町田薬師池公園 四季彩の杜 ダリア園のダリアが、夏の太陽に向って大きく花開きました。

藤本成人

藤本成人

288views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

町田薬師池公園 四季彩の杜 ダリア園は、小高い丘の斜面を、ダリアが埋め尽くします。

大輪の花が多く、鮮やかな色合いで、様々な花形のダリアです。日差しが肌を刺すほどに強くなると、毎年またあの丘にダリアを見に行こうと思います。

 

1.町田薬師池公園 四季彩の杜 ダリア園

最近は梅雨入りも何処へやら。この日も快晴。強烈な日差しでした。

いつものトイカメラを携えて、町田薬師池公園 四季彩の杜 ダリア園(町田ダリア園)に、撮影散歩に出かけました。

入口をくぐって始めは、黄色いポンポン咲きの「グレンバンクハニカム」。確かにこの形は、蜂の巣みたい。

 

お次ぎは、ボール咲きの「ファンタジー」。

ポンポン咲きとボール咲きの違いは大きさ。通常5cmまでをポンポン咲き、それ以上をボール咲きと呼びます。「ファンタジー」は美しいコントラストの花弁を持ち、大きなボール状に咲くので、迫力がありました。

 

本当に良い顔をしていました。正面からももう一枚。

 

2.ダリアらしい形 フォーマルデコラ咲き

強過ぎる日差しは、撮影後半に響いて来るので、まずは斜面の日陰になっている区画から歩いて行きました。

私はダリアの花形の中では、ボール咲きが好きですが、ダリアらしい花形と言えば、フォーマルデコラ咲きやスイレン咲きだと思います。

まさに満月の光が塊になったような「月光美」は、フォーマルデコラ咲き。

 

同じく黄色系で柄付き、迫力の超大輪「豊熟」。

 

3.ダリアらしい形・スイレン咲き

町田ダリア園は、入って正面に噴水があります。

噴水の周りをぐるぐる歩き回りながら撮影。

噴水の水飛沫が風に飛ばされ、程良い涼をくれました。

そうそう、水と言えば、ダリアにはスイレン咲きと呼ばれる品種があることをご存知ですか?しかもこのスイレン咲き、町田ダリア園に沢山咲いており、その花形はダリアらしい形だと、私は思うのです。

こちらはまだ名前が付いていない、スイレン咲きのダリア。

 

ロマンチックな色合いで、端正な花形。なかなかの美形でした。

 

砂のようなザラ付きを感じる、紅い模様が飛び散った「砂山」。

 

優しい色合いながら、堂々とした名前を持つ「ロイヤルウェディング」。

 

そして目に染みるような「茜空」。

 

4.乱れる花形のダリア

ダリア園を歩いていると、ダリアは端正な花形の品種が豊富だと感じますが、勿論異色の荒れ模様の花達も居ました。それらは、インフォーマルデコラ咲きと呼ばれています。

こちらは「福は内」。

 

「シンドバッド」は、色も形も荒れ狂うインフォーマルデコラ咲き。

 

暑い夏を更に熱くする暴れっぷりのダリアも、咲いていました。

 

5.ダリアはキク科

町田ダリア園を歩いていると、様々な品種のダリアに出会いました。ダリアは、本当に豊富な花形を持っています。ですが共通して感じるのは、やはりキク科らしさ。

こちらは「クリアビュースノーキャップ」。

 

そして「春酔」。

 

町田ダリア園は、本当に沢山のダリアが咲いていました。

閉園時間ぎりぎりまで粘って、この日の撮影散歩を終わりとしました。

いかがでしたか?

町田薬師池公園 四季彩の杜 ダリア園のダリアは、11月3日まで見ることができます。

皆様もぜひぜひ足をお運び下さい。

 

「町田薬師池公園 四季彩の杜 ダリア園のダリアが、夏の太陽に向って大きく花開きました。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

藤本成人
藤本成人

植物園やガーデンを訪れ、自らに課したコンセプト「未知花」に基づき、物語性の高い写真を撮影しています。そして更にその先へ繋がる表現として、何層にも重なる透明な樹脂の層に、様々な色の点を封じた点描による、植物画を制作しています。 https://www.facebook.com/michikapainter

オススメ特集