植木鉢の種類・大きさ別にみるメリット・デメリット

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

植物を迎えるとき、一緒に気になるのは「鉢」。いざ鉢売り場に来たら種類がたくさん!どれを選んだらよいのでしょうか。鉢ごとにも特徴があり、メリットとデメリットがあります。植物の育ち方や好みに合わせて選んであげることも大事。よく見かける鉢の種類と大きさについて見ていきましょう。

目次

鉢の種類

まずは鉢の種類について。よくみかけるプラスチック鉢・素焼き鉢・テラコッタ鉢・スリット鉢のメリットとデメリットをご紹介。

プラスチック鉢

プラスチック鉢のメリット

・軽いのでハンギングにも向いている
・鉢内の温度が上がりやすい
・水もちがよい

プラスチックの鉢のよいとことは何といっても「軽い」こと。そのため、ハンギングにも適しています。様々な種類の植物に使えることもあり、植物に合わせた専用の鉢も市販されています。最近ではテラコッタ鉢のようなおしゃれなデザインのものなど、形、色、サイズも豊富にあります。縦長のロングタイプは根が背が高いものや、根が太いものにもよいでしょう。

プラスチック鉢のデメリット

・通気性が素焼き鉢より悪いため過湿に注意
・高温時は熱で根が傷むこともある

デメリットとしては、プラスチックなため、側面からの排水・通気性はありません。そのため、蒸れやすくはなります。同時に夏場の高温時は鉢の温度が上がりやすくなり、高温で根が傷んでしますこともあります。夏場は水やり、置き場などの管理が少し難しい鉢ですので気を付けましょう。

アスファルトの上に直置きしてしまうと、日光の照り返しによってさらにダメージが大きくなってしまいます。ラックやスタンドなどを利用しましょう。
デメリットとしては、プラスチックなため、側面からの排水・通気性はありません。そのため、蒸れやすくはなります。同時に夏場の高温時は鉢の温度が上がりやすくなり、高温で根が傷んでしますこともあります。夏場は水やり、置き場などの管理が少し難しい鉢ですので気を付けましょう。  アスファルトの上に直置きしてしまうと、日光の照り返しによってさらにダメージが大きくなってしまいます。ラックやスタンドなどを利用しましょう。

 

大和プラスチック 鉢・プランター フレグラーポット 43型 φ430×H430 ダークブラウン

 

素焼き鉢

素焼き鉢のメリット

・排水性がよい
・鉢内の気温が上がりすぎない
・通気性がよいので、根腐れしにくい
・過湿を防止してくれる

鉢の中でも最もポピュラーな鉢である素焼き鉢。幅広いジャンルの植物に使え、使い勝手も良い鉢です。山野草や洋ラン・胡蝶蘭などは特に向いています。

素焼き鉢は粘土を焼いてつくられています。表面全体が気孔質で、鉢自体に小さな穴が開いているので、排水性と通気性には優れています。通気性が良い分、乾燥しやすいため乾燥を好む種類の植物にも向いているでしょう。

素焼き鉢のデメリット

・プラスチック鉢に比べると重たい
・割れやすい
・高温多湿がつづくとカビが生えることもある
・鉢自体に小さな穴が開いているので菌が入ることもある

素材は粘土のため、プラスチック鉢に比べると重たくなります。欠けたり割れやすいのもデメリットのひとつ。屋外管理の場合、素焼き鉢の特調でもある気孔に雑菌などが残ることもあり、病気の発生の原因になることも。病気が発生した植物を育てていた鉢は使いまわさず処分したほうがよいでしょう。
素材は粘土のため、プラスチック鉢に比べると重たくなります。欠けたり割れやすいのもデメリットのひとつ。屋外管理の場合、素焼き鉢の特調でもある気孔に雑菌などが残ることもあり、病気の発生の原因になることも。病気が発生した植物を育てていた鉢は使いまわさず処分したほうがよいでしょう。

 

洋蘭 観葉植物 素焼き鉢 4.0号 1枚 植木鉢

 

テラコッタ鉢

テラコッタ鉢のメリット

・デザイン性が高く種類も豊富
・素焼き鉢よりやや丈夫で水持ちがよい

テラコッタとは、イタリア語で、焼いた(cotta)土(terra)を意味すると言われています。海外から入ってきた素焼きの鉢をテラコッタと呼んだり、洋風のデザインのものもそう呼ぶこともあります。浅いものから深いもの、レリーフが彫られていたり様々な装飾が施されているものなどデザインやサイズも豊富なのも人気の理由。素焼き鉢より目が細かいので水持ちはよいです。

テラコッタ鉢のデメリット

・プラスチック鉢に比べると重たい
・素焼き鉢より通気性・排水性が悪い
・苔が生えることもある

テラコッタ鉢は、素焼き鉢よりも重みがあります。そのため大きい鉢の場合は移動が大変になります。キャスター付きの台の上に置くと移動も楽です。水もちが良い分、排水性は素焼き鉢ほど優れません。乾燥を好む植物に使う場合は土を工夫するなどして過湿になりすぎないようにしたほうがよいでしょう。長期間雨ざらしにしていたり、湿度が高い場所で管理していると苔が生えることもあります。
テラコッタ鉢は、素焼き鉢よりも重みがあります。そのため大きい鉢の場合は移動が大変になります。キャスター付きの台の上に置くと移動も楽です。水もちが良い分、排水性は素焼き鉢ほど優れません。乾燥を好む植物に使う場合は土を工夫するなどして過湿になりすぎないようにしたほうがよいでしょう。長期間雨ざらしにしていたり、湿度が高い場所で管理していると苔が生えることもあります。

 

クレエ テラコッタ鉢 L ピンク

 

スリット鉢

スリット鉢のメリット

・水はけがよい
・根を巻かないような設計になっている
・自然と同じような根の成長ができる

スリット鉢は、プラスチック製でサイドに深いスリットが入っているものです。スリットの間には仕切りのような板もあります。色は深いグリーンのものが主流です。根を巻くというのは、植え替え時に鉢から抜いたときに根っこが鉢の側面に沿ってぐるっと円を描くように回っていると思います。スリット鉢の場合は根っこがぐるっとならないように作られています。自然環境に近いまっすぐ下へ根が伸びるようになっています。そのため生育もよくなり、花付き、実付きにも効果が期待されるため、果樹などの栽培にもおすすめです。

スリット鉢のデメリット

・スリットから土が流れ出ることがある

見ての通りのスリットの深さ。植えた直後は多少は土が漏れることもあります。じゃあ、軽石やネットを敷けばとなりますが、そうすることでスリット鉢の良さがなくなってしまいますのでできれば鉢底石は敷かずに使うことをおすすめします。土が漏れて困る場合は受け皿を使うとよいでしょう。
見ての通りのスリットの深さ。植えた直後は多少は土が漏れることもあります。じゃあ、軽石やネットを敷けばとなりますが、そうすることでスリット鉢の良さがなくなってしまいますのでできれば鉢底石は敷かずに使うことをおすすめします。土が漏れて困る場合は受け皿を使うとよいでしょう。

 

リッチェル バラ鉢 8号 φ240×240H ダークグリーン

目次に戻る≫

 

 

\鉢の大きさによるメリットデメリットって?/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「植木鉢の種類・大きさ別にみるメリット・デメリット」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ