1月29日の誕生花|キンカン(金柑)

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

logo getty

1月30日の誕生花は「キンカン(金柑)」です。「キンカン(金柑)」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

1月29日の誕生花

1月29日の誕生花は「キンカン(金柑)」。

「キンカン(金柑)」の花言葉は「思い出」「感謝」。

 

キンカン(金柑)について

科・属  ミカン科・キンカン属
和名  金柑
英名  Kumquat cumquat
学名  Fortunella
原産地  中国
開花期  7月~8月

 

キンカン(金柑)の特徴

キンカン(金柑)はミカンの木に似ていますが葉はミカンの葉より小さく、7月から8月頃に小さな白い花が咲く樹木です。常緑低木なので樹丈が1~2m位です。楕円形の形をしているキンカン(金柑)の葉は、冬の間でも付いています。キンカン(金柑)の実はミカンのようにオレンジ色で、鶉の卵位の大きさです。実の中には種が入っています。キンカン(金柑)の一番の特徴は、家庭の庭で簡単に育てて楽しむことができ、果物の生る樹木であることです。実は皮まで食べられます。耐寒性があるので育てやすく、病害虫にも比較的強い果樹です。

キンカン(金柑)の種類

キンカン(金柑)の種類は沢山ありますが、鑑賞用と食用に分けられます。

食用のものは、球形~卵型、長球形の10g前後の実をつけます。観賞用のものは、盆栽などに向くような小さな実をつけるものや、ミカンのような大きな実をつけるものもあります。観賞用の品種の実は食用には適しません。

▼キンカン(金柑)の育て方など詳しい情報はこちら

キンカン(金柑)

  • キンカンはミカンの木に似ていますが葉はミカンの葉より小さく、7月から8月頃に小さな白い花が咲く樹木です。常緑低木なので樹丈が1~2m位です。楕円形の形をしているキンカンの葉は、冬の間でも付いています。キンカンの実はミカンのようにオレンジ色で、鶉の卵位の大きさです。実の中には種が入っており キンカンの一番の特徴は、家庭の庭で簡単に育てて楽しむことができ、果物の生る樹木であることです。実だけでなく、皮まで食べられます。耐寒性があるので育てやすく、病害虫にも比較的強い果樹です。キンカンの種類は沢山ありますが、鑑賞用と食用に分けられます。

▼キンカン(金柑)の関連記事

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「1月29日の誕生花|キンカン(金柑)」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ