秋が旬!イチジク(無花果)の育て方と食べ方

峰亜由美

峰亜由美

このライターの記事一覧

公開日 :

イチジク(無花果)は栄養価も高く不老長寿の食べ物としても古来から愛されてきました。季節の果実としても人気が高く色々なアレンジを加えて楽しむ事が出来ます。栽培の歴史を遡ると紀元前2700年から世界最古の栽培植物として人々に親しまれ、花の咲き方、果実の実り方、昆虫や動物たちとの関係もユニークで知れば知るほど興味が尽きない植物です。今回は育て方から食べ方まで、色々な視点から見たイチジク(無花果)の事をご紹介します。

目次

イチジク(無花果)とは

イチジク(無花果)はクワ科イチジク属の落葉小高木で野生のイチジク(無花果)は野生のイチジク(無花果)は西アジアが原産と言われ、有史以前にはすでに地中海の島々に広がっていました。  栽培果樹としての歴史が古いイチジクは品種も多く、クワ科イチジク属は約800種あるといわれています。  大きく品種の系統を分けると「スミルナ系」「カプリ系」「サンベロド系」「ミッション系(普通系)」の4つの品種に分かれ、日本へは中国を渡って江戸時代の初期に薬用植物として渡って来ました。  その時に渡って来た品種は「ミッション系(普通系)」の蓬莱柿が渡って来て広島で桝井ドーフィンという品種が果実樹として品種改良され発展していきました。  イチジク(無花果)は世界最古の栽培果樹 一番古い栽培の記録はアラビア半島の南部の地域で紀元前2700年、六千年以上も以前から栽培されていたと言われる世界最古の栽培果樹です。野生のイチジク(無花果)は有史以前には西アジアから地中海の島々に広がり、古代エジプトでは6000年前に栽培を始めていました。紀元前1900年のエジプトの葉かの壁画にはイチジクの収穫風景なども描かれ、その後、栽培の地域が広がりクレタ島に移り、紀元前800年にはギリシャで栽培が始まりました。ギリシャではイチジク(無花果)の繁殖の仕方が観察されイチジク(無花果)の栽培も盛んになり始めました、その当時は砂糖がまだ珍しい時代で干したイチジクを甘みの味付けとして使用されていました。16世紀になるとスペインの探検家がイチジクをハイチやメキシコにも持ち込み、18世紀末にはカリフォルニア州やオーストラリアでも栽培され始めています。  聖書に最も多く登場する果実 何千年もの間、人々に食されてきた栄養価の高いイチジク(無花果)は聖書に最も多く登場する果実です。エデンの園にあった果実とも言われ、アダムとイブが蛇にそそのかされて知恵の実と呼ばれるイチジク(無花果)の実を食べると裸でいる事が恥ずかしくなり、イチジク(無花果)の大き葉で体を隠したという物語が残されています。

イチジク(無花果)はクワ科イチジク属の落葉小高木です。野生のイチジク(無花果)は西アジアが原産と言われ、有史以前にはすでに地中海の島々にも広がっていました。

栽培果樹としての歴史が古いイチジク(無花果)は品種も多く、クワ科イチジク属は約800種あるといわれています。

大きく品種の系統を分けると「スミルナ系」「カプリ系」「サンベロド系」「ミッション系(普通系)」の4つの品種に分かれ、日本へは中国を渡って江戸時代の初期に薬用植物として渡って来ました。

その時に渡って来た品種は「ミッション系(普通系)」の蓬莱柿が渡って来て広島で桝井ドーフィンという品種が果実樹として品種改良され発展していきました。

イチジク(無花果)は世界最古の栽培果樹

イチジク(無花果)の一番古い栽培の記録は、アラビア半島の南部の地域で紀元前2700年、六千年以上も以前から栽培されていたと言われているのが世界最古の記録です。野生のイチジク(無花果)は有史以前には西アジアから地中海の島々に広がり、古代エジプトでは6000年前から栽培を始めていました。紀元前1900年のエジプトの墓の壁画にはイチジクの収穫風景なども描かれ、その後、栽培の地域が広がりクレタ島に移り、紀元前800年にはギリシャで栽培が始まります。ギリシャではイチジク(無花果)の繁殖の仕方が観察され、イチジク(無花果)の栽培も盛んになり始めました。その当時は砂糖がまだ珍しい時代だった為、干したイチジクを甘みの味付けとして使用されていたようです。16世紀になるとスペインの探検家がイチジクをハイチやメキシコにも持ち込み、18世紀末にはカリフォルニア州やオーストラリアでも栽培され始めています。日本へはペルシャから中国を渡り、江戸時代の1600年代の半ばに渡って来ました。日本へ渡ってきてからも品種改良が盛んになり、たくさんの品種が生まれてます。

聖書に最も多く登場するイチジク(無花果)

何千年もの間、人々に食されてきた栄養価の高いイチジク(無花果)は聖書に最も多く登場する果実です。エデンの園にあった果実とも言われ、アダムとイブが蛇にそそのかされて知恵の実と呼ばれるイチジク(無花果)の実を食べると裸でいる事が恥ずかしくなり、イチジク(無花果)の大きな葉で体を隠したという物語が残されています。

目次に戻る≫

イチジク(無花果)の花ってどんな花?

イチジクは漢字で書くと「無花果」呼んで字のごとく、花が無い果実と言う意味で、花が咲かないのに果実がなるように見える事から名づけられた名前です。実はこの卵型の果実に見える肉厚な花托の内側に無数の花を密かに咲かせます。繁殖器である花を外から見えないように咲かせるのも神秘的ですね。クリーム色をした花托の中の中央で薄紅色や赤紫の小花が波打つように密集して花を咲かせます。  イチジク(無花果)の果実って? イチジク(無花果)は卵型をした隠頭花序と呼ばれる果実に見える緑色や紫色がかった外皮の内側で花が咲き、その内側で受粉した後にちいさな種の様な粒がイチジクの果実です。  イチジク(無花果)の花が果実になるには? イチジク(無花果)の樹は雌株と両性株があります。野生種の雌株は雌花をさかせます。両性株は果実の中に雄花と虫えい花というイチジクコバチが産卵しやすいような形をした仮の雌花を咲かせ、イチジクコバチは果実の先端に開いた小孔という小さな穴から中へ潜り込み、虫えい花の胚珠に卵を産みます。果実の中で孵化したイチジクコバチの幼虫は胚珠を餌にして育ち、さなぎになり大人のハチになると雄のハチは果実の中で交尾をします。交尾をしたあと雄のハチは小孔から外へ飛び立ち、まだ熟していないイチジク(無花果)の実へ移り同じサイクルを繰り返します。交尾の後に雌は生涯果実の中で過ごし死んでしまいます。雄は果実の出口周辺に咲く雌花の花粉を運び受粉のみを果たします。  因みに日本の栽培品種は雌株のみで、単体のみで結実する為、受粉の必要がなくイチジクコバチが産卵る事がありません。  イチジク(無花果)の繁殖 イチジク(無花果)の繁殖は熟すと動物に食べられ、その動物が排泄したタネが育つ事でイチジク(無花果)は繁殖して行きます。  植物と昆虫、動物の関係は奥深くて面白いですね。

イチジクは漢字で書くと「無花果」。呼んで字のごとく、花が無い果実と言う意味で、花が咲かないのに果実がなるように見える事から名づけられた名前です。実はこの卵型の果実に見える肉厚な花托の内側に無数の花を密かに咲かせます。繁殖器である花を外から見えないように咲かせるのも神秘的ですね。クリーム色をした花托の中の中央で薄紅色や赤紫の小花が波打つように密集して花を咲かせます。

イチジク(無花果)の果実って?

イチジク(無花果)は卵型をした隠頭花序と呼ばれる果実に見える緑色や紫色がかった外皮の内側で花が咲き、その内側で受粉した後に小さな種の様な粒がイチジクの果実です。

イチジク(無花果)の花が果実になるには?

イチジク(無花果)の樹は雌株と両性株があります。野生種の雌株は雌花をさかせます。両性株は果実の中に雄花と虫えい花というイチジクコバチが産卵しやすいような形をした仮の雌花を咲かせ、イチジクコバチは果実の先端に開いた小孔という小さな穴から中へ潜り込み、虫えい花の胚珠に卵を産みます。果実の中で孵化したイチジクコバチの幼虫は胚珠を餌にして育ち、さなぎになり大人のハチになると雄のハチは果実の中で交尾をします。交尾をしたあと雄のハチは小孔から外へ飛び立ち、まだ熟していないイチジク(無花果)の実へ移り同じサイクルを繰り返します。交尾の後に雌は生涯果実の中で過ごし死んでしまいます。雄は果実の出口周辺に咲く雌花の花粉を運び受粉のみを果たします。

因みに日本の栽培品種は雌株のみで、単体のみで結実する為、受粉の必要がなくイチジクコバチが産卵する事はありません。

イチジク(無花果)の繁殖

イチジク(無花果)の繁殖は熟すと動物に食べられ、その動物が排泄したタネが育つ事でイチジク(無花果)は繁殖していきます。

植物と昆虫、動物の関係は奥深くて面白いですね。

目次に戻る≫

イチジク(無花果)の育て方

日当たりと置き場所 イチジク(無花果)は日当たりの良い場所を好みます。冷たい風に弱く、真冬は冷たい風や霜が当たらない場所で管理しましょう。  最低気温10℃以下になると枯れてしまう為、真冬と関東以北で育てる場合はマルチングをして根の霜除けなどの寒さ対策が必要です。  気温が15℃以上になってくると生長期の為、新芽が活性化しています。果実は36~37℃で熟する事が出来ます。38℃になると皮が固くなる事もある為、真夏は寒冷紗などで日よけをして真夏の暑さ対策をすると良いでしょう。  用土 イチジク(無花果)は水はけと肥沃な用土でよく育ちます。赤玉土、鹿沼土に腐葉土をそれぞれ3割混ぜて、砂を1割、化成肥料、苦土石灰を混合します。  水やり イチジク(無花果)は土壌が乾燥気味の方が良く育ちますが水きれには弱く土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。庭植の場合は真夏はマルチングなどをして乾燥を防ぐと良いでしょう。  肥料 イチジク(無花果)の肥料を与える時期は2月と10月に化成肥料を施します。肥料を与える時は根元のすぐ近くではなく根元から少し離した場所に施します。12月に寒肥として油かすを施しましょう。  植え付け イチジク(無花果)の植え付けは12月~3月の休眠期に行います。地植えをする場合は根より2倍の大きさの直径と深さの穴を掘り、彫り上げた土に腐葉土と赤玉、鹿沼土、腐葉土と化成肥料を適量混合したものを穴の半分くらいまで埋め戻します。  苗木の根をほぐして、根を広げて埋めた土の上におき、根にかぶす様に残りの土で穴を埋めます。苗木を植えたら支柱を立てて水をたっぷり与えましょう。  剪定と切り戻し イチジク(無花果)は挿し木などで増やした場合は、2~3年目に果実を実らせます。1年目に実をつけていないイチジク(無花果)は主軸を2本残して短く30㎝程剪定します。果実が実りはじめた2年目からの株は秋の実りが終わり収穫後、冬に剪定を行います。イチジク(無花果)は品種によっては冬の始まりに実る品種もあるため、果実が完全になくなってから剪定します。真冬に剪定する事によって、春の生長に向けて準備する事ができます。  収穫

日当たりと置き場所

イチジク(無花果)は日当たりの良い場所を好みます。冷たい風に弱く、真冬は冷たい風や霜が当たらない場所で管理しましょう。

最低気温10℃以下になると枯れてしまう為、真冬と関東以北で育てる場合はマルチングをして根の霜除けなどの寒さ対策が必要です。

気温が15℃以上になってくると生長期の為、新芽が活性化しています。果実は26℃~27℃で熟する事が出来ます。28℃になると皮が固くなる事もある為、真夏は寒冷紗などで日よけをして真夏の暑さ対策をすると良いでしょう。

用土

イチジク(無花果)は水はけと肥沃な用土でよく育ちます。赤玉土、鹿沼土に腐葉土をそれぞれ3割混ぜて、砂を1割、化成肥料、苦土石灰を混合します。

水やり

イチジク(無花果)は土壌が乾燥気味の方が良く育ちますが水きれには弱く土の表面が乾いたらたっぷりと水を与えましょう。庭植の場合は真夏はマルチングなどをして乾燥を防ぐと良いでしょう。

肥料

イチジク(無花果)の肥料を与える時期は2月と10月に化成肥料を施します。肥料を与える時は根元のすぐ近くではなく根元から少し離した場所に施します。12月に寒肥として油かすを施しましょう。

植え付け

イチジク(無花果)の植え付けは12月~3月の休眠期に行います。地植えをする場合は根より2倍の大きさの直径と深さの穴を掘り、彫り上げた土に腐葉土と赤玉、鹿沼土、腐葉土と化成肥料を適量混合したものを穴の半分くらいまで埋め戻します。

苗木の根をほぐして、根を広げて埋めた土の上におき、根にかぶす様に残りの土で穴を埋めます。苗木を植えたら支柱を立てて水をたっぷり与えましょう。

剪定と切り戻し

イチジク(無花果)は挿し木などで増やした場合は、2~3年目に果実を実らせます。1年目に実をつけていないイチジク(無花果)は主軸を2本残して短く30㎝程剪定します。果実が実りはじめた2年目からの株は秋の実りが終わり収穫後、冬に剪定を行います。イチジク(無花果)は品種によっては冬の始まりに実る品種もあるため、果実が完全になくなってから剪定します。真冬に剪定する事によって、春の生長に向けて準備する事ができます。

収穫

イチジク(無花果)の収穫はどの季節に実るものでも、イチジク(無花果)の先端がわかれた時が収穫時期です。

夏越し

イチジク(無花果)は夏の暑さには強い植物です。果実が実りはじめている場合は気温が28℃以上になると皮が固くなりますので、直射日光があたる場合は寒冷紗などで日よけしてあげると良いでしょう。

冬越し

イチジク(無花果)の冬越しは冬は10℃以下になる場合は室内で管理します。冬場の水やりは少なめにして、土が乾いたらたっぷりと与えます。

増やし方(挿し木)

1.イチジク(無花果)は挿し木で増やす事が出来ます。剪定の時に切り落とした枝を使うといいです。細くなく元気そうな枝を選びましょう。また緑や黄色が濃い枝は栄養不足な可能性があり避けた方が良いです。幹に近い方を挿すので斜めに切るか、鉛筆のように削ると水の吸い上げが良くなります。枝を切ったあとは切り口が乾かないように切り口はすぐに水につけましょう。

2.挿し木の枝を挿す、土の準備をします。土は挿し木用の土を使用すると簡単に挿し木をする事が出来ます。挿し木後は日陰でサランラップやビニール袋をかけて、土が乾かないように管理します。

目次に戻る≫

イチジク(無花果)の食べ方

イチジク(無花果)は栄養価が高く、古来から不老長寿の食べ物と言われ愛されてきました。甘くて、つぶつぶの実の食感が特徴的です。イチジク(無花果)の選び方は触ってみた時に柔らかく、指でつぶれないイチジクを選びましょう。  生ハムやチーズとの相性もよく簡単に調理する事ができます。今回は簡単に出来るイチジク(無花果)のサラダの作り方をご紹介します。  イチジク(無花果)のサラダ 材料  イチジク(無花果)2個 紫玉ねぎ 少々 スペアミント 少量 バルサミコ酢 大さじ2 オリーブオイル   適量 粗塩 少々 あらびき黒コショウ 少々 作り方  イチジク(無花果)は幅2㎝位にくし形にカットします。 紫玉ねぎを細かくみじん切りにします。 バルサミコ酢をとろみがつく程度まで煮詰めて弱火で火にかけます。 お皿にイチジクを並べてみじん切りにした紫玉ねぎを散らします。 煮詰めたバルサミコ酢をかけ、オリーブオイルをかけます。 お好みで粗塩をふり、粗びき胡椒をひきます。 仕上げにスペアミントを飾りつけしたら完成です。仕上げにスペアミントを好みで飾ります。 

イチジク(無花果)は栄養価が高く、古来から不老長寿の食べ物と言われ愛されてきました。甘くて、つぶつぶの実の食感が特徴的です。イチジク(無花果)の選び方は触ってみた時に柔らかく、指でつぶれないイチジクを選びましょう。

生ハムやチーズとの相性もよく簡単に調理する事ができます。今回は簡単に出来るイチジク(無花果)のサラダの作り方をご紹介します。

イチジク(無花果)のサラダ

材料

  • イチジク(無花果)2個
  • 紫玉ねぎ 少々
  • スペアミント 少量
  • バルサミコ酢 大さじ2
  • オリーブオイル   適量
  • 粗塩 少々
  • あらびき黒コショウ 少々

作り方

  1. イチジク(無花果)は幅2㎝位にくし形にカットします。
  2. 紫玉ねぎを細かくみじん切りにします。
  3. バルサミコ酢をとろみがつく程度まで煮詰めて弱火で火にかけます。
  4. お皿にイチジクを並べてみじん切りにした紫玉ねぎを散らします。
  5. 煮詰めたバルサミコ酢をかけ、オリーブオイルをかけます。
  6. お好みで粗塩をふり、粗びき胡椒をひきます。
  7. 仕上げにスペアミントを飾りつけしたら完成です。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

イチジク(無花果・いちじく)

  • イチジク(無花果)は樹高2~5mになる落葉性のクワ科の亜熱帯の果樹で、独特の熟した甘みと食感が魅力の果物です。収穫時期や味、形などが異なる200品種以上の種類があります。

    イチジク(無花果)は受粉がいらず1本でも結実し、「花のう」という実の内側に花が咲き、そのまま熟して実となります。日当たりを好み摘花や人工授粉なども不要で手間があまりかからないため、果樹の中でも栽培が容易といえます。耐寒性がやや弱いので関東地方より北では地植えでの栽培は難しいので、関東以北の地域では鉢栽培にして、冬は霜や冷たい風にあたらない屋内に入れると冬越しが可能です。収穫の時期になると、夏の終わりから晩秋まで、毎日少しずつ長期間収穫できます。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「秋が旬!イチジク(無花果)の育て方と食べ方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

このライターの記事一覧

『庭・ガーデニング』デイリーアクセスランキング

おすすめ