なぜこの名前?ユニークで可愛い珍名植物8選!

鈴木仁美

鈴木仁美

6318views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

gi_logo_grey

植物の世界には、「なんで、こんな名前になったの?」と言いたくなるような名前の植物がたくさんあります。そんな植物たちの姿や、珍名の由来を知るのも楽しいもの。

今回は、そんな変わった名前の植物のなかでも、ちょっと可愛らしい名前の植物を集めました。

 

ユニークで可愛い名前の植物~日本語5種編~

1.あかまんま

イヌタデの別名。どこにでも生えている雑草で、見たことがある方も多いと思います。赤いツブツブ状の小さな花や果実が、まるで赤飯のように見えますね。
개여뀌 (Persicaria longiseta) 2014년 9월 20,22일

 

2.われもこう

夏~秋ごろ、独特な形の花を見せてくれるワレモコウ。響きだけでは、どんな意味の名前かわかりにくいですよね。でも、花と漢字名を見比べてみると、なんとなく意味が分かるのではないでしょうか。

▼漢字で書くと、「吾亦紅」
Sanguisorba officinalis PAB 874 'Tsetseguun' and Eryngium x z. 'Forncett Ultra' at Avondale Nursery 19 June 2015.jpg

 

3.あぶらちゃん

「アブラちゃん?誰かの名前?」と言いたくなってしまう方もいるのではないでしょうか。この木は、クスノキ科の落葉低木です。実を触ってみると、とても油っぽいので名前の由来がよくわかります。木全体に油分が豊富でよく燃えたため、昔は薪として使われていたそうです。

あぶらちゃんの「ちゃん」って何?

アブラチャンは漢字で書くと油歴青。「歴青」で「ちゃん」と読みます。石油由来のアスファルトやコールタールを「歴青」と呼ぶことがあるそうです。

▼花は黄色で、早春のちょっと目立つカワイイ花です。
アブラチャン(油瀝青)

 

4.ぶたのまんじゅう

美味しそうな名前ですね~!実は皆さんご存知シクラメンの別名なんです。海外ではシクラメンの塊茎を豚が食べてしまうとされていたため「sows bread(雌豚のパン)」と呼ばれたことがありました。そして日本でもその名前が和訳されて「ぶたのまんじゅう」になったと言われています。
Cyclamen

 

5.たこのあし

とにかく写真をご覧ください!花のかたちがまるでタコの足のようですね。さらに秋になると全体が紅葉し、まるで茹蛸のようになります。

▼写真は近縁種です。いい茹で加減のタコそっくりですね。
Penthorum sedoides

 

ユニークで可愛い名前の植物~英語3種編~

1.ミッキーマウスツリー

花屋さんで見かけることも多くなったミッキーマウスツリー。正式にはオクナ・セルラタといいます。実の色や形が名前そのものです。
Bird's Eye Bush truth looks like Mickey Mouse

gi_logo_grey

 

2.ピンポンの木

観葉植物の一種。スポーツのピンポン(卓球)とは、関係ありません。中国原産で、現地では「ピンポー」と呼ばれているためこの名前がついたと言われています。

▼最近は100均でも変えるピンポンの木。手軽に手に入るので、ぜひ実物を見てください!
Seven Sisters' Fruit. Sterculia monosperma [as Sterculia nobilis]   Fleurs, fruits et feuillages choisis de l'ille de Java -peints d'après nature par Berthe Hoola van Nooten (1880)

 

続きを読む

Pages: 1 2

「なぜこの名前?ユニークで可愛い珍名植物8選!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
鈴木仁美
鈴木仁美

千葉大学園芸学部にて公園・緑地について学ぶ。卒業後も緑への興味は尽きず、様々なオープンスペースに足を運んでいる。趣味は音楽と四季折々の花を愛でること。狭い自宅アパートでも楽しめるような植物との関わり方を日々発見しています。LOVEGREENでは自身の公園・庭園・緑地好きを生かし、季節ごとに見ごろの植物が楽しめる全国の公園や庭園、週末に出かけたくなるようなお出かけ情報などの紹介記事を主に配信しています。