新生活グリーン特集

「シロツメクサ」と「アカツメクサ」の違いって?

大宮栞

大宮栞

公開日 :

gi_logo_grey

見つけたら四つ葉を探したくなる、クローバー

クローバーの別名はシロツメクサと言います。シロツメクサの花をつないで花冠を作ったことがあるという方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

そんなクローバーといえば、普通は「シロツメクサ」のことを指しますが、花が似ている「アカツメクサ」という植物もあります。シロツメクサの赤バージョンのような名前ですが、赤い花を咲かせるクローバーが全てアカツメクサというわけではありません。

シロツメクサとアカツメクサの簡単な見分け方をご紹介します。

 

シロツメクサとアカツメクサ

シロツメクサとアカツメクサは、どちらもマメ科トリフォリウム属の植物です。花の大きい方がアカツメクサ、小さい方がシロツメクサですが、花だけ見て見分けることは至難の業。

では、どこで見分けるのでしょうか。みなさんはこの花がどちらだかわかりますか?

見分けるポイントは、「葉のつき方」です。

 

「シロツメクサ」は、花の下に長い茎があって地面の近くに葉があります。

「アカツメクサ」は、花のすぐ下に葉っぱがあり、そこから茎が伸びています。

なので、こちらの正解は「シロツメクサ」。花冠を作れるのは、茎が長い「シロツメクサ」です。

赤い花のシロツメクサや白い花のアカツメクサもあるので紛らわしいですが、どっちかな~と思いながら観察すると楽しいですね!

▼関連ワード

「「シロツメクサ」と「アカツメクサ」の違いって?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

大宮栞
大宮栞

植物が大好きな母に育てられ、東京農業大学農学部に進学。大学では植物介在療法学研究室に所属。現在はLOVEGREEN編集部のディレクターとしてガーデニングや花関連の記事を担当。

デイリーアクセスランキング

おすすめ