【季節の生花】野菜も花材としてアレンジ!「ケール」のブーケ。

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

花を生ける仕事をしていてありがたいなと思うのは、以前に比べて葉っぱの種類が格段に増えたことです。

以前は、豊富に出回る時期と、葉っぱの種類が少ない時期との差がものすごくあって、仕入れの際に花より葉っぱを集めるのに一苦労する季節があったのです。

そして最近は、野菜まで葉ものとして入荷しています。

今回ご紹介するのは、ケール。

 

ケール

ケールといえば、青汁の材料というのが一般的に知られていますが、花市場にも葉もの素材として入荷してきています。

ケールと言っても品種はたくさんあり、葉の面積が広いものや細葉のものなど色々なフォルム、グリーン、シルバーグリーン、今回のような紫系など様々な色・・・と多種多様です。

花市場に花材として入荷してくるケールは、葉っぱの部分のみで入荷してくる時もありますが、今回のような主軸の茎付きで入荷してくる場合もあります。

茎付きのものは、かなりのボリュームです。

フォルムが面白いので、アレンジやブーケに使うと花を引き立ててくれる素敵な花材になります。

▼シックな深い紫色。茎の色も素敵です。

    

 

ケールは、アブラナ科の植物です。

花市場に入荷してきた時点では、紫色の下葉のみだけでしたが、生けておいたら茎が伸びて、グリーン色の葉っぱが出て、つぼみまでついてしまいました。すごい生命力です。

 

今回は、このボリューム感を生かしてブーケに使ってみました。

▼クリスマスローズ、アネモネ、ハナニラ、ルピナス、ゼンマイ、ケールのブーケ

 

茎付きのケールのお手入れ

とても強いので、特に手入れについて神経を使うことはありませんが、水につかる部分の葉は必ず取り去ってから生けましょう。

葉っぱは、下の部分からダメになっていきます。その都度ダメになった葉を取り去れば、とても日持ちします。

季節によっては、今回のように花がつくこともあります。

 

いかがでしたか?

最近は、花だけでなく、葉っぱもおもしろい花材が豊富です。

花屋さんに立ち寄った時に、葉っぱにも是非注目してみてください!

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「【季節の生花】野菜も花材としてアレンジ!「ケール」のブーケ。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【再再再入荷】フレッシュフィール トマト【大人気】

販売価格:880円(税込)

【父の日おすすめ】板付けビカクシダ(コウモリラン)★数量限定★

販売価格:3,300円(税込)

【父の日おすすめ】苔テラリウム牧場の風景 牛(ポップジャー) Feel The Garden

販売価格:3,901円(税込)

SPECIAL

おすすめ