青掻敷」と言います。和食の世界では、なくてはならないものですよね。

今回は、掻敷によく使われている植物についてご紹介します。日本人の情緒が詰まった掻敷の魅力を、今一度再確認してみませんか。

▼鏡餅の掻敷に使われるのは、ウラジロという名前のシダです。鏡餅

 

春の掻敷3選

1.タケノコ

▼掻敷に使われるのは皮の部分です。
Bamboo shoot

 

2.ヒバ

Chamaecyparis obtusa Compacta

 

▼お寿司屋さんのネタケースに敷かれていることが多いですね。
Chamaecyparis obtusa 'Crippsii'

 

3.カエデ

▼新緑を感じさせる青紅葉。
先付け Appetizer

 

夏の掻敷3選

1.カシワの葉
Daimyo oak (Quercus dentata)

 

2.クマザサ

Sasa veitchii

 

▼オーソドックスな掻敷ですね。
Marlin and Mooli

 

3.若柿の葉

Diospyros kaki cvs.

 

続きを読む

Pages: 1 2 3

「和食を彩る四季の植物。掻敷12選!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

Happa
Happa

千葉大学の園芸学部を卒業。大学院まで公園・緑地や街路樹について学び、興味が尽きずに今でも首都圏の公園などに足を運んでいます。小さいころから植物が好きで、図鑑ばかり読んでいました。現在はLOVEGREEN編集部でアシスタントとして記事を書いています。