とっても大きな花・葉・種!世界一BIGな植物特集

鈴木仁美

鈴木仁美

6424views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

gi_logo_grey

世界一大きな花をつける植物、世界一背が高くなる樹木、世界一重い種……。地球上には、驚くべき大きさの植物があります。

今回は、そんな植物たちの「世界最大」を部門ごとにご紹介!まるでファンタジーに出てくる植物のような彼らの姿を見て、夢を感じてみませんか?

 

1.世界一大きな「花」

コウリバヤシ

ヤシのなかでも最大のものの一つで、樹高25mほどにもなると言われています。数十年の樹齢のなかで一度だけ花を咲かせますが、この花が世界最大と言われていて、なんと6~8mになるそうです。分岐した茎からつく数百万の花で成り立っています。starr-120522-6352-Corypha_umbraculifera-giant_habit_with_Kim-Iao_Tropical_Gardens_of_Maui-Maui

Corypha umbraculifera L.

 

ショクダイオオコンニャク

コウリバヤシの花が分岐する茎につくのに対して、ショクダイオオコンニャクはたった一つの茎からなる花序(かじょ:花のつき方のこと)で世界最大の大きさを誇ります。花序と苞(ほう:つぼみを包んでいた葉のこと)を合わせると直径1.5m、高さ3.5mにもなるそうです。

amorphophallus titanum

▼小さな花が集まってできていますAmorphophallus titanum

 

ラフレシア

「世界最大の花」と言われたらまずこの花を想像する方が多いのではないでしょうか。上の2種類の花はたくさんの小さな花が寄せ集まってできた花序が世界最大なのですが、ラフレシアは1つの花が世界最大の植物です。一般に「ラフレシア」と呼ばれているものはラフレシア・アルノルディイという種類で、花の直径は90cmにもなります。

▼実はラフレシアは寄生植物。ブドウ科の植物に寄生し、直接花を咲かせます。茎や葉はありません。largest flower in the world!! (look at the scale!!)

 

続きを読む

Pages: 1 2 3

「とっても大きな花・葉・種!世界一BIGな植物特集」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

鈴木仁美
鈴木仁美

千葉大学園芸学部にて公園・緑地について学ぶ。卒業後も緑への興味は尽きず、様々なオープンスペースに足を運んでいる。趣味は音楽と四季折々の花を愛でること。狭い自宅アパートでも楽しめるような植物との関わり方を日々発見しています。LOVEGREENでは自身の公園・庭園・緑地好きを生かし、季節ごとに見ごろの植物が楽しめる全国の公園や庭園、週末に出かけたくなるようなお出かけ情報などの紹介記事を主に配信しています。

オススメ特集