ツユクサ(露草)の育て方|植物図鑑

植物名
ツユクサ(露草)
学名

Commelina communis

英名
day flower
和名
露草
科名
ツユクサ科
属名
ツユクサ属
原産地
東アジアの温帯

ツユクサ(露草)の特徴

東アジアの温帯に広く分布する一年草で6月~9月に小さな青い花をつけることで古くから親しまれています。茂り始めると茎を長くのばし、地を這って枝分かれする茎の節々から根を出して他の植物を覆うほどに生育旺盛なため雑草として扱われます。花は早朝から開花し午後にはしぼむ性質があります。内側に付く3枚の花弁のうち2枚は大きく鮮やかな青色ですが残りの1枚は小さく白いためあまり目立ちません。おしべは6本ありそのうちの2本がめしべとともに前に長く突き出しています。中心部にある雄しべの黄色が青色を背景に引き立たせています。

ツユクサ(露草)の詳細情報

園芸分類 草花
草丈・樹高 15~50cm程度
耐寒性 弱い
耐暑性 やや強い
花色 青紫
開花時期 6月~9月頃

ツユクサの名前の由来

ツユクサの名前の由来は諸説あり、朝露を浴びながら咲く様子や、朝咲いて昼前には萎む朝露の如く儚い様子、露を保つ草だから、ともいわれています。また朝露が乾かないうちにしぼんでしまう一日花の性質からきているともいわれます。万葉集では鴨頭草(ツキクサ)とよばれていますがこれは衣服を花の色素で染めていたので染料がつく、という意味の着草(ツキクサ)からきていると考えられます。学名はオランダの植物学者のジャン・コムメリンとガスパルト・コムメリンにちなんだ名前です。

ツユクサの色水遊び

ツユクサの花びらを集めてビニール袋に入れ木槌などでたたいてつぶし色を出します。ある程度潰れたら水を足して色水を作ります。この青い色水にレモン汁を加えるとしばらくするとピンク色に変わります。また、青い色水に重曹を入れると緑色に変わります。手品のようにして子どもとツユクサの色水で遊ぶのもよいでしょう。

ツユクサ(露草)の育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
開花

ツユクサ(露草)の栽培環境

用土

用土は選びません。どのような土でもよく育ちます。特に水はけ、水もちのよい用土なら良く、鉢で栽培する場合は赤玉土と腐葉土を混ぜるとよいでしょう。

ツユクサ(露草)の育て方のポイント

水やり

湿った土を好みますので鉢植えの場合は土の表面が乾いたらたっぷりと水やりをしましょう。地植えの場合は雑草として扱われるほどですから水やりは雨水があたれば必要ありません。

肥料

地植えの場合は繁殖力旺盛で他の植物を駆逐するほどなので基本的に肥料は不要です。鉢植えで栽培する場合は、葉の色が薄くなったら薄めた液肥を施すとよいでしょう。

病害虫

モザイク病があります。ウイルスによる感染のため薬剤は効果がないので発生したら抜き取って捨てるほかありません。
モザイク病:モザイク病はアブラムシ、アザミウマ、コナジラミなどがウィルスの媒介をします。感染してしまうと、葉が濃淡のモザイクとなり委縮し、果実にも奇形やモザイク模様を生じます。このやっかいな媒介虫たちは葉で合成されるアミノ酸が大好きです。アミノ酸は、過剰な肥料投入などで、窒素成分を野菜に与え過ぎると発生しやすくなります。正しい量の肥料を心がけることが大切。発生してしまった場合、ウイルスは治す薬がありませんので、発生部位を除去することが拡大を防ぐ方法です。

ツユクサ(露草)の詳しい育て方

選び方

特別な斑入りの品種以外の一般的なツユクサが苗で販売されることはめったにありません。どうしても苗を購入したい場合は山野草専門店などで聞いてみるとよいでしょう。

種まき

秋にとっておいた種を春4月~5月頃にまきます。ビニルポットや育苗箱、または地面にばらまきでもかまいません。種まき用土は特に選びません。

植え付け

地上部は這うように横へ広がりますが根は太くまっすぐに下へ伸びますので鉢で栽培する場合は6号以上のサイズを使用するとよいでしょう。日向から日陰まで湿り気のある環境であればどのような場所でもよく育ちます。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング