家庭菜園特集

恐竜も見ていた!?本当は身近な古代植物

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

gi_logo_grey

植物だって進化する

私たちヒトがサルから進化したことを知らない人はいませんよね。

でも、同じように植物も日々進化していることをご存じですか。実は、現在ふつうに見られる植物のなかには、恐竜が生きていたころから存在する種類もあるのです!今回は、そんな古代植物をご紹介します。身近な木を見て、太古の息吹を感じてみたいものですね。

イチョウ

秋になるとイチョウの黄葉がテレビでも紹介されています。都会的な風景に、黄葉したイチョウはとてもよく似合いますね。

でも、イチョウって本当は……

実は約1億5千万年前のジュラ紀から白亜紀にかけて、イチョウは大繁栄していたのです!

その後南半球で絶滅し、北米、ヨーロッパ、日本のイチョウ類も絶滅し、中国南部においてイチョウただ1種だけが生き残りました。それが鎌倉時代以前に中国から日本に伝わり、現在のイチョウとなったのです。

メタセコイア

公園などでよく植えられているメタセコイア。この木は最初、化石しか発見されていなかったため、絶滅してしまったと考えられていました。その後中国で生きた個体が発見され、今は「生きた化石」として親しまれています。メタセコイアの化石は、新生代第三紀の地層で発見されました。まだ類人猿がやっと出始めたころの時代です

 

スイレン

スイレンもとても歴史ある植物です。被子植物のなかでもっとも原始的なグループに属します。古代エジプトで、世界最初の「国花」として神聖視されていましたちなみに、ハスとスイレンはとよく似ていますが、ハスはもう少し進化した種類です

タイサンボク

庭木として親しまれている木で、初夏にいい香りの大きな花をつけます。タイサンボクが属するモクレン科の植物は、原始的な特徴をよく残していると言われています。

いかがでしょうか。おおらかなフォルム、葉っぱとよく似た花……どことなく古代の雰囲気を感じていただけましたか?

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

「恐竜も見ていた!?本当は身近な古代植物」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

『庭木・シンボルツリー』デイリーアクセスランキング

おすすめ