冬ですが、大船植物園・観賞温室は、ブーゲンビレアが見頃!

藤本成人

藤本成人

2719views
公開日 :
Tweet このエントリーをはてなブックマークに追加

神奈川県鎌倉市にある、大船植物園の観賞温室を訪れたことはありますか?冬でもハイビスカス、熱帯スイレン、ブーゲンビレア等を楽しむことができます。今回訪れた時は、ブーゲンビレアが見頃となっていました。

 

1.神奈川県立フラワーセンター大船植物園「観賞温室」

冬と言えば温室巡りということで、トイカメラを携えて、今回は神奈川県立フラワーセンター大船植物園「観賞温室」に、温室の植物を撮影に行きました。

ゲートを潜って真っすぐ観賞温室へ向いました。いつも何が咲いているのか楽しみです。

この日は、温室入口の前に植栽されているソテツが、何か違いました。

これほど寒いのに、生き生きとして見えました。

 

近付いて良く見てみると、赤い凄い形の実が沢山!!!!!

その姿は。。。モンスタードラゴンみたい!!!

流石遥か恐竜時代よりも前から、地球に居た植物。

 

圧倒的な怪物感。

ソテツの実、初めて見ました。

近付いて撮影を試みるのですが、鋭い刺に守られていました。

 

入口前から予想していなかった収穫。

今日はなかなか面白いものが撮影できそうだと、期待が膨らみました。

以前訪れた時に見たオージープランツ達はどうしているのかと、そのまま外周を確認して回りました。。。が、しっかり枯れ木でした。

温室内ではありませんので、当然ですね。

勿論こちらも実は付いていました。

全体的にマツボックリを連想させるものが多かったです。

例えばコチラ「イソポゴン アネティフォリウス」。

以前同じ場所で撮影出来た花は、このような姿でした。

 

2.観賞温室内へ

温室内で目に留まったのは、最近人気が定着したエアプランツ。

「チランジア テクトラム」が温室の窓から差し込む日差しに産毛を輝かせていました。

 

こちらも人気の「ウスネオイデス」。

大きな株を垂らしているビジュアルを、オシャレな雑誌等で見掛けますが、こちらの株も見事でした。

 

3.ブーゲンビレアの部屋

エアプランツ達を後にし、次の部屋に進みました。

そこは、ハイビスカスとブーゲンビレアの部屋。

今回は、ブーゲンビレアが見頃。

こんもりと茂った「メリーパーマー」を下から見上げました。

光を透かすと、美しい葉脈が際立ちます。

 

近付いてよくよく見てみると、花の様に見えたのは葉の一部で苞(ホウ)と呼ばれる部分。

花はこちらの様に、中に細長くある部分。

 

花弁が開けば、オシロイバナ科らしい姿を見せてくれました。

ピンクが更に眩しいブーゲンビレア「サンデリアナ」。

沖縄の在来種と言われています。

 

こんなに可憐な花ですが、枝には刺が!

この刺がなかなかに撮影を阻んでくれました。

 

その他にも、赤味の強い「レインボーピンクゴールド」。

季節によっては、色の変化が見られる筈ですね。

 

面白い名前の「オォーラーラ」。

タグにも「Oo-La-La」と書いてありました。感嘆を表している言葉から名付けたのでしょう。

そんな気持ちが沸き上がるピンク!

 

 

続きを読む

Pages: 1 2

「冬ですが、大船植物園・観賞温室は、ブーゲンビレアが見頃!」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
藤本成人
藤本成人

植物園やガーデンを訪れ、自らに課したコンセプト「未知花」に基づき、物語性の高い写真を撮影しています。そして更にその先へ繋がる表現として、何層にも重なる透明な樹脂の層に、様々な色の点を封じた点描による、植物画を制作しています。 https://www.facebook.com/michikapainter