キングサリの花言葉|種類、花の特徴、名前の由来

アバター画像

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

キングサリの花言葉や種類、、花の特徴、名前の由来をご紹介。キングサリは、初夏に枝から下に垂れるように黄色の花を咲かせるマメ科キングサリ属の落葉樹。

目次

キングサリの花言葉

「キングサリ」の花言葉は「淋しい美しさ」「相思相愛」

目次に戻る≫

キングサリについて|基本情報

科・属 マメ科・キングサリ属
和名 金鎖、黄花藤
英名 Golden chain tree
学名 Laburnum anagyroides
原産地 ヨーロッパ
開花期 5月

目次に戻る≫

キングサリとは|花の特徴、名前の由来

canva キングサリ

キングサリはヨーロッパ原産のマメ科キングサリ属の落葉樹で、枝から下に向かって黄色の花を咲かせます。花が咲く時期は5月頃で満開の時は圧巻の風景です。藤に似た花姿からキバナフジ(黄花藤)と呼ばれることがあります。

 

canva キングサリ

房状の黄色い花が鎖(chain)にみえることから、「golden chain tree」という英名で呼ばれるようになりました。その英名を訳して「金色の鎖の木」、訳して「金鎖」と言われるようになりました。

ヨーロッパではラバーナム(Laburnum)の名で呼ばれ、イギリスのウェールズにあるボドナント・ガーデン(Bodnant Garden)の長さ55mに渡るキングサリのアーチ(Laburnum Arch)は有名な観光名所となっています。

花が美しいキングサリですが有毒植物です。口に入れることのないように注意してください。

目次に戻る≫

キングサリの種類

キングサリは、種類によって樹高や花穂の長さが変わります。広く栽培されているものは花穂が20cmくらいのものですが、花穂が長いものだと60~70cmにもなるものもあります。

 

▼キングサリの育て方

 

▼キングサリの関連記事

 

▼366日誕生花一覧


▼前向きな花言葉一覧

 

目次に戻る≫

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「キングサリの花言葉|種類、花の特徴、名前の由来」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

アバター画像
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧