何これ!?と叫びたくなる植物、その名も「奇想天外」

NAO.FaEDe(なおふぁえで)

NAO.FaEDe(なおふぁえで)

10915views
公開日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

皆さんはこの不思議な姿の植物を見た事がありますか?
Welwitschia mirabilis

奇想天外過ぎて和名ではなんと、そのまんま「キソウテンガイ」と名前が付いています。世界的にはウェルウィッチアの名前で知られている、このヘンテコな植物をご紹介します!
Welwitschia mirabilis

 

「ウェルウィッチア」ってどんな植物?

まるでファンタジーゲームやおとぎ話に出てきそうな、見た目からして変な植物です。魔法が使えそうですね。
Welwitschia mirabilis

 

接近して見るとこんな感じです。
Welwitschia mirabilis (Gnetales) - young plant

 

ウェルウィッチアは裸子植物の仲間でウェルウィッチア科の現生種はこの1つのみなのだそうです。遠くアフリカのナミブという砂漠で暮らしています。
Welwitschia mirabilis Hook.f.

 

ウェルウィッチアの驚くべきその姿

まず目が行くのは、このニョロニョロと伸びた葉です。
Welwitschia mirabilis Hook.f.

 

ウェルウィッチアの高さは大きくなっても1.5mを超えませんが、直径はなんと8mにもなるそうです。その不思議なサイズは葉に秘密があります。
ウェルウィッチアは左右にそれぞれ1枚ずつ葉を出します。その葉が大きいものだと4mにもなるんです。そして更に驚きなのは、ウェルウィッチアの葉は生涯この2枚だけという事。
Welwitschia mirabilis (Gnetales) - young plant

 

寿命が非常に長いので、その間に風や擦れによって葉先が徐々に裂けてくる為、一見すると何枚も葉がある様に見えますが、たったの2枚しかありません。
Welwitschia mirabilis Hook.f.

 

とっても長生きな生きた化石

ウェルウィッチアは約1億年前に出現したと言われています。その姿を殆ど変える事なく現代まで生き続けている事から、生きた化石とも呼ばれています。
Welwitschia mirabilis Hook.f.

 

そしてその寿命はなんと1,000年以上と考えられているそうです。確かに見た目にもとても威厳のある感じがしますね。一説には2000年の歳月を超えてきた個体がいる可能性もあるそうです!2000年前…はるか太古の昔ですね。
Welwitschia Mirabilis close-up

図2

 

続きを読む

Pages: 1 2

「何これ!?と叫びたくなる植物、その名も「奇想天外」」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

NAO.FaEDe(なおふぁえで)
NAO.FaEDe(なおふぁえで)

1984年生まれ。スタイリスト/ボタニカルデザイナー。植物をメインにしたスタイリング(人物撮影、空間等)や、未加工の植物を使用したアクセサリー製作を行っている。各クリエイターが集う“植物との融合”をテーマにした「MONSTROSA」のメンバー。 http://naofaede.com/ https://monstrosatokyo.wordpress.com/

 

オススメ特集