室内・ベランダ・お庭別、必要そしてあると便利なガーデニングツール

古幡真恵

古幡真恵

10933views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

室内で観葉植物を育てたり、ベランダやお庭でガーデニングを始めたいと思っていても、実際にどんなガーデニングツールを揃えたらいいのか…悩んでませんか?

足りないのも困るし、あまり使わないものを買いすぎてしまうのは何だかもったいない…

育てる場所や段階によって揃えるべきガーデニングツールを“最初に・あると便利・ゆくゆくは…”の3段階に分けてご紹介します。

 

目次

室内のガーデニングツール

ベランダのガーデニングツール

お庭のガーデニングツール

室内のガーデニングツール

最初に揃えるツール

霧吹き

Person spraying plant with bottle

 

観葉植物の水やりは鉢に直接あげるお水は勿論のことですが、何よりも重要なのは葉水です。葉に直接水を与えることで植物がみずみずしく元気になるだけではなく、乾燥を好むハダニの予防にも葉水は大変効果的です。

フランネルのように葉に水がかかると枯れやすい植物もありますので、植物の特性は必ず把握しておきましょう。

 

剪定ばさみ

Green pruning shears on wooden background

 

まだ植物が小さい最初のうちは、細い枝やお花にも対応できるこの程度のハサミで十分です。

あると便利なツール

除菌シート

除菌シートは室内のうどん粉病対策に使用します。

重曹を希釈したスプレーでうどん粉病対策することもできますが、室内で思い切り吹きかけるのは難しいものです。そこで活躍するが除菌シートなんです。

うどん粉病にかかった葉を除菌シートで綺麗に拭き取るだけです。早めに対策することで、効果テキメンですのでぜひお試しください。

ホコリ取り

young man dusting the house with a microfiber duster

 

観葉植物には意外とホコリが被ってしまうものです。霧吹きで水を吹きかける前にホコリ取りで取り除いておきましょう。

歯ブラシ

カイガラムシの除去に便利です。カイガラムシは若い芽の先を好んで集まってきます。それがとっても若い芽を傷つけそうでちょっと怖い…。指がなかなか届かない部分を歯ブラシや先ほどの除菌シートなどを使って優しく除去してください。

ゆくゆくは購入したいツール

剪定ばさみ

garden secateurs isolated on white background

 

太い枝にも対応できる剪定バサミは、観葉植物が大きくなるにつれて必要です。長く使うことを考えてプロも使用しているような品質の剪定バサミをお勧めします。切れ味が全く違います!

支柱・麻紐

幹が伸びてくると横に倒れやすくなります。支柱や麻紐を使って重心を支えましょう。

植え替えグッズ

長年植え多摩までは、根が伸びすぎて鉢の中で根詰まりを起こします。その場合一回り大きい鉢の植え替えが必要になりますので、移植ゴテなどの小さいスコップや鉢、土、園芸用シートなども必要となります。

 

目次に戻る≫

\次はベランダで必要なガーデニングツールをチェック/

続きを読む

Pages: 1 2 3
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

▼関連ワード

「室内・ベランダ・お庭別、必要そしてあると便利なガーデニングツール」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

おすすめ