イタリア・ミラノへ。畑の中にあるオーガニックレストランを訪問!

Saeco

Saeco

2667views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

“Un Posto a Milano ウン・ポスト・ア・ミラノ”はミラノ観光の中心ドゥオモから地下鉄で約10分、ポルタ・ロマーナ駅から徒歩10分の住宅街の一角にあります。

ここは元々農場が広がる歴史ある地区“カッシーナ クッカーニャ”と言います。カッシーナは共同経営形態の農場、またその中にある農家の意味、そしてクッカーニャは楽園、ユートピアの意味です。1700年代にはカトリック教の薬草園が広がり、1900年前半は作家や職人の工房、食堂が集まる楽園的存在になりました。
25-01

その後ミラノ市所有地となりましたが、再活性化をはかるプロジェクトが立ち上がり、その一環として当時の建物を修復、2012年春にオープンしたオーガニックレストランが“ウン・ポスト・ア・ミラノ”です。その上階には宿泊施設もあります。

Un Posto a Milano ウン・ポスト・ア・ミラノ
http://www.unpostoamilano.it/index_eng.php

 

住宅街を歩いて行くと、そこだけ急に切り取られたような田舎の農家が真っ青な空と緑の芝生の中に佇んでいます。
25-02

 

レストランのオープン時間はランチ12時半~早く着いたら手前のバールやカウンターで飲みながら待つことも出来ます。ここでも軽食がとれます。
25-03

 

カウンターのフレッシュフルーツ、搾りたてジュースが飲めます!
25-04

 

レストランは室内とテラスが選べますが、テラスは平日でも予約で結構埋まっていました。
25-05

 

天井が高いので室内でも気持ちがいいですよ。アンティークさを生かした素朴な空間が落ち着きますね。
25-06

 

2015年にはガンベロロッソ(イタリアのレストランガイド)のトレガンベリ(Tre Gamberi 最高のトラットリアに与えられる称号)に選ばれました。ミラノでは2店目の快挙だそうです。

シェフによる伝統+αアイデア満載の料理はどこまでもオーガニック、地元、近隣契約農家の野菜を使い、オリーブオイルやワインもオーガニック、ベジタリアン料理も多く、健康にも環境にも、とことんこだわっています。

”味見のアンティパスト”という名で少しずつトライできる一皿です。
25-07

 

毎週火~金はHPにランチメニューがお知らせされます。軽めのコース、きちんと食べたいコース、アラカルトも豊富です。届く食材の内容でシェフが考案、メニュー名はなかなか難しく、私たちもほぼ全部説明してもらいました!

こちらは野菜尽くしの手打ちラビオリ、中身も茄子のペーストでした。
25-08

 

鮮やかな赤はトマト、酸味がほとんど無く甘い!少し厚めのパスタ生地にとても良く合います。
25-09

 

畑の中にも木陰の席があります。
25-10

 

芝生は「子供だけ入っていいよ~でも芝生のために砂利をまいたりしないでね」と書かれています。
25-11

 

図2

 

 

続きを読む

Pages: 1 2

「イタリア・ミラノへ。畑の中にあるオーガニックレストランを訪問!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

Saeco
Saeco

「和彩総合事務所」にてランドスケープデザイン&ガーデンの仕事をしています。仕事を通じて出会った風景やデザインの紹介をしていこうと思います。 イタリア在住時に知り合った友人たちの協力を得てイタリアンガーデンの情報発信もしています。http://verdetosca.exblog.jp/

オススメ特集