ベランダやお庭を快適に! 目隠しフェンスを活用してみませんか?

森野陽子

森野陽子

公開日 :

リビングの窓を開けたら目の前が道路だったり、お隣の家の窓だったりしてくつろげないことがありませんか。また、庭にいても周りの目が気になったり、外構に使われている古いブロック塀が庭の雰囲気と合わないといったことなども…。周囲を気にせず、生活をより快適に過ごすために、お庭にエクステリアの目隠しフェンスを活用してみましょう。

目次

目隠しフェンスとは

目隠しフェンスの種類

つる植物を這わせて緑の壁を作ってみよう

マンションなどのベランダにも使われる目隠しフェンス

 

目隠しフェンスとは

住まいの中で、パブリックな場所から人の目を遮るために立てるついたてのことです。境界を示すための塀としても使われます。高さは、人の目を遮る効果から150~180センチほどのものが多く、素材もアルミ、金属、竹、木材などさまざまです。光や風を遮らないようにルーバー構造になっていたり、メッシュなものが多いのが特徴です。外からの目隠しだけでなく、古くなったブロック塀などを隠して庭の雰囲気をよくしたいというような、修景要素も持ち合わせています。また、庭の一角にフェンスを置いて空間を区切れば、同じ庭にいながらも異なった雰囲気を作り出すことも可能です。

住まいの中で、パブリックな場所から人の目を遮るために立てるついたてのことです。

境界を示すための塀としても使われます。高さは、人の目を遮る効果から150~180センチほどのものが多く、素材もアルミ、金属、竹、木材などさまざまです。光や風を遮らないようにルーバー構造になっていたり、メッシュなものが多いのが特徴。外からの目隠しだけでなく、古くなったブロック塀などを隠して庭の雰囲気をよくしたいというような、修景要素も持ち合わせています。また、庭の一角にフェンスを置いて空間を区切れば、同じ庭にいながらも異なった雰囲気を作り出すことも可能です。

▼お庭の目隠しになる樹木の記事はこちら

目次に戻る≫

目隠しフェンスの種類

ガーデニングで使われる格子状のついたてでよく使われるものに、ラティスとトレリスがあります。違いはあまり明確にはされていませんが、トレリスは植物の生長をサポートするガーデニング用品として簡易的に設置できるもので、ラティスはもう少し大きなウッドデッキと一体になったもののようなイメージがあります。素材は、アルミや樹脂、木材や竹などさまざま。いずれも和風にも洋風にも合うものがあるので、住まいの雰囲気や好みに合わせて選択できます。

ラティスとトレリス

ガーデニングで使われる格子状のついたてでよく使われるものに、ラティスとトレリスがあります。違いはあまり明確にはされていませんが、トレリスは植物の生長をサポートするガーデニング用品として簡易的に設置できるもので、ラティスはもう少し大きなウッドデッキと一体になったもののようなイメージがあります。素材は、アルミや樹脂、木材や竹などさまざま。いずれも和風にも洋風にも合うものがあるので、住まいの雰囲気や好みに合わせて選択できます。

アルミ形材

耐久性が高く軽量で、比較的安価なことからよく使われます。シンプルな色なので、ほかの素材との相性もよく一番使い勝手のよい素材です。

樹脂素材

耐久性が高く木材の風合いがあるため、洋風やカントリー風の住まいに似合う素材。色合いも豊富で植物との相性もよく、ガーデニングをする人にはおすすめの素材。

木材…天然の木材を使う場合は、ハードウッドと呼ばれる耐久性の高い木材を使用します。風雨にさらされると劣化するのでメンテナンスが必要です。自然素材なので、植物との相性は抜群です。

木材

天然の木材を使う場合は、ハードウッドと呼ばれる耐久性の高い木材を使用します。風雨にさらされると劣化するのでメンテナンスが必要です。自然素材なので、植物との相性は抜群です。

竹材

日本の伝統的な素材。耐久性は低いので定期的なメンテナンスが必要。樹脂製のものもあります。

ポリカーボネート

半透明で光を通すため、明るい雰囲気で目隠しをすることができます。

圧迫感をもたせないようにする

目隠しフェンスを設置する際、圧迫感が出てしまったり、室内が暗くなったりしないようにします。また、いかにも隠しているといったものを使うと、周囲との調和がとれなくなってしまうので気を付けましょう。そのためにはフェンス自体の色をなるべく明るいものにする、目の高さから上は格子の隙間を大きくする、光を通すポリカーボネートにするといった工夫でこのような問題を解消することができます。

目次に戻る≫

つる植物を這わせて緑の壁を作ってみよう

ラティスやトレリスなど格子につる性の植物を這わすと、緑の壁をつくることができます。花が咲いたり実がついたりする植物を這わせるとやさしい雰囲気になり、見た目にも楽しませてくれますよ。また、エスパリアウォールという植物を絡ませることのできるフェンスもあり、おしゃれに緑の壁を作ることができます。

ラティスやトレリスなど格子につる性の植物を這わすと、緑の壁をつくることができます。花が咲いたり実がついたりする植物を這わせるとやさしい雰囲気になり、見た目にも楽しませてくれますよ。また、エスパリアウォールという植物を絡ませることのできるフェンスもあり、おしゃれに緑の壁を作ることができます。

つる植物の種類…オカメヅタ、カロライナジャスミン、クレマチス、朝顔など

つる植物の野菜…ゴーヤ、キュウリ、ナスなど

▼つる植物の関連記事はこちら

目次に戻る≫

マンションなどのベランダにも使われる目隠しフェンス

マンションなど集合住宅のベランダで、周囲から見られたくない場所にトレリスや木材で作られたついたてを設置するときは、住居ごとの規定に従って設置するようにしましょう。また、修繕工事が10~15年に一度行われますので、そのときには一度片づけなければならないことも念頭において計画します。ハンギングバスケットをかければ園芸を楽しむこともできます。土を使わないフェイクグリーンを使ったグリーンフェンスは、虫が湧いたり枯れることがないので手入れも楽です。  目隠しフェンスやつる性植物を上手く活用してお庭やベランダガーデニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

マンションなど集合住宅のベランダで、周囲から見られたくない場所にトレリスや木材で作られたついたてを設置するときは、住居ごとの規定に従って設置するようにしましょう。また、修繕工事が10~15年に一度行われますので、そのときには一度片づけなければならないことも念頭において計画します。ハンギングバスケットをかければ園芸を楽しむこともできます。土を使わないフェイクグリーンを使ったグリーンフェンスは、虫が湧いたり枯れることがないので手入れも楽です。

目隠しフェンスやつる性植物を上手く活用してお庭やベランダガーデニングを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

目次に戻る≫

▼庭・ガーデニングに関する記事はこちら

 

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「ベランダやお庭を快適に! 目隠しフェンスを活用してみませんか?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
森野陽子
森野陽子

横浜市出身。動物と植物がいつも身近にいる家庭で育ち、自然と動植物好きに。環境保護について学ぼうと、東京農業大学造園学科に進学。日本庭園にはまるかたわら、里山の景観保護や動物園の生態展示について研究していました。大学卒業後は住宅雑誌の編集、フリーペーパーのライターなどを経験。花も好きですが、樹木も好きで、とくにマメ科の樹木が好きです。週末は家族で山登り、城廻り、海辺でキャンプ。子供が自然の中にいると、急に生き生きしだす様子が面白いなあと感じています。気軽に緑が楽しめる情報を発信できたらと思っています。

おすすめ