「タンブルウィード」というコロコロお散歩する植物

NAO.FaEDe(なおふぁえで)

NAO.FaEDe(なおふぁえで)

6721views
更新日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

新たに芽を出し、子孫を残す為に種を作るまで、植物は1つの決めた場所で一生を送ります。

だけど植物の世界にも変わり者は居て、なんと大地を自由奔放に風まかせに道をゆく植物があります。

Tumbleweed

 

風に吹かれてコロコロ

西部劇でよく登場するコロコロ転がっている植物。

名前を「タンブルウィード」といいます。訳すと「回転草」です。その名の通り地面を転がって移動します。

Urban Tumbleweed

 

「タンブルウィード」はオカヒジキの仲間ですが、全然そうは見えません…。何故こんな風にコロコロしているのか不思議ですよね。タンブルウィードはふだんはちゃんと根を張っています。

Tumbleweeds

株がボールのように成長していき、時期が来ると枯れて軽くなります。

Antelope tumbleweed

風によって茎が折れ、大地をコロコロと転がっていきます。

tumbleweed

タンブルウィードは、こうする事で種を撒き散らします。より広範囲に子孫を残す為の工夫なんですね。

Tumbleweed

 

タンブルウィードってこんな植物

道端にこんな植物が居たら面白いですよね。

Tumbleweed

 

残念ながら、タンブルウィードは日本での自生や栽培がされていないそうなので、現物が見たい場合は海外へ行かなければなりません。

Tumbleweed

 

アメリカ原産ではなくロシアから持ち込まれたといわれています。ロシアアザミという別名もあります。

tumbleweed

 

タンブルウィードは、低木で乾燥地や塩性地に生えていて、家畜の飼料として栽培を試みた事もあるそうです。

Tumbleweed

 

行く手を塞ぐコロコロする「タンブルウィード」

時に大量発生で道路じゅうをコロコロし、現地の人々を困らせてしまうタンブルウィード。

Tumbleweed

 

タンブルウィードが固まって、車が通れなくなるほどになるそうです。

Tumbleweed Gully

 

こんなに大きなタンブルウィードも!時には車位大きくなる事もあるんだとか…。

tumbleweeds

 

図2

 

続きを読む

Pages: 1 2

「「タンブルウィード」というコロコロお散歩する植物」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

NAO.FaEDe(なおふぁえで)
NAO.FaEDe(なおふぁえで)

1984年生まれ。スタイリスト/ボタニカルデザイナー。植物をメインにしたスタイリング(人物撮影、空間等)や、未加工の植物を使用したアクセサリー製作を行っている。各クリエイターが集う“植物との融合”をテーマにした「MONSTROSA」のメンバー。 http://naofaede.com/ https://monstrosatokyo.wordpress.com/