9月12日の誕生花|クズ(くず・葛)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

9月12日の誕生花は「クズ(くず・葛)」です。「クズ(くず・葛)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

9月12日の誕生花

9月12日の誕生花は「クズ(くず・葛)」。

「クズ(くず・葛)」の花言葉は「芯の強さ」「快活」。

 

クズ(くず・葛)について

科・属  マメ科・クズ属
和名  葛
英名  kudzu
学名  Pueraria montana var. lobata
原産地  日本、中国、朝鮮半島
開花期  8月~9月

 

クズ(くず・葛)の特徴

クズ(くず・葛)はマメ科の多年生つる植物で、秋の七草のひとつです。花は赤紫色で甘い香りがし、根からは漢方薬が作られているそうです。クズ(くず・葛)のつるはひと夏で10mぐらい成長し、まわりの木々をおおってしまうぐらいの生命力があります。クズ(くず・葛)の花名の由来は、今の奈良県である、大和国吉野川上流の国栖(くず)が葛粉の原産地であることが由来しているようです。英語でも日本語の「クズ」の読みから「kudzu」です。属名のPuerariaは、19世紀のスイスの 植物学者マルコ・プエラリから、montanaは 山を意味し、山林や森などの自生地を表しています。

 

クズ(くず・葛)の種類

山中などでクズ(くず・葛)の花は紫色が混じり合って美しく目を引き、秋の七草として愛でられていたこともうなづけます。一般的な紫花のほかに白花のシロバナクズ、薄く白色が入り桃色のトキイロクズ(朱鷺色葛)などがありますが、現在では観賞の対象としてよりも、その草勢から外来種として扱われることも多くなってきました。

 

葛餅の原料

葛粉とは、クズの肥大した塊根からとったデンプンで、和菓子の葛餅の原料としても知られています。しかし実際葛の粉が使われるのは関西のエリアで、関東の葛餅は小麦でんぷんで作られるのが一般的だそうです。見た目も違い、葛粉を使った葛餅は透明感があります。特に吉野葛は今でも良質の葛粉として有名です。

 

クズの別名「うらみぐさ」

クズ(くず・葛)の葉は大きく、風に吹かれると見える葉の裏は、白い毛を密生しているため白っぽく見えます。そのため古来より「裏見草」と呼ばれていました。平安時代の和歌には、この「うらみ」と「恨み」をかけて葛が多く詠まれています。

▼クズ(くず・葛)の育て方など詳しい情報はこちら

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「9月12日の誕生花|クズ(くず・葛)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ