家庭菜園特集

恋愛運アップ!?風水に良い観葉植物10選。

櫻井彩乃

櫻井彩乃

公開日 :

logo getty

観葉植物を育てるなら、部屋の気の流れもよくしたいですよね!植物がもたらす素敵な運気も一緒に取り入れましょう!!植物を置いて恋愛運をアップしませんか。

恋愛運アップと聞いただけでワクワクしながら育てられる気がします!

 

目次

植物がもたらす風水

風水良い観葉植物

 

植物がもたらす風水

恋愛運を呼び込む植物は、実がなったり、大きい葉がいいといわれています。植物も生きていますので部屋に置いたからといって、運気がアップするというわけではありません。しっかり管理してあげましょう!

目次に戻る≫

 

風水良い観葉植物

1.グリーンネックレス

グリーンネックレスは別名「緑の鈴」と言われています!

グリーンネックレスは別名「緑の鈴」と言われています!


また、グリーンネックレスには、風水で大切な幸せ要素“緑色・玉・揺れる”の3つが含まれているので、気の流れを良くする効果のある植物だそうです。

また、グリーンネックレスには、風水で大切な幸せ要素“緑色・玉・揺れる”の3つが含まれているので、気の流れを良くする効果のある植物だそうです。

グリーンネックレス

  • グリーンネックレスは名前の通り、グリーンピースのような玉状の葉が連なる姿が可愛らしい、人気の植物です。幅広い世代から知られる多肉植物で、観葉としても親しまれています。丈夫で育てやすく関東以南では戸外での管理も可能です。またお花も咲き、ほのかな芳香があります。 

 

2.シルクジャスミン(ゲッキツ)

太陽が大好きなので、一年中日が当たる場所に置いてください!寒さにも比較的強いのでどちらかといえば育てやすいです。  白い花が咲き、いい香りがします。甘い香りに包まれると幸せな気分になりますね。

logo getty

太陽が大好きなので、一年中日が当たる場所に置いてください!寒さにも比較的強いのでどちらかといえば育てやすいです。

白い花が咲き、いい香りがします。甘い香りに包まれると幸せな気分になりますね。

シルクジャスミン(ゲッキツ)

  • シルクジャスミン(ゲッキツ)は東南アジア原産の常緑の小高木です。葉に光沢があり、色は明るく濃いグリーンをしています。熱帯の植物なので高温を好みますが耐寒性もあり、関東以西では地植えで越冬が可能です。

    日当たりが良いと、夏にジャスミンに似た真っ白な花がを咲かせます。シルクジャスミン(ゲッキツ)の花には芳香があり、遠くからでも甘い香りがしてくるくらいです。地植えでも鉢植えでも育てられますが、花を咲かせるには日照が必要な為、屋外で管理した方が良いでしょう。冬には直径1㎝程度の小さな赤い実を付けます。

 

3.オリヅルラン

縁起のいい植物で有名ですよね。  葉の先は鋭いですが、垂れ下がっているので陰の気を持ちますので、気持ちを優しくおちつける効果があります。自分とも相手ともやさしい気持ちで向き合えるかもしれません。

縁起のいい植物で有名ですよね。

葉の先は鋭いですが、垂れ下がっているので陰の気を持ちますので、気持ちを優しくおちつける効果があります。

自分とも相手ともやさしい気持ちで向き合えるかもしれません。

オリヅルラン

  • オリヅルランは丈夫で、初心者でも育てやすい観葉植物です。大株でも小さな鉢植えでも、水耕栽培でも楽しめますので、「一家に一鉢」の基本的な植物と言っていいかもしれません。

    細長い茎(ランナー)を伸ばして、その先に子株をつけるのですが、それがまるで折鶴がぶら下がっているように見えるところから、名前がつきました。

    あまり目立ちませんが、春から夏にかけてランナーの節から、白くかわいい花を咲かせます。葉の縁に斑が入る「ソトフオリヅルラン」と、中央に斑が入る「ナカフオリヅルラン」の他に、斑の入らない種類のものや葉の先がカールする「ボニー」という品種もあります。

 

4.アンスリウム 

直射日光に弱いので、半日陰がいいです。  日陰ではお花が咲かないので、レースのカーテン越しがベストかもしれません。

 

直射日光に弱いので、半日陰がいいです。

日陰ではお花が咲かないので、レースのカーテン越しがベストかもしれません。


アンスリウムは様々な色のお花がありますが  恋愛運アップには“赤”か“ピンク”のお花を咲かせる種類を置いてみましょう。

logo getty

アンスリウムは様々な色のお花がありますが、恋愛運アップには“赤”か“ピンク”のお花を咲かせる種類を置いてみましょう。

アンスリウム

  • アンスリウムはトロピカルな雰囲気を醸し出す観葉植物です。

    熱帯に生息するサトイモ科の植物であり、赤やピンク色のハート型お皿のような仏炎苞(ぶつえんほう)が特徴的です。

    これは花ではなく、ここから細い尾のように出てきた黄色い突起が花になります。

    ギリシャ語の「anthos(花)」と「oura(尾)」から花の名前がつけられているそうです。

    また、アンスリウムは仏炎苞を含めた花が非常に魅力的ですが、成長期に栄養不足や日光不足になると花を咲かせなくなってしまいます。

    仏炎苞はホコリが溜まると汚れが目立つため、定期的に掃除をしてください。また、色が薄くなってきた仏炎苞は剪定してしまうことをおすすめします。

 

5.ドラセナ・マッサンゲアナ

幸福の木として有名なマッサンゲアナです。  花言葉は“幸せな恋”いい出逢いを引き寄せてくれるかもしれませんね。

logo getty

幸福の木として有名なマッサンゲアナです。

花言葉は“幸せな恋”いい出逢いを引き寄せてくれるかもしれませんね。

ドラセナ・マッサンゲアナ

  • ドラセナ・マッサンゲアナは、「幸福の木」とも呼ばれ、ネーミングが縁起よいため、新築祝いなどに送られることが多い人気のある観葉植物です。

    ドラセナの中でもポピュラーで、育てやすく初心者の方にもおすすめの観葉植物です。

    稀に白い花を咲かせますが、ドラセナは夜に開花し、強烈な甘い匂いを放ちます。

 

 

6.ウンベラータ

ウンベラータはハート型の葉です。  風水的には、出会い運アップの観葉植物だそうです。  丸い葉のウンベラータは、調和を引き寄せてくれるそうなので、絆を深めてくれそうです。

ウンベラータはハート型の葉です。

風水的には、出会い運アップの観葉植物だそうです。

丸い葉のウンベラータは、調和を引き寄せてくれるそうなので、絆を深めてくれそうです。

フィカス・ウンベラータ

  • フィカス・ウンベラータは熱帯アフリカの低地が原産の常緑樹です。葉が広く、ハート型をしており人気の高い観葉植物です。

    ウンベラータは美容室や各種サロン、雑貨屋、インテリアショップ、オフィスグリーンなどの定番の観葉植物となっており、CMや雑誌、マンション広告などにもウンベラータが出ており「ハイグレードな暮らし」をイメージさせる観葉植物となっているようです。

    ウンベラータは強健で日本の気候にも馴染みやすく、育てやすい観葉植物と言われています。生長も遅くはないので、しっかり仕立てると非常に美しい草姿になります。

 

7.モンステラ

良縁を運んでくるという言い伝えがあるそう。また、葉の切れ込みから希望の光が差し込むという説もあるそうです。  出逢い運に期待できそうですね。

良縁を運んでくるという言い伝えがあるそう。また、葉の切れ込みから希望の光が差し込むという説もあるそうです。

出逢い運に期待できそうですね。

モンステラ

  • 大人気の観葉植物モンステラ。こんな風に生えている自生地へ行ってみたいと思うほど、迫力があります。モンステラは熱帯アメリカに分布するつる性(または半つる性)の植物で、20~40種類あると言われています。葉は生長するにつれ、縁から切れ込みが入ったり穴があき、独特な面白い姿になります。
    モンステラは水が好きな植物ですが、大きな株になれば乾燥にも比較的強くなる強健な観葉植物です。モンステラは葉の縁に水孔(すいこう)と呼ばれる排水器官があり、朝方モンステラを見てみると葉の縁に水滴が付いていることがあると思います。全ての植物に水孔がついている訳ではないので、初めはビックリしてしまうかもしれませんが、モンステラの状態が悪くなっている訳では無くむしろ健康な証拠なので気にしなくて大丈夫です。

 

8.クワズイモ

クワズイモ葉っぱは、大きなハートの形をしています。  花言葉が、“仲直り・復縁”  復縁をしたいと思っている時に、植物を見つめながら自分と相手と向き合ってみてはいかがでしょうか。何か、見えてくるかもしれませんね!

クワズイモ葉っぱは、大きなハートの形をしています。

花言葉が、“仲直り・復縁”

復縁をしたいと思っている時に、植物を見つめながら自分と相手と向き合ってみてはいかがでしょうか。何か、見えてくるかもしれませんね!

クワズイモ

  • クワズイモの魅力を一言で表現するなら、「スタイリッシュで冬に強い」。サトイモ科の仲間ですが、土の中に塊状のイモを作るのではなく、棒状の根茎が地下から地上に伸びる性質を持っています。この棒状の根茎のデザインがおしゃれです。また、大きな葉っぱ(最大で60センチぐらい)も明るいグリーンで、ちょっとしたパラソルのようです。おしゃれな観葉植物として人気なのは、このデザイン性の高さもあると言っていいでしょう。冬に強いというのも大きなメリットです。観葉植物は熱帯地方原産のものが多く、そのため、日本で育てる場合「冬越し」がポイントになりますが、クワズイモは冬越しが大変に楽です。

 

9.ガジュマル

火の精霊キムジナーがいることで有名な観葉植物です。  多幸の木として、新婚さんに送ることもよくあるそうです。  御利益が期待できそうですね!

火の精霊キムジナーがいることで有名な観葉植物です。

多幸の木として、新婚さんに送ることもよくあるそうです。

御利益が期待できそうですね!

ガジュマル

  • ガジュマルは人気の観葉植物です。沖縄地方では「キジムナー」と呼ばれる火の精霊が宿るといわれています。

    ガジュマルは熱帯~亜熱帯地方に分布する常緑高木なので暖かくて日光のある場所を好みます。日光にあてること、水のやり方には気を配る必要がありますが、基本的には育てやすい観葉植物です。

    また、ガジュマルは、幹の途中から気根という根をだしています。気根が地中に付くと太くなり、ガジュマルの木を支える支柱根となります。

    地植えにされているガジュマルはこの気根が多く、風に揺れる気根は不思議な雰囲気を醸し出しています。

    ガジュマルはその太い幹と、まるく厚みがある濃い緑色をしている葉は、生命力を感じさせ、独特な形をしているので人気があります。

    鹿児島県沖永良部島の国頭小学校の校庭には樹齢100年を超える日本一のガジュマルが植えられています。

 

10.ポトス

ポトスは葉は垂れ下がっていますが、新芽が上へとどんどん成長しようとする陽の気がある植物です。  成長するパワーを借りて、幸せな愛情を育める相手と絆を強めていく力をもらえそうです。

ポトスは葉は垂れ下がっていますが、新芽が上へとどんどん成長しようとする陽の気がある植物です。

成長するパワーを借りて、幸せな愛情を育める相手と絆を強めていく力をもらえそうです。

ポトス

  • ポトスといえば、定番の観葉植物ですよね。初心者でも育てやすく、どんどん品種が増えて、新しい魅力的な品種も開発されているので、ベテランの園芸家も楽しめる植物です。

    仕立て方も、ハンギングで上から垂らしたり、逆にヘゴ仕立てなどで上に這わせていくなど、変化も楽しめますし、切って水に挿しておけば簡単に発根するといった楽しみもあります。

    もっとも飽きのこない観葉植物と言っていいでしょう。

    日本で販売されているポトスのほとんどは幼株で、葉が小さいですが、自生地などに生えている本来のポトスは葉の大きさが1m近くになる大型の観葉植物です。

    また、大きくなった葉はモンステラの様に縁から切れ込みが入ります。斑がマーブル模様に入った大きな葉に切れ込みが入っている姿は非常に美しく、今まで持っていたポトスのイメージを覆すものだと思います。

    一般家庭でそこまで大きくするのは至難の業ですが、温暖な環境下でへゴ支柱や庭木に這わせるようにすれば大きくなることがあるそうです。

     

目次に戻る≫

育て始めたら、あとはあなた次第です!

植物を育てるように、素敵な愛を育んでください!

関連ワード

「恋愛運アップ!?風水に良い観葉植物10選。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

櫻井彩乃
櫻井彩乃

小さい頃から花や植物が好きで、自然がある暮らしについて自ら発信する側になりたいと思う中でLOVEGREENと出逢う。ガジュマルを増やしたりジュエルオーキッドの株分けなどで植物の生命力に日々感動。食べられる花エディブルフラワーにも感動し自ら少しずつ育成中。週末は荒れた田舎の庭DIYや家庭菜園、旅行、ショッピングなどアクティブに過ごす。自ら感じたことを通した花植物のあるライフスタイル提案を目指す。

おすすめ