オステオスペルマムの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 

Avatar photo

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

オステオスペルマムの花言葉や種類、特徴をご紹介!オステオスペルマムは華やかな花を咲かせる植物。花壇植えや寄せ植えの主役の花としてとても人気があります。

 

オステオスペルマムの花言葉

オステオスペルマムの花言葉は、「元気」「無邪気」。

オステオスペルマムの花言葉は、「元気」「無邪気」。

 

オステオスペルマムについて

科・属 キク科・オステオスペルマム属
英名 African daisy
学名 Osteospermum
原産地 熱帯アフリカ
開花期 3月~6月、9月~11月

 

オステオスペルマムの特徴

オステオスペルマムは、熱帯アフリカ原産のキク科の多年草。ぱっと目を引く大ぶりの華やかな花を咲かせます。花びらがキラキラとして艶があり、太陽とともに開き、夜や曇り、雨の日は花びら閉じる性質があります。最近では、開閉しない品種も出てきています。  オステオスペルマムの花期は3月~6月と9月~11月頃。日なたと水はけの良い用土を好み、東京以西の暖かい地域では霜にあたらなければ越冬して大株になります。

オステオスペルマムは、熱帯アフリカ原産のキク科の多年草。ぱっと目を引く大ぶりの華やかな花を咲かせます。花びらがキラキラとして艶があり、太陽とともに開き、夜や曇り、雨の日は花びら閉じる性質があります。最近では、開閉しない品種も出てきています。

オステオスペルマムの花期は3月~6月と9月~11月頃。日なたと水はけの良い用土を好み、東京以西の暖かい地域では霜にあたらなければ越冬して大株になります。

 

オステオスペルマムは一重咲きのほか、八重咲きタイプもあります。様々な色や咲き方があり、寄せ植え作りのメインとわき役どちらにも使えます。オステオスペルマムは同じキク科のディモルホセカと似ていますが、ディモルフォセカは一年草、オステオスペルマムは多年草として分類されています。

オステオスペルマムは一重咲きのほか、八重咲きタイプもあります。様々な色や咲き方があり、寄せ植え作りのメインとわき役どちらにも使えます。オステオスペルマムは同じキク科のディモルホセカと似ていますが、ディモルフォセカは一年草、オステオスペルマムは多年草として分類されています。

 

このように、スプーン咲きと言われる個性的な変わり咲きをするオステオスペルマムもあります。

このように、スプーン咲きと言われる個性的な変わり咲きをするオステオスペルマムもあります。

 

オステオスペルマムの花言葉は、「元気」「無邪気」。明るく華やかでのびやかなオステオスペルマムの花姿にぴったりの花言葉が付けられています。

オステオスペルマムの花言葉は、「元気」「無邪気」。明るく華やかでのびやかなオステオスペルマムの花姿にぴったりの花言葉が付けられています。

 

オステオスペルマムの寄せ植え

薄紫、ピンク、白、赤、オレンジ、黄色、アプリコット色、複色など、様々な色合の可愛い花を咲かせるオステオスペルマム。色違いを合わせるだけでも簡単に寄せ植えが作れます。どんな草花とも合わせやすいので、オステオスペルマムをメインに使った季節の寄せ植えはとても人気があります。

薄紫、ピンク、白、赤、オレンジ、黄色、アプリコット色、複色など、様々な色合の可愛い花を咲かせるオステオスペルマム。色違いを合わせるだけでも簡単に寄せ植えが作れます。どんな草花とも合わせやすいので、オステオスペルマムをメインに使った季節の寄せ植えはとても人気があります。

▼オステオスペルマムを使った寄せ植えはこちら

 

オステオスペルマムの種類

オステオスペルマム・ダブルファンホワイトブルー

外側の花びらが白、内側の花びらがラべンダー色のグラデーションが美しい。シックで大人っぽい色合いの品種。

オステオスペルマム・ダブルファンコーラル

外側の花びらがピンク色、内側の花びらが黄色。ビビットで華やかな色合いの品種。

オステオスペルマム・ブラッシングビューティー

花びらの外側が黄色、中心部分がピンク色をしている品種。

オステオスペルマム・ブルーアイ・ビューティー

花びらの外側がレモン色、中心部分が紫色をしている品種。

オステオスペルマム・シンフォニーシリーズ

オステオスペルマムとディモルフォセカの交雑で誕生した品種。オレンジ色や黄色など、交配する前は無かったオステオスペルマムの花色が誕生しました。

オステオスペルマム・パッション

種から育てることができる品種。

オステオスペルマム・パープルサン

花びらの外側はオレンジ色、中心部分は紫色の品種。

 

▼オステオスペルマムの詳しい育て方はこちら

オステオスペルマム

  • オステオスペルマムは、南アフリカ原産のキク科の多年草です。見た目はディモルホセカと似ていますが、分類的にはディモルフォセカは一年草、オステオスペルマムは多年草として分類されています。ただし、両者を交配して作られた種も最近はあります。 オステオスペルマムは、花びらがきらきらとして艶があり、太陽とともに開き、夜間や曇天、雨の日は花びらが閉じます。最近は、開閉しない品種も出てきています。オステオスペルマムはとても豊富なカラーバリエーションで、花の咲き方も八重咲や花びらがスプーン状の品種もあります。多花性で斑入り品種もあり、葉っぱと花を両方楽しめる品種もあります。寄せ植えなどにも大活躍する育てやすい草花です。


▼オステオスペルマムの関連記事はこちら

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「オステオスペルマムの花言葉|種類、特徴、色別の花言葉 」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

Avatar photo
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

デイリーアクセスランキング

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス