育てて飾る!インテリアむけ実もの5選

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

秋を感じさせる実ものの植物。

お庭にも、部屋のインテリアにも映えますね。今回はお庭で栽培しやすい実ものを、インテリアとしての利用例とともに紹介します。

おすすめ実ものとインテリア例5選

1.アルプス乙女(観賞用りんご)

観賞用りんごはおすすめ実ものナンバー1ではないでしょうか。
まず楽しんでほしいのは春のお花。カップ状で淡い色の花はとても優雅ですよね。夏には小さな実がたくさんついて、徐々に色づいていきます。欧米ではクラブアップルと呼ばれ、庭園樹の定番だそうです。

アルプス乙女は果物としてもおなじみ、おいしい品種ですね。

ちょっと生食には向かないかも……という実が実ったときはアップルサイダーやジャムがおすすめです。

2.ムラサキシキブ

ムラサキシキブは秋に光沢のある紫色の小さな果実を葉の付け根あたりにまとめてつけてくれます。丈が低めのコムラサキ、白い実がなるシロシキブなどの変種もあります。美しい紫色の実は、盆栽としても人気があります。

 

 

3.オリーブ

樹形がとても美しいオリーブ

実は食用ですが、飾りとしてもとてもかわいいのでぜひとも使いたいですね。ただし、家庭で育てる場合違う品種を2本以上植えないと実がならないのでご注意!自家不和合性といって、自分自身の花粉では受粉が困難なのです。古代オリンピックの勝者の冠は、クレタ島でとれたオリーブで作られたといいます。その名残か、ヨーロッパではオリーブを使って冠やリースを作るそうです

Summer vacation concept, two hats, sunglasses, olive wreath and sprig of rosemary on marble rock against blue bokeh background

gi_logo_grey

 

4.ガマズミ

最近は庭木としても人気のガマズミ。小さくて真っ赤な実がたくさんつきます。出来立ての実はとても酸っぱいですが、熟すと甘みも増して食用になります。白い粉を吹いてきたら食べごろ。

ビバーナム・ティヌスという品種も切り花として人気です。

 

5.ホオズキ

愛好家も多い観賞用ホオズキ。がくが網目状にさけたものはドライフラワーのような味があります。

 

いかがでしたか?

秋冬のお庭を彩ってくれる実 もの。自分なりのアレンジで、室内でも楽しみたいですね。

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「育てて飾る!インテリアむけ実もの5選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ