家庭菜園特集

初夏が旬!レースフラワーの切花を楽しもう。

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

 

 

●繊細な花が魅力!レースフラワー

茎から放射状に広がった先端に、繊細な白花をつけるレースフラワー。

花屋さんでは年中出回っていますが、初夏~夏が本来の旬です。

カスミソウのように「添えもの」として使われることが多いですが

よく見ると、とっても可憐な花なのです。
0

 

旬の時期なら、珍しい品種も出回ります。

いつもは脇役になりがちなレースフラワーを、詳しくご紹介します!

 

 

●レースフラワーってどんな花?

レースフラワー(学名 Ammi majus)

地中海沿岸・西アジア原産。セリ科ドクゼリモドキ属の花で、花の旬は初夏。
1

切花では「ホワイトレースフラワー」と呼ばれ、広く流通しています。

似た花で「ブルーレースフラワー」という花も出回っていますが、こちらはセリ科トラキメネ属の別もの。
2

3

 

英名では「Queen anne’s Lace(アン女王のレース)」という可憐な名前がついています。

これはレースづくりが優れていた英国のアン女王にちなんだものなのだとか。

 

 

●飾り方のコツと注意

白い小花なので、もちろんどんな花とも相性良し。

茎は固くて傷みにくいので、花持ちも良いです。

思い切って、レースフラワーだけで飾っても素敵ですよ。

時期が終わると花がパラパラと散るので

病院へのお見舞いや、汚したくない場所では注意が必要です。

 

●続々!最新品種もチェック

年中出回る白いレースフラワー意外に、変わった品種も続々誕生しています。

こちらはグリーンカラーの品種、“グリーン・ミスト”。

野性味あふれる雰囲気です。

小花と合わせてナチュラルな花束にぴったり。
TOP

 

こちらは珍しいワインレッド系の品種。

最近はこんなものも、切り花で出回るようになりました。

赤いバラや、渋い色の花と合わせても素敵。
4

 

 

●押し花にもおすすめ!

レースフラワーのように、水分が少ない小花は押し花にしても楽しめます。

先端を少し切り取って、本の間に挟んでおくだけ。
5

 

小さな押し花は、カードや手紙にちょこっと貼ったり、栞にしたり。

レジンでかためてアクセサリーにしても素敵。

いろいろなクラフトのアイデアが湧いてきますね!
6

 

いかがだったでしょうか。

名前の通り、繊細なレースのような「レースフラワー」。

今度見つけたら、ぜひ注目してみてくださいね。
7

 

子どもの頃、野原に咲いた草花を摘んで本にはさみ「押し花」を作ったことはありませんか?小さな押し花をちょっとカードに貼ったり、手紙に添えたりできると素敵ですよね。摘んできた草花はもちろん、お花屋さんで買える小花にも、押し花におすすめのお花があります。今回は初夏のお花屋さんで買える花から、小さな押し花をつくってみました。

 

押し花の作りかたと花選びのコツ

材料を用意したら、厚めの本にはさんで重しを乗せておきます。水分の少ないものなら、1~2週間で完成。汚したくない本の場合、ティッシュペーパーで植物をはさんでから本にはさむと良いですよ。
PRESSED FLOWERS

押し花に向いているのは、水分の少ないもの、薄いもの。難しく考えないで、いろいろ試してみましょう。

 

1.ビバーナム・スノーボール

初夏に枝ものとして出回る「ビバーナム・スノーボール」。

ミニチュアの紫陽花のような花が可愛らしい、人気者です。
Snowball

 

時間がたつと、花がぽろぽろ落ちてしまうことがあります。落ちた花は捨てずに、押し花にしてみましょう!花が平らなので、はさむのも簡単。
3

 

2.スカビオサ

小さな花がたくさん集まって咲く「スカビオサ」。

ミニブーケや花束に入っていたら、ちょっと花を小分けにして、押し花にしてみましょう。
4

 

ひとつひとつが小さな花なので、花びらをつまんで引き抜きます。
5

 

スカビオサはいろいろな色があるので、選ぶのも楽しいですね。濃い色もきれいに色が残ります。
Scabiosa on the table 1

 

3.ブプレウルム

ふわふわとした明るい色のグリーンが魅力の「ブプレウルム」。

こちらも花束やミニブーケによく入っていますよね?
7

 

よく見ると、星形のかたちがとてもキュート。中心に向かって明るいグリーンから黄色のグラデーションもきれいです。
8

 

 

完成した押し花たち!

本にはさんで数週間。忘れたころに開いてみると、押し花が完成しています!本を開く瞬間もワクワクです。

 

ビバーナム・スノーボール。
ビバーナム・スノーボール

 

ちょっと色が変わったところもありますが、それもいい味。
10

 

スカビオサ。渋い紫色になりました。
11

 

 

ブプレウルム。星形のかたちがくっきり!
12

作った押し花はビーズ用のケースや透明の封筒などに保管しておきましょう。

 

 

続きを読む

Pages: 1 2

関連ワード

「初夏が旬!レースフラワーの切花を楽しもう。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ