4月17日の誕生花|アイリス

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

gi_logo_grey

4月17日の誕生花は「アイリス」です。「アイリス」について、花言葉や基本情報、色別の花言葉、豆知識など気になる情報をご紹介!

 

4月17日の誕生花

4月17日の誕生花は「アイリス」。

「アイリス」の花言葉は「恋のメッセージ」「吉報」。

 

アイリスについて

科・属  アヤメ科・アヤメ属
和名  文目
英名  Iris
学名  Iris
原産地  東アジア、ヨーロッパ
開花期  4月~7月頃(種類による)

 

アイリスの特徴

アヤメ科の多年草で、花期は春~初夏です。すらりとした姿で、鮮やかな色の花を咲かせます。アヤメ科には、アヤメやアイリス、ハナショウブ、ジャーマンアイリスなど様々な植物があります。アイリスはそれらを総称したものとされています。

花色が七色の虹をイメージさせるアイリスの花名は、ギリシャ語の「イリス(虹)」に由来していると言われます。

 

アイリスの種類

アイリスの中でも有名な種類は、アヤメ、カキツバタ、ハナショウブ、ジャーマンアイリス、ダッチアイリス、イチハツ、シャガなどがあります。紫色の花を咲かせる種類の多いアヤメ科ですが、その中でもジャーマンアイリスは紫や青、青紫、白のほかに赤やオレンジ、ピンク、黄色などとても色鮮やかな花を咲かせます。

▼アイリスの育て方など詳しい情報はこちら

アイリス

  • アイリスはアヤメ科アヤメ属の総称です。アイリスの仲間は世界に約170種あり、その中の何種かは日本にも自生しています。アイリスは地下に球茎を作るという特徴があり、球根植物として扱われる多年草です。

    通常アイリス(アヤメ)というと春から初夏にかけて湿地に咲く花というイメージですが、一概に湿地に咲くものばかりではありません。日本に自生するアイリスの中でも有名なアヤメ(Iris sanguinea)や、ジャーマンアイリス(Iris germanica Hybrid)などは、やや乾燥した草地を好みます。アヤメとよく似たカキツバタ(Iris laevigata)は浅い水辺を好みます。

    アイリスというと、アヤメ(Iris sanguinea)、カキツバタ(Iris laevigata)、ジャーマンアイリス(Iris germanica Hybrid)など、様々な種類があり、その性質や特徴も多様です。

     

     

▼アイリスの関連記事

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「4月17日の誕生花|アイリス」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

『誕生花・花言葉』デイリーアクセスランキング

おすすめ