簡単DIY!セメントで作る一輪挿し&フラワーベース

持永久美子

持永久美子

13397views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

何か自分でDIYしてみたいけど工具もないし大変そうで難しそう…と思っている方、セメントを使った花器を手作りしてみませんか?特別な工具は必要ありません。セメントを水で混ぜてお家にある型に流し込むだけで簡単に出来ちゃいます!そう言う私も初めてチャレンジしたのですが安上がりなのに出来栄えには大満足。はまりそうな予感です。今回は一輪挿しとフラワーベースの作り方をご紹介します。

 

用意するもの

セメント

今回はホームセンターで購入の白色の「インスタントセメント」使用。最近は100円ショップでも販売されています(下の写真のものです)

バケツ・手袋・スプーンやへらみたいなもの

セメントを混ぜる時に使用。作る量が少なければバケツではなく使い捨てのコップやボウルなどでもOK。セメントは強アルカリなのでゴム手袋を準備しましょう。
16651197_1284088898343137_2045450233_o

 

家にある容器

今回は子供用のジュースのパック×4、ボトルガムの空容器、ジュースの紙パック

試験管&ガラスベース

100円ショップで購入。試験管は2本セットで100円でした。
16586750_1284088885009805_507807078_o

 

あとはセメントを量るはかり、紙パック等を切るハサミ、出来上がりにひと手間かけるならやすりがあると便利です。

 

作っていきましょう!

紙パックなどの容器はきれいに洗って水気を拭いておきましょう。出来上がりのサイズをイメージして丁度よい高さに切って準備しておきます。

セメントは袋の表示通りに量り、水を入れて作れば失敗しません。
16523927_1284088928343134_1261899550_o

 

お水を少しずつ加えながらまぜまぜ。。。ホットケーキを作るような感じで最初は粉っぽかったけど混ぜていくとじわじわと滑らかになります。
16650619_1284088925009801_932017435_o

 

セメントが混ざったら容器の9分目強位までセメントを流しいれ容器ごと、トントンと机にノックし型の中の空気を抜きセメントをならします。
16523737_1284088941676466_296600654_o

 

そこに真ん中にずぼりと試験管を入れましょう。
16650771_1284088955009798_1190402497_o

 

水を多く入れすぎるとゆるゆるのセメントになり試験管が立たずに倒れたりするので注意が必要です。今回は分量通りやったつもりですが、ちょっとゆるめだったのか気付くと傾きそうになるので、ある程度固まりだすまで何度か指で押さえて角度を修正したりしながらそばで見守りました。
16593504_1284088878343139_1102945457_o

16651272_1284088855009808_691323560_o

16650997_1284088808343146_2077699820_o

全部セット完了!約1日置いておけば固まります。わくわくしますね!

 

 

開封の儀

丸1日待って念のため2日後にパックを開けました。紙パックの方はぺりぺり簡単にむけて楽ちんでした。
16586874_1284088775009816_1545654867_o

 

ガムボトルの方は固くてちょっと苦戦。ハサミで切り込み入れながら開封しました。
16651104_1284088758343151_1490665809_o

 

セメントは欠けやすいので優しく開封していきましょう。
16650975_1284088741676486_1413314680_o

 

このまま完成でもいいのですがやすりで表面や紙パックの型の跡をやすると更にいい感じになります。
16523431_1284088721676488_1148412122_o

 

左がやすり前。右がやすりをかけたもの。試験管についたセメントも綺麗にふきとりましょう。もっとやすりをかけて角を丸くしてもいいですね◎
16586804_1284088725009821_1945797492_o

 

印象としてはガムボトルのほうが繋ぎ目もなく出来上がりがつるんとしててキレイ!
16650670_1284088275009866_1231750985_o

 

\ 完成 

出来上がりました!!

初めて作ったわりにはいい感じに出来上がり大満足です◎
16523720_1284088588343168_737100661_o

 

早速植物を生けてみましょう♪お庭やベランダにあるものをちょこっと頂いてみました。手作りのフラワーベースだと可愛さ倍増ですね。試験管タイプは一輪挿しにぴったり。見つけてきた野の花、ビオラなどの草花、アイビーなどの観葉植物を切ったものでもいいですね。
16523701_1284088258343201_2056033359_o

 

フラワーベースタイプは花器部分が広めなので植物も本数入れられますね。セメントの重みのおかげで枝ものだって大丈夫。16651197_1284088278343199_1382567513_o

 

いかがでしたか?今回フラワーベース6個作っても材料費1000円以下で出来上がりました。色々な形や大きさで挑戦してみたくなりますね。セメント部分をペイントするのもおすすめです!とっても簡単なのでぜひオリジナルの作品を作って植物のある暮らしを楽しんでみてくださいね。
16586765_1284088271676533_444533059_o

 

「簡単DIY!セメントで作る一輪挿し&フラワーベース」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
持永久美子
持永久美子

平田ナーセリーで園芸店勤務後、P2&Associates Inc.にてインドアプランツ専門店Plants・Plantsのマネージャーとして新店舗立ち上げ・接客・販売・在庫管理等の業務に従事。植物だけでなく、動物や雑貨も大好きです。結婚を機に東京に移り、子供と一緒に植物のある生活を楽しんでいます。LOVEGREENでは、観葉植物のおしゃれな飾り方や実践したくなるライフスタイル提案、実際に自宅で育てている植物の写真を使った記事を配信。