みんなはどうしてる?多肉植物の冬越し

haru

haru

8907views
更新日 :
このエントリーをはてなブックマークに追加

 

多肉植物にとって、「冬越し」と「夏越し」は大きなミッション。そろそろ冬越しの準備しないと~!と思いつつ、何をすれば良いのかわからない、なんてことも。多肉植物の冬越しの方法と注意点について紹介します。

 

多肉植物の冬越し

他の植物よりも枯れにくいという理由で、育てやすいと言われている多肉植物。しかし、きちんときれいに育てるには、他の植物と同様に季節ごとにお手入れをする必要があります。今回は、多肉植物の冬の管理、「冬越し」について紹介します。

DSC_7034

 

冬越しの方法

室内編

室内に移動する場合は、基本的に昼間などは日に当たる窓辺などに置きましょう。人が生活する空間だとどうしても暖房などを使うために暖かくなりすぎたり、温度の上下が激しくなってしまいます。その場合は、ほかの部屋に移動したり、暖房などの影響を受けにくい環境を作りましょう。

ベランダ・屋外編

室内に移動したいけどそんなスペースないよ!という方も多いかと思います。その場合は、外での冬越しになります。

少しでもつめたい風から守るために、温室を使っている方は多いのではないでしょうか。ビニール製の温室は風からは守れますが、温度に関してはあまり外と変わりません。あまりに寒い場合は、日の当たらない時間は温室の上から毛布をかけたり、梱包用のプチプチを使って囲ったりすると良いようです。また、キャンプなどで使われる銀マットやアルミシートは、保温、断熱効果があるので、鉢の下に敷いておくと保温になります。

Greenhouse

 

昼は屋外、夜は室内

たくさんあると移動が大変になりますが・・・昼間は日に当てたいので外、夜は寒さを凌ぐために室内に、という方法も。

わが家では、100均などのクリアケースに鉢ごと入れておき、それごと出し入れします。昼間は外に、夜はふたを閉めて玄関に重ねて置いてあります。ケースに入らない大きいものは寒さ対策をしてベランダにあります。

%e3%81%8b%e3%81%95%e3%81%ad

 

注意点

過保護にしすぎない

いくら寒いからといって過保護にしすぎないこと!過保護にして育てていると、環境に甘えてしまい、多肉植物がどんどん弱い株になっていってしまいます。基本はスパルタ!ただ、枯れないようにだけ守ってあげてください。

太陽にはあてる

室内などに移動してしまうとどうしても太陽に当たりにくくなってしまいます。しっかりと太陽にあて、凍らない・枯れない程度の寒さにあてることで本来の美しさを発揮します。

DSC_3531

 

いかがでしたか?色々な方法がありますので、それぞれの環境に合った方法を試してくださいね。

15322390_357148194662235_1626290876_o

 

▼多肉植物の管理について

 

花・植物を、もっと楽しみたい!!

室内で楽しもう!

屋外で楽しもう!

花・植物を楽しむアウトドア編では、庭やガーデニング、玄関・ポーチのアレンジやベランダなど主に屋外で楽しめる情報をまとめました。

こんな素敵なガーデンにしたい!といったアイデア、アレンジから害虫が出てて困っている、庭木の剪定はどうしたらいいの?といった悩みなど盛りだくさん。

コチラから
ボタン

「みんなはどうしてる?多肉植物の冬越し」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

haru
haru

東京農業大学農学部で園芸療法の勉強をしている大学4年生です。学校では環境に合う植栽を考えて植物を育てたり、植物を使った創作活動などをしています。小さいころから園芸・多肉好きの母の影響で家でも植物を育てています。庭やガーデニングに関する記事を中心に書いていきます♪