季節ごとに様々な魅力が発見できる!ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデンに何度も行きたくなる3つのスポット[PR]

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

15352views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

長野県大町市にあり季節の花や植物、そして大自然をたっぷり感じることが出来るこのガーデンは毎年、6ヶ月以上も前からガーデナーたちが花壇の植栽をデザインしたり、自社農場で花や植物をひとつずつ種から生産するなどスタッフ全員のこだわりの詰まったガーデンです。

2018年の見どころをご紹介します。

ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン

ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデンのラ・カスタ」は、美容サロン等でもおなじみの日本を代表するヘアケアブランド。

自然豊かな信州、北アルプスの麓にある「ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン」。11,000平方メートルもあるガーデン内にアロマガーデンやウォーターガーデン、ロックガーデン等、9つのテーマのガーデンがあり、様々な花や植物が植えられています。

2018年は3つのおすすめスポットをご紹介します。

 

【スポット1】季節の花が咲き乱れる“大花壇”

ラ・カスタには、自社農場があり、ガーデン内の草花のほとんどは自社生産されています。

年間を通して、毎年約500種類の草花が生産され、ガーデン内の花壇は、季節ごとにこまめに植え替えが行われています。

特にファクトリーから眺めることができる大花壇は、毎年、3~4回の大規模な植え替えを行って、いつ見ても季節の花が咲いているように計画されています。

色を意識した心配り

 そしてまた、大花壇では草花の配色にも心を配り、赤や黄色は活気を感じる色、青や白は心を静かにする色などというように、色彩のもつ心理的なものも考えながら、花壇ごとテーマ性を持たせています。「活気があり元気をいっぱいもらえるような花壇」、「心が優しくなってリラックスできるような花壇」などというように、花とその色彩から癒しを感じてもらえるようにデザインがされています。

2018年春のみどころは?

今年の春は、4月下旬から5月上旬に池の前の大花壇で、チューリップとワスレナグサ、ギリア・トリコロールが見頃を迎え、5月中旬から6月中旬にかけて、カフェテラスの前の大花壇で、カリフォルニアポピーやリナリア、キンギョソウなどが見頃を迎える予定です。

 

【スポット2】まろやかな“北アルプスの天然水”を味わおう!

北アルプスの麓にある『ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン』で誇れるものの一つに、美しく、清らかな『北アルプスの天然水』が、あげられます。

 北アルプスの雪解け水は、長い年月をかけて地層深く浸透し濾過され、地下で水脈となって流れています。100mの深さから汲み上げられた、この清らかな水を、『ラ・カスタ』では、化粧品づくりにも、ガーデンの維持管理にも、ふんだんに使用できるという恵まれた環境にあります

 ガーデン内には、この北アルプスからの雪解け水の美しさを感じることができる滝や池があります。滝の上には、北アルプスの天然水を飲むことができるスポットがあります。この水は、とてもピュアな軟水で、口当たりがまろやかです。

ガーデンの中央部に位置する池では、荘厳な滝の水しぶきと共に、澄みわたった美しい水面を眺めることができます。

滝の横には、小ガゼボと呼ばれる東屋があり、夏には滝の音を聞きながら、涼をとることができ、また、池のまわりには、さまざまな落葉樹が植えられているので、10月後半には美しい紅葉を見ることができます。

 

【スポット3】知る人ぞ知る人気の“コニファーガーデン”

知る人ぞ知るラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデンの人気のスポットの『コニファーガーデン』。

ラ・カスタのコニファーガーデンには、大小さまざまな26種類のコニファーが植えられています。

ガーデン内の植物といえば、どうしても草花やバラなどの花が咲く華やかな植物が注目を集めますが、コニファーは、それらにない荘厳さや、存在感があります。

葉の色彩の魅力

 葉色は銀色、黄色、黄緑色、オレンジ色、緑色などがあり、花はなくても、葉色だけで、十分に色彩を楽しむことができます。

樹形も様々

樹形は円錐形、半球形、匍匐性などの他にも、滝のように枝が垂れる性質の『アトラスシーダー ペンドゥラ』のような珍しいものもあります。

シンボルツリー“コロラドトウヒ ホプシー”

コニファーガーデンで、最も注目を浴びる樹木『コロラドトウヒ ホプシー』。

高さ5~6mの円錐形の樹形で、新葉は輝くような銀葉、コニファーガーデンに足を踏み入れた途端、目を引き付けられるシンボルツリーです。

来場の際には、コニファーガーデンのコロラドトウヒ ホプシーを是非見てほしいです!

冬のコニファーの様子

コニファーは常緑樹であるため、年間を通して、その美しさを楽しむことができ、晴れた冬の日は、冴えわたった青空の下、凛としてそびえたつコニファーたちが、本当に美しく見えます。

落葉樹や草花が眠りについている冬は、コニファーたちの存在が際立ちます。コニファーには、冬に葉色を変化させる種類があり、「エレガンティシマ」などは、春の新梢は黄金色、その後黄緑色に変わり、冬は褐色になります。また、黄色の葉のコニファーは、冬に葉色がとても鮮やかに変化します。

冬は閉鎖しているのですが、寒い冬を超えてみなさんに会える春を待っています。

 

2018年は4月21日(土)から開園!

今注目のラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデンは、予約制で人数制限されていることもあり、自然と癒しを満喫できる庭園です。

北アルプスの麓の澄み切った空気の中、「植物の生命力と癒し」をテーマにガーデナーのこだわりをもってデザインされたガーデンをお楽しみください。

ご予約はこちら

ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデン

  • 住所 : 長野県大町市常盤9729-2

【入園料】
大人・高校生/1,000円(税込)
小・中学生/500円(税込)
乳幼児は保護者同伴のうえ無料です。
ただし、特別イベント期間中は別途料金が設定されます。

【ご予約・お問い合わせ】
0261-23-3911

【その他】
ガーデン面積:11,000平方メートル
駐車場:60台
施設内は車いすで安心してご入園できます。(建物内は2階まで)
※車いすの貸出しをしております。
なお、数に限りがございますので、予約時にお問い合わせください。

 

▼関連ワード

「季節ごとに様々な魅力が発見できる!ラ・カスタ ナチュラル ヒーリング ガーデンに何度も行きたくなる3つのスポット[PR]」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

おすすめ