端午の節句はハーブで作る薬玉(クスダマ)を作ってみませんか?

峰亜由美

峰亜由美

公開日 :

端午の節句に飾られていた薬玉(クスダマ)

実は旧暦の端午の節句は梅雨時のジメジメした季節に雑菌が増える頃、ヨモギや菖蒲の葉などを使って予防したり、無病息災を祈って飾られたりしたと言われています。

今回は今の暮らしに合わせて、この季節に育つお庭のハーブを使って薬玉(クスダマ)を作ってみませんか?ハーブはお花屋さんでも購入する事も出来ます。

今回使用するハーブは殺菌作用があり、カビなどの菌も緩和、気分のリフレッシュにも役立ちます。ハーブの香りが梅雨のうっとうしさを爽やかに変えてくれる、ハーブの薬玉(クスダマ)をご紹介します。

目次

くす玉とは

くす玉と言えば、式典や運動会でキラキラと紙吹雪が天に舞うその姿を思い出される方が多いのではないでしょうか?くす玉の始まりは中国で、魔除けに使用する道具として端午の節句などに使用されて来ました。  日本でも端午の節句に魔よけや邪気を払うものとして、身に着けていた大きな糸巻が、平安時代に厄除けの意味を込めて菖蒲やヨモギなどの植物を飾り、その後、華やかなものに変化し薬草、香草、香料を錦の袋に詰めて、その袋に飾りつけをして五色の糸を垂らし、邪気を払うものとして使われて来ました。  五色(ごしき)といわれる青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)の5色は、古代中国の陰陽五行説に由来します。陰陽五行説とは、万物は「陰・陽」の二気、「木・火・土・金・水」の五行で成り立ち、これら陰陽五行の要素で世の中は回っているという思想で、日本の文化に深く関わっています。この五行を「青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)」の5色で表したものが五色で、「木=青(緑)、火=赤、土=黄、金=白、水=黒(紫)」を表しています。  五色の他にも、方角を表す五方、季節を表す五時、人の徳目を表す五常(五徳)、人の感覚器官を表す五官など、日本ではあらゆるものが五行に配されています。  今までカラフルだなとか、同じ5色を見かけるなと漠然と感じていた事がその意味を知ると、発見を楽しみながら見る目も変わってくる事と思います。  例えば神社仏閣へ行けば五色のものがたくさんあります。相撲の土俵の上には、東に青、西に白、南に赤、北に黒の房がさがっています。お能の揚げ幕の色もまた五色。この様に日本に根付いた場所で見る事ができる5色です。

くす玉と言えば、式典や運動会でキラキラと紙吹雪が天に舞うその姿を思い出される方が多いのではないでしょうか?くす玉の始まりは中国で、魔除けに使用する道具として端午の節句などに使用されて来ました。

日本でも端午の節句に魔よけや邪気を払うものとして、身に着けていた大きな糸巻が、平安時代に厄除けの意味を込めて菖蒲やヨモギなどの植物を飾り、その後、華やかなものに変化し薬草、香草、香料を錦の袋に詰めて、その袋に飾りつけをして五色の糸を垂らし、邪気を払うものとして使われて来ました。

五色(ごしき)といわれる青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)の5色は、古代中国の陰陽五行説に由来します。陰陽五行説とは、万物は「陰・陽」の二気、「木・火・土・金・水」の五行で成り立ち、これら陰陽五行の要素で世の中は回っているという思想で、日本の文化に深く関わっています。この五行を「青(緑)・赤・黄・白・黒(紫)」の5色で表したものが五色で、「木=青(緑)、火=赤、土=黄、金=白、水=黒(紫)」を表しています。

五色の他にも、方角を表す五方、季節を表す五時、人の徳目を表す五常(五徳)、人の感覚器官を表す五官など、日本ではあらゆるものが五行に配されています。

今までカラフルだなとか、同じ5色を見かけるなと漠然と感じていた事がその意味を知ると、発見を楽しみながら見る目も変わってくる事と思います。

例えば神社仏閣へ行けば五色のものがたくさんあります。相撲の土俵の上には、東に青、西に白、南に赤、北に黒の房がさがっています。お能の揚げ幕の色もまた五色。この様に日本に根付いた場所で見る事ができる5色です。

目次に戻る≫

\くす玉の作り方はこちらへ/

続きを読む

Pages: 1 2

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「端午の節句はハーブで作る薬玉(クスダマ)を作ってみませんか?」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

峰亜由美
峰亜由美

幼少の頃から植物に詳しい両親に育てられ自然と植物や昆虫に興味を持つ環境で育った私は自然に花の世界で仕事をするようになっていました。現在は各地にてワークショップを開いたりイベントなどで移動花屋を開いたり、帽子作家さんとドライフラワーを使ったコサージュ展や陶芸家さんとの2人展等、幅広く花に携わるお仕事をしています。自宅では野菜を作ったりガーデニングをしたり植物三昧な日々です。何よりお花と共に過ごして思う事はお花のある場所ではたくさんの笑顔に出会える事が幸せです。植物と共に暮らす素敵さをお伝えして行きたいと思っています。

おすすめ