プリザーブドフラワーを贈ろう! 長く楽しめる魔法のお花

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

お祝いやギフトでお花を贈りたいけど、どんなものがいいのだろうと悩む方も多いのではないでしょうか。鉢物だと渡しても植物を育てられる環境があるか、わからな…。生花だと、水替えなどができないかもしれない…。そんなとき、おすすめなのが「プリザーブドフラワー」です。

目次

プリザーブドフラワーって?

プリザーブドフラワーの良いところとは?

プリザーブドフラワーのお花の種類は?

プリザーブドフラワーの管理方法

 

プリザーブドフラワーって?

プリザーブドフラワーとは、生花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜いたお花のこと。造花とは違い、本物のお花を薬につけたものなのでみずみずしさがあります。

プリザーブドフラワーとは、生花や葉を特殊液の中に沈めて、水分を抜いたお花のこと。造花とは違い、本物のお花を薬につけたものなのでみずみずしさがあります。

プリザーブドフラワーの商品には、ボックスやガラスの容器にアレンジしたものやフォトフレームとプリザーブドフラワーの組み合わせのもの、小鳥や動物のフィギュアと一緒にアレンジされたものなど様々。生花店などで透明のケースに入って販売されています。

プリザーブドフラワーの商品には、ボックスやガラスの容器にアレンジしたものやフォトフレームとプリザーブドフラワーの組み合わせのもの、小鳥や動物のフィギュアと一緒にアレンジされたものなど様々。生花店などで透明のケースに入って販売されています。

 

プリザーブドフラワーの良いところとは?

プリザーブドフラワーの良いところはたくさんあります。  ・思い出のお花を美しいまま飾ることができる。 ・保存環境が良ければ長期間色や形を維持できる。 ・花粉アレルギーの心配が無い。 ・お花の水やりなどの管理が要らない。  このように植物の好き嫌いにかかわらず、プレゼントをもらう側に立った贈りものとしても優れたプレゼントのひとつだと思います。

プリザーブドフラワーの良いところはたくさんあります。

・思い出のお花を美しいまま飾ることができる。
・保存環境が良ければ長期間色や形を維持できる。
・花粉アレルギーの心配が無い。
・お花の水やりなどの管理が要らない。

このように植物の好き嫌いにかかわらず、プレゼントをもらう側に立った贈りものとしても優れたプレゼントのひとつだと思います。

 

プリザーブドフラワーのお花は、どのくらい日持ちするの?

プリザーブドフラワーは置き場所や管理がしっかりとしていれば1年から2年はそのままの状態が楽しめる魔法のお花。プリザーブドフラワーのお花は枯れていくというよりは色が褪せたり劣化していきますが、生花よりも長く楽しむことができます。  特に、ウェディングブーケや母の日のお子様からのお花のプレゼントなど、半永久的に残しておきたいお花なら尚のことプリザーブドフラワーの良さが実感できるというものです。また、プリザーブドフラワーを使って自分で手作りのフラワーアレンジもできます!

プリザーブドフラワーは置き場所や管理がしっかりとしていれば1年から2年はそのままの状態が楽しめる魔法のお花。プリザーブドフラワーのお花は枯れていくというよりは色が褪せたり劣化していきますが、生花よりも長く楽しむことができます。

特に、ウェディングブーケや母の日のお子様からのお花のプレゼントなど、半永久的に残しておきたいお花なら尚のことプリザーブドフラワーの良さが実感できるというものです。また、プリザーブドフラワーを使って自分で手作りのフラワーアレンジもできます!

 

目次に戻る≫

プリザーブドフラワーのお花の種類は?

プリザーブドフラワーのお花でもっとも流通している種類はバラです。そのほかにもアジサイやマム、カスミソウ、最近では変わった品種のプリザーブドフラワーも見かけるようになりました。

プリザーブドフラワーのお花でもっとも流通している種類はバラです。そのほかにもアジサイやマム、カスミソウ、最近では変わった品種のプリザーブドフラワーも見かけるようになりました。

 

プリザーブドフラワーの管理方法

水やりも日光も必要ない魔法のお花プリザーブドフラワー。よりお花を長く楽しむためには置き場所に注意しましょう。  湿気の多い場所は避ける プリザーブドフラワーは湿気の多い場所に置くと劣化が早まります。湿度のないところで管理しましょう。  高温や直射日光に気をつける 高温や直射日光の当たる場所にプリザーブドフラワーは置かないようにしましょう。色味が落ちたりするなど劣化が早くなります。  ホコリがかからないようにする プリザーブドフラワーの商品でケースに入っているものもあれば、そのままのものも。プリザーブドフラワーにホコリが着くと取りにくいので、ケースに入れて飾るのをおすすめします。

水やりも日光も必要ない魔法のお花プリザーブドフラワー。よりお花を長く楽しむためには置き場所に注意しましょう。

湿気の多い場所は避ける

プリザーブドフラワーは湿気の多い場所に置くと劣化が早まります。湿度のないところで管理しましょう。

高温や直射日光に気をつける

高温や直射日光の当たる場所にプリザーブドフラワーは置かないようにしましょう。色味が落ちたりするなど劣化が早くなります。

ホコリがかからないようにする

プリザーブドフラワーの商品でケースに入っているものもあれば、そのままのものも。プリザーブドフラワーにホコリが着くと取りにくいので、ケースに入れて飾るのをおすすめします。

 

お水がまったく要らない魔法のお花プリザーブドフラワー。

植物のお世話が大変な方や記念にお花を贈りたい方などぜひプリザーブドフラワーを贈ってみみてはいかがでしょうか。

目次に戻る≫

▼フラワーギフトやお祝いの関連記事を合わせて読む

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS 10%OFFキャンペーン実施中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「プリザーブドフラワーを贈ろう! 長く楽しめる魔法のお花」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ