植物をリフレッシュ!植え替えをしよう。

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

 

春は、植物が元気に育つ時期。草花も観葉植物も、これから元気に育っていくには1、2年に1度は植え替えが絶対に必要です。意外と知らない、植え替えについてご説明します。

 

植え替えしないと?

何年も植え替えもせずに育て続けると、土の表面がカチカチに固まってしまうことがあります。このように放っておくと、どんどん土の状態が悪くなり、根腐れや植物が弱る原因にもなってしまいます。また、根の生長が早い植物は、根詰まりの原因にもなり、植物の生長不良や大きくならない原因にもなります。

 

植え替えが必要な時

・2年以上植え替えをしていない

・鉢の底から根が見えている

・鉢から植物を抜いたら根がぐるぐるになっている

・水が染み込んでいかない

・土が湿っているのに葉が枯れる、ぐったりしている

ひとつでも当てはまったら、植え替えが必要です。

 

植え替えに向いている時期

植え替えは、植物の根っこをいじることになるので、元気のない時期にすると大きなストレスとなってしまいます。なので、植物のよく育つ春か秋に行いましょう。真冬や真夏に行うと、植物に大きなダメージを与えてしまいます。やむを得ず夏や冬に植え替えをする時は、できるだけ根をいじらず、そっと土を足す程度にしておいて、時期が来たら改めてちゃんと植え替えをしてあげましょう。

 

植え替えのしかた

まず、現在の鉢よりひとまわり大きな鉢を用意します。鉢に底網か鉢底石を入れ、隠れるくらいまで土を入れます。植え替えをする植物を鉢から土ごと取り出し、形を崩しながら周りの古い土を落とします。鉢をひっくり返しても鉢から抜けない場合は、鉢に接している土を割りばしなどで崩しましょう。

 

古い土を落としたら、苗を鉢の真ん中に置き、鉢と苗の隙間を土で埋めていきます。細長い棒を土に突き刺しながら空洞を埋め、鉢口から2cm程度残して土を入れます。ぎゅっと押さえつけてしまうと、根が傷んだり通水性や通気性が悪くなってしまうので、気をつけましょう。

 

大鉢の観葉植物の植え替え

大型の観葉植物は、鉢替えがとっても難しいです。現在の大きさよりも大きくならなくても良いときは、シャベルなどで古い土を切り取って根を整理したら、元の大きさの鉢に植え戻します。この時、切り取った古い土の分だけ新しい土を足し、細長い棒でよく突いて馴染ませてあげましょう。無理に大きい鉢に植え替えをしようとして、根を傷めないように気を付けてくださいね。

 

植え替え後の管理

植え替えが終わったら、まずは水やりをしっかりとしてあげましょう。植え替えをして10日ぐらいは、植物の根が傷んでいて水の吸い上げが悪いので、しばらくは日陰に置き、水分が飛んでいくのを防ぎます。10日ほど経ったら、元の場所に戻して肥料をあげてください。

 

いかがでしたか?

植物の植え替えをするだけでも、色々とコツや気を付けることがあるので、しっかりと様子を見ながら行いましょうね。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「植物をリフレッシュ!植え替えをしよう。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ