グリーンカーテンにもなる!ミニトマトの初収穫~garden note

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

ここ数年の夏場の花壇は「花と野菜の混植花壇」。

春の1年草を抜いたあとに、夏の草花を植えつつ、料理に使えそうな野菜やハーブをあれこれと植えています。 そんな流れの中で、一番楽しみなのが「ミニトマト」。

育てるまでは、嫌いではないけれど、さほど好きな野菜というわけでもなかったのですが、うちでも収穫できる!という経験をしてからは、がぜん好きになった野菜です。

6月後半の花壇のミニトマトの様子をご紹介します。

 

6月後半のミニトマト

5月に植え付けたミニトマトが少しずつ色づき始め、初めていくつかの実を収穫できました。うちでは、ミニトマトはトレリスとフェンスに数株ずつ這わせるように数株を植えています。

グリーンカーテンとしても!?

ミニトマトを植えたきっかけは、グリーンカーテンとして植えてみたのが始まりです。

ブロック塀沿いのトレリスなので、環境がいいとは言えず、実はなったらラッキーくらいで植えてみたら、畑のようにはいきませんが、そこそこ実がなったので、それから毎夏植えるようになりました。

5月、6月はブロック塀より苗の丈が低いので、日が半日くらいしか当たらないのですが、夏以降は茎が塀の高さを超え、葉に日が当たるようになるので、初夏を持ちこたえれば問題なく元気に育ちます。

ミニトマトはツル性ではないですが、トレリスに添わせると緑もきれいですし、小さな実もかわいいので、ベランダでグリーンカーテン風に育ててみるのもおすすめです。

 

6月半ば。少しずつ色づき始めました。

 

色づき始めると収穫が待ち遠しくなります。

 

収穫!6粒・・・。

 

夏の深い緑の中だと、ミニトマトのような発色のよい色が素敵に見えます。 今年は、どれだけ実がなるのか?ならないのか? また記事でご紹介したいと思います。

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「グリーンカーテンにもなる!ミニトマトの初収穫~garden note」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ