ホトトギスの育て方|植物図鑑

植物名
ホトトギス
学名

Tricyrtis

英名
Toad lily
科名
ユリ科
属名
ホトトギス属
原産地
日本、東アジア

ホトトギスの特徴

ホトトギスの大きな特徴としてまず挙げるのは、花弁に浮かぶ紫色のまだら模様です。この模様が鳥の不如帰(ほととぎす)の胸の模様と似ていることから、この名が付けられたほどです。また一部の品種では、若葉に油を垂らしたような模様が現れることから「油点草」という別名を持っています。加えてホトトギスは、めしべが非常に目立っている花だと言えます。その理由はめしべが長く伸びており、花柱がヘリコプターのプロペラのように広がった形状をしているためです。主な花弁の色は、白地に紫色のまだら模様と黄色であり、珍しい色として白色があります。

ホトトギスの詳細情報

園芸分類 ラン
草丈・樹高 ~70cm程度
耐寒性 弱い
耐暑性 強い
花色 紫、白、黄
開花時期 7月~10月頃

ホトトギスの種類・品種

日本全土に分布している品種として、紫色のまだら模様が浮かぶ品種は「ヤマホトトギス」と「ヤマジノホトトギス」になります。黄色の品種は「タマガワホトトギス」、白色の品種は「シロバナヤマジノホトトギス」と「シロホトトギス」があります。

ホトトギスの育て方カレンダー

時期 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
種まき
植え付け
植え替え
剪定
開花
肥料

ホトトギスの栽培環境

用土

水はけと通気性の良い土を使用します。近頃では山野草用の培養土が販売されていますが、自身で用土を作る際には、軽石砂、赤玉土、腐葉土を混ぜます。鉢植えの場合は、底に水洗いしたパーライトを入れておくと、さらに良くなります。

ホトトギスの育て方のポイント

水やり

水やりは一年中行います。まず春に種を蒔いた場合、芽が出るまでは多めに水を与えます。その後は表土が乾いたら水やりを行えば良いですが、夏場は鉢の周りに打ち水し、株にも霧吹きで水を与え、湿度を保つことを心掛けてください。冬場は雪が降れば水やり不要ですが、降らなければ1週間に1度の頻度で少量の水を与えてください。

肥料

5月から10月までの生育期には、おおよそ1週間に1度の頻度で液肥を追肥してください。そして花が咲いた後に再び固形肥料を鉢の縁に置き肥してください。

病害虫

害虫としてはナメクジやカタツムリ、毛虫が付きやすいため、鉢裏などを確認し、見つけたら駆除しましょう。また水切れによる葉枯れが生じやすいため、夏場は注意しましょう。
ナメクジ:ナメクジは植物の葉やつぼみ、花びら、野菜の新芽などを食べます。大量に発生すると茎だけ残して葉を全て食べられてしまったり、葉が一部食べられて穴が開いても生長不良に繋がります。土の中にいることが多いため、植え替え時に点検したり、雨上がりにチェックすると比較的見つけやすいです。
葉枯れ病:カビが原因の病気で、葉に円形や楕円形の赤褐色の小斑点ができ、斑点の中心部はやや淡い褐色となってくぼんでしまいます。ひどくなると、名前の通り葉がどんどん落ちてしまい、茎だけになり、蕾もつかないことや、株自体が枯れてしまうことがあります。花や蕾につくことがあり、蕾につく際には開花しないか、開花しても花弁に斑点が出来たり、花がきれいに咲かなくなってしまいます。梅雨時期や秋の長雨など、多湿な時期に発生しやすいです。予防としては、密植をさけて、風通しを良くすること、また雨水からの感染もあるため、雨水の跳ね返りを防ぐなどの工夫も必要です。

ホトトギスの詳しい育て方

選び方

花がたくさん咲いているものより、花の数が少なくても株がしっかりできていて、葉につやのあるものを選びます。

種まき

ホトトギスの種は小粒なため、地面か大きめのプランターに適量蒔くか、ビニールポットで小分けにして蒔くことをお勧めします。種を蒔いた後は覆土をする必要はありません。

植え付け

鉢植えの場合は深く大きめの鉢での栽培が良いです。株を植え付ける際はあまり深く埋めず、株と表土の間が1cmくらいになるように埋めます。植え付け後、油かすなどの固形肥料を鉢の縁に置き肥します。

剪定・切り戻し

基本的に剪定は必要ありませんが、5月下旬から6月くらいに背丈をつめる摘心として茎を切り取っても問題ありません。

収穫

秋の花なので8月から10月くらいには開花しますが、品種によっては7月に開花してしまうものもあります。

増やし方(株分け、挿し木、葉挿しなど)

ホトトギスの増やし方は2通りあります。1つ目は、冬を越した苗を引き抜きと古い根の周りに新しい株が付いています。その株を分けて植える「株分け」になります。2つ目は、摘心として切り取った茎を鹿沼土に挿しておくと、新しい根が生えてきて苗となる「さし芽」という方法です。

  • 監修者:LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部アカウントです。編集部のスタッフが監修をしています。
監修している植物一覧を見る

人気の植物ランキング