家庭菜園特集

野に咲く花「シロツメクサ」ルーペで小さくて美しい世界を覗いてみよう。

峰亜由美

峰亜由美

公開日 :

シロツメクサはクローバーの名でも良く知られ、野の花の代表の様な草花です。

クローバーの野原をみつけると、つい四葉を探したり集めて繋げてみたり、冠を作ってみたり、何だかワクワクと心が躍りませんか?

今回は、まん丸でかわいらしいシロツメクサの花をルーペで覗いてみました。小さくて美しい世界が広がっています。

目次

シロツメクサってどんな植物?ルーペで覗く小さな宇宙

ポンポン型の花は小さな花の集合体

一つ一つはこんな形のお花

葉のまわりのギザギザ

 シロツメクサってどんな植物?

■和名 シロツメクサ  ■学名 Trifolium repens  ■英名 クローバー  ■マメ科シャジクソウ目  ■多年草 宿根草    白詰草(シロツメクサ)の和名は1846年オランダからのガラスの詰め物として入って来た事から白い詰め物となった草という事で白詰草の名がつきました。  箱を開けたらシロツメクサがたくさん詰まっているなんて、素敵な景色ですね。  ヨーロッパ原産のこの植物はクローバーの名で親しまれ、3枚に分かれる葉の様子をキリスト教では、聖霊と父と子の三位一体の説明を布教する際に使われたと言われています。  アイルランドでは国の花として愛されているシロツメクサです。  開花は初夏5月~8月、草丈5㎝~15㎝程の植物です。  踏まれる事にも強く、しなやかな茎や葉をしています。  花言葉は「幸運」「私を想って」「約束」ふんわり優しい気持ちになる花言葉ですね。

■和名 シロツメクサ

■学名 Trifolium repens

■英名 クローバー

■マメ科シャジクソウ目

■多年草 宿根草

 

白詰草(シロツメクサ)の和名は1846年オランダからのガラスの詰め物として入って来た事から白い詰め物となった草という事で白詰草の名がつきました。

箱を開けたらシロツメクサがたくさん詰まっているなんて、素敵な景色ですね。

ヨーロッパ原産のこの植物はクローバーの名で親しまれ、3枚に分かれる葉の様子をキリスト教では、聖霊と父と子の三位一体の説明を布教する際に使われたと言われています。

アイルランドでは国の花として愛されているシロツメクサです。

開花は初夏5月~8月、草丈5㎝~15㎝程の植物です。

踏まれる事にも強く、しなやかな茎や葉をしています。

花言葉は「幸運」「私を想って」「約束」ふんわり優しい気持ちになる花言葉ですね。

目次に戻る≫

ポンポン型の花は小さな花の集合体

シロツメクサはまんまるのポンポンみたいな形をしていますが、ルーペで良く観察をすると小さな蘭のような花の集合体です。  小さなブーケみたいな花ですね。  純白の透明感ある花びらに淡いピンク色の脈が美しい花びらが魅力的です。

シロツメクサはまんまるのポンポンみたいな形をしていますが、ルーペで良く観察をすると小さな蘭のような花の集合体です。

小さなブーケみたいな花ですね。

純白の透明感ある花びらに淡いピンク色の脈が美しい花びらが魅力的です。

目次に戻る≫

一つ一つはこんな形

流れるようなシルエットが美しい形をしています。

流れるようなシルエットが美しい形。

 

花の中央はなんだか天使が天に向かって羽を広げているみたいな形をしています。  かわいいですね。  この真ん中にある花びらを開くと蜜がいっぱい詰まっていてミツバチ達はシロツメクサが大好きです。

花の中央はなんだか天使が天に向かって羽を広げているみたいな形をしています。

かわいいですね。

この真ん中にある花びらを開くと蜜がいっぱい詰まっていてミツバチ達はシロツメクサが大好きです。

 

ガクは透明な産毛が起毛しています。光に当たってキラキラする様子に心惹かれます。

ガクは透明な産毛が起毛しています。光に当たってキラキラする様子に心惹かれます。

目次に戻る≫

葉のまわりのギザギザ

葉は3枚に分かれた葉が一組になっています。  葉の周りには、ユニークな形をしたトゲトゲが飛び出ていて、肉眼でルーペを覗くとルビー色の褐色をしています。  ぜひ、観察してみて下さいね。

葉は3枚に分かれた葉が一組になっています。

葉の周りには、ユニークな形をしたトゲトゲが飛び出ていて、肉眼でルーペを覗くとルビー色の褐色をしています。

ぜひ、観察してみて下さいね。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

関連ワード

「野に咲く花「シロツメクサ」ルーペで小さくて美しい世界を覗いてみよう。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

おすすめ