1月~2月のレジャーに最適!東京近郊のスイセンの名所8選

Happa

Happa

2201views
更新日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

gi_logo_grey

お正月が終わり、家事に仕事に忙しい日々が戻ってきましたね。

ちょっとストレスが溜まり始めたそこのあなた!スイセンを見て癒されませんか?関東のスイセンは1月~2月には見ごろを迎えます。少し寒いかもしれないけれど、晴天の下で見るたくさんの白や黄色の花たちは想像以上にステキです。

今回は、東京から日帰りで楽しめるスイセンの名所をご紹介します。Narcissus

 

東京近郊のスイセンの名所8選

1.葛西臨海公園

東京駅から京葉線でわずか13分の葛西臨海公園。広々とした広場に毎年たくさんのスイセンが咲き誇ります。その数なんと20万本。関東最大規模とも言われ、来場者を楽しませています。

毎年1月下旬~2月上旬に水仙まつりを開催。

住所江戸川区臨海町六丁目
アクセス

JR京葉線「葛西臨海公園」下車 徒歩1分

東京メトロ東西線「西葛西」(T16)・「葛西」(T17)から 都バス 葛西臨海公園行き 約20分

「お台場海浜公園」から東京水辺ライン(水上バス)約50分

車利用:首都高速湾岸線 葛西IC 下車すぐ

入園料無料
休園日など常時開園

narcissus

 

▼大観覧車や水族館があり、親子づれでも一日楽しめます。DSC00595-葛西臨海公園ㄉ摩天輪.jpg

 

2.京王百草園

東京のはずれの、趣のある日本庭園。それが京王百草園です。早春にはスイセンだけでなく、ロウバイやサザンカなど日本庭園らしい花々が楽しめます。また、天気がよければ東京を一望できる見晴台があるのも嬉しいところ。

住所〒191-0033 日野市百草560
アクセス

京王線百草園駅下車徒歩10分

聖蹟桜ヶ丘駅・高幡不動駅からタクシー10分

入園料

大人300 円

小人100 円

休園日・営業時間

休園日:水曜日

(祝日の場合は翌日、年末年始12月30日~ 1 月3 日)

営業時間:午前9:00 ~午後5:00
(11月・12月は午後4:30 まで)

 

▼いかにも日本庭園といった感じの、落ち着いた雰囲気のある庭園です。
Stairs

 

3.野比海岸水仙ロード

神奈川県の野比海岸水仙ロードには、1月末~2月初旬にかけて毎年3万本もの水仙が咲き乱れます。もとはゴミや雑草で荒れていた海岸に、ボランティアの方々が水仙を植えて生まれた名所だというから驚きですね!

北下浦ウォーク 第4回「水仙ロードウォーク」
開催日時2017年1月21日(土)
受付 9:30~10:30
※小雨決行・荒天中止
開催場所京急久里浜駅 改札前(集合場所)
横須賀市久里浜4-4-10
参加費無料
問い合わせ先

事前問合せ(北下浦行政センター):046-848-0411
当日問合せ(事務局):090-6657-3399
当日開催の有無は横須賀市コールセンター:046-822-2500  午前8時より

 

4.城ケ島公園

城ケ島公園は神奈川県屈指の水仙の名所です。毎年1月に水仙まつりが催され、約3万5千人の観光客が訪れてます。

県立城ヶ島公園水仙まつり
開催期間2017年1月7日(土)~2月12日(日)
アクセス京急三崎口駅より城ヶ島行きバス20分
「白秋碑前」下車徒歩約7分
問い合わせ先

城ヶ島観光協会  

TEL 046-881-6414(月曜除く)

水仙 narcissus

 

5.権現堂公園

埼玉県の権現堂公園では、ボランティアの方々が大切に育てた50万本もの水仙が咲き誇ります。今年で水仙まつりは8回目。東京から約1時間で行ける、比較的新しい名所です。

第8回 水仙まつり
開催期間

2017年1月7日(土)~2月5日(日)

入園料無料
アクセス東武日光線幸手駅→朝日バス「五霞町役場」行きバス乗車→「権現堂」下車

 

続きを読む

Pages: 1 2

「1月~2月のレジャーに最適!東京近郊のスイセンの名所8選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

Happa
Happa

千葉大学の園芸学部を卒業。大学院まで公園・緑地や街路樹について学び、興味が尽きずに今でも首都圏の公園などに足を運んでいます。小さいころから植物が好きで、図鑑ばかり読んでいました。現在はLOVEGREEN編集部でアシスタントとして記事を書いています。