新生活グリーン特集

4月10日の誕生花|ツルニチニチソウ(蔓日々草)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

公開日 :

4月10日の誕生花は「ツルニチニチソウ(蔓日々草)」です。「ツルニチニチソウ(蔓日々草)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

4月10日の誕生花

4月10日の誕生花は「ツルニチニチソウ(蔓日々草)」。

「ツルニチニチソウ(蔓日々草)」の花言葉は「優しい」「思い出」。

 

ツルニチニチソウ(蔓日々草)について

科・属  キョウチクトウ科・ツルニチニチソウ属
和名  蔓日々草
英名  periwinkle
学名  vinca major
原産地  南ヨーロッパ アジア
開花期  3月~5月頃

 

ツルニチニチソウ(蔓日々草)の特徴

ツルニチニチソウ(蔓日々草)は常緑半低木の植物で株元から多数の茎をのばしてつる状になり、葉は5cm~8cmほどで光沢があります。3月~5月頃に咲く淡い紫色の花は筒状で花びらが五つに分かれています。一斉に咲くわけではありませんが、長い期間次から次へと花が咲きます。庭園の傾斜地や半日陰地、常緑樹の足元などグラウンドカバーに使われることが多く性質は非常に強健です。寒さや乾燥にも耐え、半日陰でも良く育ち、繁殖も株分けで容易にできます。耐寒性にやや劣りますが美しいクリーム色の斑が入る品種が多く栽培されます。寒冷地ではヒメツルニチニチソウの方が若干耐寒性に優れるためよく用いられます。

ヨーロッパでは常緑で冬でも枯れないことから、不死のシンボルとされています。またツルニチニチソウ(蔓日々草)を身に付けると繁栄と幸福をもたらしてくれる、という古くからの言い伝えがあるそうです。

 

ツルニチニチソウ(蔓日々草)の種類

ツルニチニチソウ(蔓日々草)の種類は緑の葉の種類の他、葉の外側を覆うように白い斑が入っているのが一般的によくみられますが、ツルニチニチソウ(蔓日々草)より一回り葉が小さめなヒメツルニチニチソウもあります。

▼ツルニチニチソウ(蔓日々草)の育て方など詳しい情報はこちら

ツルニチニチソウ

  • ツルニチニチソウは、常緑半低木の植物で株元から多数の茎をのばしてツル状になり、葉は5センチ~8センチほどで光沢があります。3月~5月頃に咲く淡い紫色の花は筒状で花弁が五つに分かれています。一斉に咲くわけではあなく、長い期間次から次へと花が咲きます。庭園の傾斜地や半日陰地、常緑樹の足元などグラウンドカバーに使われることが多く性質は非常に強健です。寒さや乾燥にも耐え、半日陰でも良く育ち、繁殖も株分けで容易にできます。耐寒性にやや劣りますが美しいクリーム色の斑が入る品種が多く栽培されます。寒冷地ではヒメツルニチニチソウの方が若干耐寒性に優れるためよく用いられます。

▼関連ワード

「4月10日の誕生花|ツルニチニチソウ(蔓日々草)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

デイリーアクセスランキング

おすすめ