人気の果樹!フェイジョアの育て方や葉・花・実の魅力

古幡真恵

古幡真恵

このライターの記事一覧

公開日 :

ユーカリに少し似ている丸葉のフェイジョアは、苗木だけでなく最近ではお花屋さんで扱う花材としてもよく見かける常緑樹です。

果樹として実の収穫も楽しめるだけでなく、5~6月の花の時期はとろりと甘い花まで食べられる魅力満載のフェイジョアをご紹介します。

目次

フェイジョア~葉の魅力

フェイジョア~花の魅力

フェイジョア~実の魅力

フェイジョアの育て方

フェイジョア~葉の魅力

一瞬ユーカリかな?と見間違いそうな、柔らかい丸葉が魅力のフェイジョア。葉の表側は緑色ですが裏側は白く、新芽の葉は薄い白みがかった黄緑色をしているので、1本の木の葉の色がグラデーションのようになっているところが大変美しく魅力的です。

フェイジョアの葉

フェイジョアとは、フトモモ科の常緑果樹で、原産地はパラグアイ、ブラジル南部、ウルグアイ、アルゼンチンで、山野に自生しています。

フェイジョアはフトモモ科の常緑果樹で、原産地はパラグアイ、ブラジル南部、ウルグアイ、アルゼンチンの山野に自生しています。


このフェイジョアは枝付きのまま花瓶に活けても、とてもお洒落に飾ることができます。  葉の表は緑色、裏は白っぽい色をしているので色の変化も楽しめ、シンプルなお部屋にとても良く似合います。

このフェイジョアは枝付きのまま花瓶に活けても、とてもお洒落に飾ることができます。

葉の表は緑色、裏は白っぽい色をしているので色の変化も楽しめ、シンプルなお部屋にとても良く似合います。

目次に戻る≫

フェイジョア~花の魅力

フェイジョアの開花時期は、5~6月。シンプルな形や色合いをしたフェイジョアの木にとても情熱的な花が咲き出し、華やかな印象に変わります。

フェイジョアの花

このピンク色の花びらは、少し肉厚でふっくらとした触り心地です。赤いツンと尖った雌しべをたくさんの雄しべが囲むように空を向いています。

このピンク色の花びらは、少し肉厚でふっくらとした触り心地です。赤いツンと尖った雌しべをたくさんの雄しべが囲むように空を向いています。


じつはこのフェイジョアの花を食べると、とろけるような甘さです。食べられる花エディブルフラワーとしても魅力的なフェイジョアなのです。

じつはこのフェイジョアの花を食べると、とろけるような甘さです。食べられる花エディブルフラワーとしても魅力的なフェイジョアなのです。

目次に戻る≫

フェイジョア~実の魅力

フェイジョアは実もなるので花が咲いた後も目が離せません。10月下旬~11月上旬頃の収穫時期まで、フェイジョアの細くしなやかな枝に重たそうになっている実を毎日見つめてしまいます。

フェイジョアの実

品種によって時期は異なりますが、収穫は10月下旬~11月上旬頃です。  (1本でなる品種もありますが、2品種以上を混植するとより実つきが良いです。)

品種によって時期は異なりますが、収穫は10月下旬~11月上旬頃です。

(1本でなる品種もありますが、2品種以上を混植するとより実つきが良いです。)

 

フェイジョアの果実は甘酸っぱくて熟すと芳香があります。食感は梨に似ています。味は南国フルーツに近い甘みがあります。  ポトリと木から落ちるころが食べごろになります。

フェイジョアの果実は甘酸っぱくて熟すと芳香があります。食感は梨に似ています。味は南国フルーツに近い甘みがあります。

ポトリと木から落ちるころが食べごろになります。

目次に戻る≫

フェイジョアの育て方

フェイジョアの葉・花・実の魅力を知ってしまったら、みなさんもお庭や鉢植えで育ててみたくなったのではないでしょうか。

フェイジョアの葉・花・実の魅力を知ってしまったら、みなさんもお庭や鉢植えで育ててみたくなったのではないでしょうか。

選び方

フェイジョアの実の収穫を楽しみたい人は、1本で結実する品種か2本以上なければ結実しない品種かを確認してから購入しましょう。

幹の太さと樹高のバランスがとれているもの、根鉢に根が回りすぎていないもの、また根鉢が乾きすぎていないものを選びます。

植え付け

できるだけ日当たりのよい水はけのよい場所を選び植え付けます。植え付けは3〜4月の花が咲く前が適期です。

フェイジョアは耐寒性に優れており-6~-7℃位まで耐えることができるといわれていますが、幼木は寒さで弱ることもあるので秋に植え付けた場合は冬場の寒さ対策を忘れずにしましょう。

用土

水はけと水持ちのよい用土を好みますが、土質はあまり選びません。市販の園芸用の培養土でかまいません。

水やり

鉢植で育ててる場合、フェイジョアは過湿を嫌うので土の表面が乾燥してからたっぷりと水やりをしましょう。

地植えの場合は根付いてしまえば水やりはお天気まかせにしていても大丈夫ですが、あまりに乾燥が激しいときは土の状態をみて水を与えてください。

肥料

庭植えは3月と10月に、鉢植えは3月、7月、10月に肥料を施します。

病害虫

病害虫被害はあまりありません。

剪定・切り戻し

萌芽力が強いので強剪定にも耐えますが、間引き剪定を主体にします。

次の年に開花する花芽を作る時期は8~9月頃です。

フェイジョアの実の収穫時期である10月下旬~11月上旬頃より前に次の年の花芽ができます。

そのため、フェイジョアの剪定の時期は新芽が伸びる前の3~4月頃が適期です。徒長している枝込みあった枝地際から出ている枝を剪定します。

収穫

品種によって収穫時期は異なりますが、自然落果するか、実を持った時簡単に枝からとれるまで収穫は待ちましょう。

フェイジョアの人工授粉の仕方

異なる品種を2株植えればある程度実はつきますが、人工授粉をすることで結実させる確率は上がるようです。受粉は晴れた日の午前中に行います。授粉用に1つ花をとって、別の株で開いたばかりの若い花の雌しべにこすりつけます。自家結実性の品種も別の株の花粉をつける方が質の良い実がなるようです。

人工授粉までしなくても、育てるフェイジョアの木の本数を増やすことで受粉の確率はグンと上がります。フェイジョアの木が大好きになったら本数も増やしてみてはいかがでしょうか。

3~4月に剪定したフェイジョアを部屋に飾り。

5~6月に花を愛で、ちょっとだけ花を食し。

7~9月には実が大きくなっていく様子を楽しみに眺め。

10~11月に実の収穫を喜び。

寒い12~2月は窓ごしにフェイジョアの常緑の葉を見つめる。

みなさんも「フェイジョアのある暮らし」楽しんで下さいね。

▼編集部のおすすめ

フェイジョア

  • フェイジョアは、高さ5~6mになるフトモモ科の常緑小高木で、庭木や生垣にも用いられます。葉は長さ5~7cmの卵形の楕円形で革のような光沢があります。葉の裏面には綿毛が密に生えて銀白色です。7月~8月に直径4cm程度の花が咲きます。分厚い花弁の外側は白い綿毛が生え、内側は薄紫色、鮮やかな赤いおしべが特徴的です。エディブルフラワーとして食べることもできます。フェイジョアの果実は卵状の楕円型で灰緑色。果肉はパイナップルのような香りがあり、生食やジャムにして食べられます。フェイジョアは別名をパイナップルグアバといい、日本には昭和初期にアメリカから渡来しました。暖地性の樹種ですが、寒さにも強く成木ではマイナス10度にも耐えられます。

 

目次に戻る≫

 

キャンペーン実施中!庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「人気の果樹!フェイジョアの育て方や葉・花・実の魅力」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

古幡真恵
古幡真恵

結婚・出産そして育児をしながら、学童保育所で食育を2年間指導後、農業研究センターで大豆と稲の研究作物栽培及び実験業務に従事。屋上ガーデン・屋上菜園の管理業務、エディブルフラワー店勤務を経て、現在はLOVEGREEN編集部とBotapii編集部のアシスタントとして、初心者からでも手を出しやすい家庭菜園やエディブルフラワーの記事、sanagardenコンテンツを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ