繊細なウニのような見た目をしたティランジア|フクシー・グラシリス

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

Tillandsia fuchsii var. gracilis

百均でも販売されているポピュラーなティランジア、フクシー・グラシリス。グラシリスという名前の通り、非常に細く繊細な葉をしています。普及種ではあるものの、栽培に若干のコツが必要なため枯らしてしまう人も多いティランジアです。

原産地はメキシコ南部~グアテマラとなっており、温暖で湿度の高い環境を好みます。そのため冬越しの際に窓辺に置いていて寒さに当たってしまったり、水やりの回数を減らして乾燥させてしまったりして枯らしてしまうということがあります。

空中湿度を保つには素焼き鉢やプラ鉢の2/3ぐらいまで小粒の軽石を入れ、その上に水苔を薄く敷いてフクシー・グラシリスを乗せるのがおすすめです。水やりの頻度は2~3日に一度を目安にして、葉先が枯れてくるようであれば葉水を増やして様子を見ましょう。

 

▼編集部のおすすめ

 

 

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「繊細なウニのような見た目をしたティランジア|フクシー・グラシリス」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

関連サービス

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A

ミドラス