気分もスッキリ!バラとハーブの「香り生け」をしてみよう!

清水ヨシミ

清水ヨシミ

このライターの記事一覧

公開日 :

いい香りで癒されたり気分が明るくなることがありますよね。

好きな花やハーブを飾って自然な香りを楽しむ方法をご紹介します。

目次

バラの香りについて

ハーブの種類と香りの魅力

準備するもの、下処理

おすすめの色や香りの組み合わせ5つ

 

バラの香りについて

バラの香りは、香水などにも好まれる古典的なダマスク香、紅茶を思わせるティー香、果物のようなフルーティ香、スッキリとしたスパイス香など大きく7種類に分けられます。

香りには幸福感やリラックスできるなど言われています。

目次に戻る≫

ハーブの種類と香りの魅力

ラベンダー

寝室などにおすすめしたいハーブ。爽やかなフローラルの香りで、リラックスできる香りとして人気ですね。

 

ミント

メントールの清涼感のある香りで、気分をリフレッシュしたり眠気覚ましに。

仕事場のデスクにいかがでしょうか。

 

ローズゼラニウム

その名の通りバラとグリーンが混ざったような香り。

気持ちのバランスを整えてくれたり、バラと同じような香りの雰囲気を感じることができます。

 

ユーカリ

ミントより苦みを感じるシャープな香りで、気分もスッキリします。

 

ローズマリー

料理にも使われ、爽やかなスパイシーさの中に少し甘さも感じる香り。

気分転換などにもおすすめで、リビングやダイニングにピッタリです。

目次に戻る≫

準備するもの、下処理

準備するもの

・切花用ハサミ※あればナイフ

・花瓶、コップなど…バラの長さの半分以上あるものがおすすめ

切花栄養剤もあったら効果的です!

 

植物の下処理

生ける草花の長さの半分より下の葉は取り除くと、先端までしっかり水が揚がりやすくなります。

花瓶の水を清潔に保つため、生けたときに水についてしまう葉も取り除きましょう。

 

バラはハサミやナイフで斜めにカットして、花瓶にできるだけたっぷりの水を入れ生けると水を吸い上げやすく長持ちします。

目次に戻る≫

おすすめの組み合わせ5つ

バラとハーブは組み合わせで、香りや色の楽しみ方が様々!おすすめの組み合わせをご紹介します。

1.ピンクのバラ+ラベンダーで癒される

roseandharb

かわいらしい色合いとリラックスする香りの組み合わせです。

 

2.白いバラ+ミントでスッキリさわやかに

白とグリーンのさわやかな色合いにミントの清涼感のある香りをプラス。

他のハーブを追加するのもおすすめです。

 

3.ビタミンカラーのバラ+ローズマリーで気分も明るく

yellowrose

ローズマリーの濃いグリーンはビビッドな黄色やオレンジのバラをさらに引き立てます。

 

4.パープルのバラ+ユーカリでシックに。男性にも◎

大人っぽい仕上がりに。ユーカリの動きを生かして飾りましょう。

 

5.大輪のバラ+ローズゼラニウムで華やかに

ボリュームの出しやすいローズゼラニウムの葉を活かします。色や形にコントラストをつけると華やかさアップ!

目次に戻る≫

香りや色に注目してみると、選んだり飾ったりする楽しみも倍増です。

他にも道端で見かけた草花にも注目してみると新しい発見があるかもしれませんね!

 

▼関連記事

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「気分もスッキリ!バラとハーブの「香り生け」をしてみよう!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

清水ヨシミ
清水ヨシミ

農家の祖父母、ガーデニングや家庭菜園が趣味の両親の植物一家に育ち、幼い頃から植物に親しむ。学生時代、卒業してすぐは音楽やファッションなどの芸能業界の職に就きましたが、海外での一人暮らしを機に花の仕事を始めました。青山フラワーマーケットや個人の花屋で製作やワークショップの経験を積み、世界に向けて情報を発信したいとの思いからストロボライトに入社。個人では生け花を習い4年目になり、自宅には季節の花や観葉植物を飾ったり、ハーブなどを育てて食べる事も趣味になっています!

このライターの記事一覧

おすすめ