葉書の始まりでもあり、文字を書ける葉「多羅葉(たらよう)」って知ってる?

峰亜由美

峰亜由美

公開日 :

「葉書(はがき)」切手を貼って送る長方形の少し厚い紙、年賀状に届くお馴染みの葉書は大切なお便りを書いたり、お知らせをしたり、ポストカードとも呼ばれておりますが葉書って何だか素敵な言葉ですね。日本語のロマンチックさは小さな言葉からも感じ取る事が出来て豊かな気持ちに誘われます。

今回は葉書の「葉」って何の葉なのか?実は「多羅葉(たらよう)」という樹木の葉が始まりだと言われています。

ぼんやりと過ごす休日に頭の中を巡らせてしまう様な素敵な植物のお話をご紹介したいと思います。

 

目次

葉書の始まりって知ってる?

多羅葉(たらよう)ってどんな植物?

実際に文字を書いてみました

多羅葉(たらよう)のまとめ

 

葉書(ハガキ)の始まりは「多羅葉(たらよう)」の葉

葉書の始まりは「多羅葉(たらよう)」という樹木の葉の裏に傷をつけて言葉を書き、日本では平安時代に相手に渡して伝えた事が始まりと言われています。

木の葉を手にして文字を書き記す、、、イメージするだけでも素敵な光景ですね。

葉に傷をつけて文字を残すだけならば、他の葉でもいいのでは?とも思ってしまいますが、実は多羅葉(たらよう)の葉は特別な成分を含む為、傷をつけると短い時間で色が黒く変色し、すぐに文字が浮かび上がる特性とその文字が消えずに長く残る性質から言葉を保存する葉として選ばれる様になりました。

それから、説明の中に先ほどから出てくる「言葉」という文字は口に出して言った事を葉(多羅葉)に書き記した事から生まれた様子を表し名づけられました。

ということは「言葉」の葉も多羅葉の葉という事になりますね。

日本語って一つ一つに絵画の様に美しい景色が浮かび上がってきませんか?植物が由来の素敵な言葉は他にも沢山あります。

お気に入りのエピソードを探してみても楽しいですね。

目次に戻る≫

多羅葉(たらよう)ってどんな植物

■和名 多羅葉(たらよう)  ■学名 Ilex latifolia  ■属性 もちのき科もちのき属  ■常緑高木  幹の高さは10m程に高くなる常緑高木です、花の時期は4月~5月に淡い黄色の花を咲かせます。多羅葉の葉は肉厚で2o㎝程の長細い楕円型をしていて葉の縁は小さなギザギザが付いています。木の葉の裏は傷つけると短い時間で黒く変色してくっきりと浮き出る性質があります。  秋には8mm程の丸い赤い実が実ります。

■和名 多羅葉(たらよう)

■学名 Ilex latifolia

■属性 モチノキ科モチノキ属

■常緑高木

幹の高さは10m程に高くなる常緑高木です、花の時期は4月~5月に淡い黄色の花を咲かせます。多羅葉の葉は肉厚で2o㎝程の長細い楕円型をしていて葉の縁は小さなギザギザが付いています。木の葉の裏は傷をつけると短い時間で黒く変色してくっきりと浮き出る性質があります。秋には8mm程の丸い赤い実が実ります。

 

目次に戻る≫

実際に文字を書いてみると

先が尖ったもので文字を書いてみました。  このように、くっきりと文字が浮かび上がります。  ペンで書いたみたいにくっきりしていますね。

先が尖ったもので文字を書いてみると、この様にくっきりと文字が浮かび上がります。

ペンで書いたみたいにくっきりしていますね。

書き始めよりも時間がたつにつれて、だんだんと文字の色は濃くなって来ます。

 

目次に戻る≫

多羅葉(たらよう)まとめ

多羅葉(たらよう)は傷をつけると黒くくっきりとした線が浮き出る性質から、日本では平安時代にお経を書き残したり、火であぶると黒い模様が浮き出たり、その模様で占いをしたりする植物として神社仏閣で植えられ特別な樹木として大切にされていたと言われています。

後に、その性質からお経だけではなく、伝えたい相手に言葉を書き記し渡したことが、現在は行いだけが残り、暮らしに合わせて紙へ姿を変え手渡し等から切手を貼って遠く離れた人へ言葉を届ける伝達ツールとして現在も尚、葉書は姿を変えながら使い続けられています。

葉書も今では電子メールやsns等の速いスピードでの伝達手段に姿を変えつつ有りますが、時にはお気に入りの万年筆やペンを使ってゆっくりと葉書に書き記し、遠く離れたお友達や家族へ時間を交換するようなコミュニケーションも素敵ですね。

 

目次に戻る≫

 

▼編集部のおすすめ

 

▼関連ワード

「葉書の始まりでもあり、文字を書ける葉「多羅葉(たらよう)」って知ってる?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LINE@
峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

おすすめ