いくつ知ってる?地味だけど確かに咲いている春の樹木の花10選

鈴木仁美

鈴木仁美

5783views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

gi_logo_grey

春といえば、梅や桜やスミレやタンポポなど、いろいろな花が咲く季節。

お庭の花木もお花屋さんの切り花も、色とりどりの美しい姿を見せてくれます。でも、知っていますか?花木と言われていない樹木たちも、花を咲かせているのです!

今回は、そんな樹木の春の花についてご紹介します。いつも葉っぱや木の実を楽しんでいる樹木たちの、目立たないけれど確かに咲いている花を見てみませんか。

 

意外とキレイかも!な花の樹木3種

1.キブシ

春の野山で、意外な存在感を発揮しているのがキブシの花。淡い黄色の鈴のような花が連なって垂れ下がります。まだ花の少ない3~5月の山に、いろどりを添えてくれます。
Stachyurus praecox at Pershore College 12 Apr 2015.jpg

 

2.シキミ

仏事に枝を供えるシキミ。シキミの花は、真っ白で少し不思議な形をしています。この花が天竺の植物に似ていることから、仏教で使われるようになったと言われています。また独特の香りがあり、遺体のそばに置いておくと獣除けになるとも、シキミを挿した水は腐らないとも言われています。

▼開花は3~4月。全体に有毒なので、誤って口に入れないように注意しましょう。
illicium anisatum

 

▼中華の香辛料によく使われるスターアニス(八角)。シキミの近縁種ですが毒性はありません。
Brown composition

 

3.クロモジ

クロモジの花は、4月ごろに低い山や斜面林などで見ることができます。ロウバイにも似た透き通る花びらが美しいですね。
Spicebush_2015-04-10-20.45.53 ZS PMax

 

▼和菓子に使う楊枝のことを黒文字と言いますよね。これはクロモジの枝から作られているためです。クロモジは、ほかにも黒文字油の原料にもなっています。
和菓子/wagashi

 

続きを読む

Pages: 1 2 3

「いくつ知ってる?地味だけど確かに咲いている春の樹木の花10選」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

鈴木仁美
鈴木仁美

千葉大学園芸学部にて公園・緑地について学ぶ。卒業後も緑への興味は尽きず、様々なオープンスペースに足を運んでいる。趣味は音楽と四季折々の花を愛でること。狭い自宅アパートでも楽しめるような植物との関わり方を日々発見しています。LOVEGREENでは自身の公園・庭園・緑地好きを生かし、季節ごとに見ごろの植物が楽しめる全国の公園や庭園、週末に出かけたくなるようなお出かけ情報などの紹介記事を主に配信しています。