2019年の芒種(二十四節気)はいつ?|暦のある生活

小野寺葉月

小野寺葉月

このライターの記事一覧

公開日 :

暦(こよみ)は中国から日本に渡ってきたものです。季節を記録するものとして太陽暦(新月の日を1日としてひと月を定めたもの)を用いていました。太陽暦の一年間、春夏秋冬を二十四分割したものを、二十四節気(にじゅうしせっき)と呼びます。この場合、一年は二十四節気の「立春」から始まり「大寒」で終わります。季節をより身近に感じることのできる、二十四節気をご紹介します。

目次

二十四節気とは?

二十四節気とは、春夏秋冬一年間を二十四分割したもののことです。

二十四節気は、小寒・大寒・立春・雨水・啓蟄・春分・清明・穀雨・立夏・小満・芒種・夏至・小暑・大暑・立秋・処暑・白露・秋分・寒露・霜降・立冬・小雪・大雪・冬至です。春分や夏至、秋分や冬至などよく耳にすることばもありますね。中国から伝わった二十四節気は日本の気候に合わないものもあったので、農耕が盛んだった日本では「雑節(ざっせつ)」という暦を合わせて、日本では旧暦として用いていました。雑節には節分や彼岸などがあります。

七十二侯もある

二十四節気をそれぞれ三分割したものを七十二侯(しちじゅうにこう)といいます。

24 × 3 = 72

一年間を七十二個に分けたもので、初侯・次侯・末侯という三つの侯があります。春分も初侯・次侯・末侯に分けることができます。

芒種の場合

初侯-蟷螂生ず (かまきりしょうず) 
蟷螂が卵から生まれてくる時期

次侯-腐草蛍と為る (ふそうほたるとなる) 
ホタルが飛び交う時期

末侯-梅子黄なり (うめのみきなり)  
梅の実が成熟して黄色くなる時期

腐草蛍と為る。草が腐り、蛍になることを言います。蛍は幼虫時期を水中ですごし、蛹になる手前で上陸し、土の中にもぐって蛹になります。羽化して土から出てくる蛍を見て、昔は腐った草、朽ちた草が蛍に変化して飛び立つものとして考えられていたそうで、蛍は別名「朽ち草」とも言われています。

目次に戻る≫

芒種(ぼうしゅ)とは? どういう意味? 

芒種は二十四節気の第9節目です。

「芒ある穀るい稼種する時なればなり(のげあるこくるいかしゅするときなればなり)」

という言葉が江戸時代に発行された暦便覧(こよみびんらん)にあります。芒(のげ)とは、麦や稲などの先端にある針のようなツンツンしたもの。通常は「のぎ」「ぼう」とも呼びます。稼種は、稼という言葉には「種を植える」などという意味があります。種は稲の種のことを指しています。

目次に戻る≫

芒種(ぼうしゅ)はいつごろ? 2019年はいつ?

二十四節気は日付固定ではないので、日付は変動します。2019年の芒種は6月6日です。また、6月6日から次の二十四節気の次の第10節、夏至の6月21日までの15日間ぐらいを指します

目次に戻る≫

季節を感じる花

二十四節気の芒種である新暦の6月6日ごろに咲く花を見てみましょう。

アジサイ

アジサイは開花時期が長いので芒種の時期も盛りです。

植物名 アジサイ(紫陽花)
学名 Hydrangea macrophylla
英名 Hydrangea
科名

アジサイ

属名

アジサイ

原産地

日本

アジサイは開花時期が長いので芒種の時期も盛りです。

▼アジサイについてはこちらの記事もチェック!

 スイカズラ

忍冬(にんどう)ともいわれます。寒い冬も越すため、その名前がついています。スイカズラは香りが良いので庭木としてもおすすめです。

植物名 スイカズラ(吸い蔓)
学名 Lonicera japonica
英名 Japanese Honeysuckle
科名 スイカズラ科
属名

スイカズラ属

原産地

日本、東アジア

忍冬(にんどう)ともいわれます。寒い冬も越すため、その名前がついています。スイカズラは香りが良いので庭木としてもおすすめです。

▼スイカズラについてはこちらの記事もチェック!

目次に戻る≫

季節を感じることば

稽古始め

6月6日はお稽古事を始めるのが良いとされています。もとは歌舞伎や能、狂言などの伝統芸能を手習いはじめるのに良いとされました。片手で指折りいち、に、と数えていくと、6のところで小指を立てる形になります。「子(小指)を立てる」として6月6日の縁起が良い、と考えられています。現在では楽器の日、生け花の日が制定されています。

目次に戻る≫

芒種に旬を迎える食べ物

そらまめ

スーパーにソラマメが並び始めると春だなあ、という感じがするほど出回る時期が早くなっていますが、旬はこの時期です。ソラマメは鮮度が落ちやすく、購入したらすぐ食べたほうが良いでしょう。最近はさやごと焼いて食べる食べ方も人気です。

びわ

びわはバラ科ビワ属の果実です。3月ごろから出回り始めますが旬はこの時期です。

鱚(きす)

キス科キス属の魚で、シロギス、アオギス、モトギスなどの種類がいますが、キスというと一般にはシロギスのことを指します。

目次に戻る≫

▼編集部のおすすめ

 

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「2019年の芒種(二十四節気)はいつ?|暦のある生活」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

小野寺葉月
小野寺葉月

中高短で美術を学び、卒業後観葉植物も扱う雑貨店で店長、バイヤーを担当。産後LOVEGREEN編集部で季節や庭木、虫の記事担当しつつ、説明や挿絵などで再び絵を描き始める。Botapiiでもエディブルガーデン他のイラストを担当。縁あって現在はフィリピンのセブ在住。ダイビングリゾートで広報も担当している為、海の中やマクロダイビングの世界に夢中。魚より珊瑚やホヤ、海藻など植物寄りの世界が好き。勘と勢いで生きている。

このライターの記事一覧

おすすめ