リースより簡単!おしゃれな「スワッグ」の作り方

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

近年大人気の「スワッグ」。おしゃれな見た目だけに、どうやればうまく作れるの? 花材は何を使えば良いの? など、疑問は尽きませんよね。今回は、実はすっごく簡単なスワッグの作り方をご紹介。

 

目次

「スワッグ」とは

1、2種類の植物で

季節を楽しむスワッグ

余った花材で小さくまとめて

スワッグの作り方

スワッグに向いている植物

スワッグに向かない植物

 

「スワッグ」とは

「スワッグ」は、ドイツ語で「壁飾り」という意味。草花をさっと束ねて壁に吊るして楽しみます。季節の花やイベントに合わせて作ればインテリアとしても素敵。お部屋を明るく彩ってくれます。ヨーロッパでは、リースと並んで魔除けや幸福を呼ぶために飾る習慣があるそう。

作り方は簡単。組み合わせは自由!

 

1、2種類の植物で

img_4653

たくさんの種類が絶対必要とは限りません。1、2種類のものをさっとまとめるだけでもできます。

 

季節を楽しむスワッグ

swag_01

photo&swag:hommy_t

四季を楽しむことにもスワッグを飾って。季節の草花を取り入れることで、旬の空気を呼び込んでくれます。

こちらは剪定をした枝を使って作られてスワッグ。松 ・ユーカリ ・かすみ草 ・グラスペディアなどを数種類を束ねて。白+他の色(今回は黄色)で色数を絞って作るとシンプルなスワッグに。

 

余った花材で小さくまとめて

img_2982

余った花材もまとめ方次第でミニスワッグに変身。グリーンベースに色のある花がひとつあるといいアクセントになります。

 

スワッグの作り方

束ねて作る

img_2777

材料には切花、葉もの、ハーブなどバランスよくピックアップします。背丈もバラバラでもOKです。枝の下10cmくらいについている葉は取っておきましょう。

img_2771

背の高い植物を一番下にしてバランスをみながら重ねるように束ねていきます。ずらしたりしても。最後にきちんと括りリボンや麻テープなどで装飾をして完成です。

もっと詳しくはこちらでご紹介しています。

スワッグの作り方(動画付き)

 

スワッグに向いている植物

どの植物もできなくはないですが、向き、不向きはあります。ドライになったときも色が鮮やかなもの、香りが残るものがおすすめ。

ローズマリー

15356834_1060289414094240_412248832_n

・プロテア(画像はキングプロテア)

・ラベンダー

034

・ホーリーバジル(トゥルシー)

imgp9126

・ユーカリ

rose

・バラ
・スターチス

15008076_1029916233798225_1000337710_o

・リューカデンドロン
・バンクシア
・ケイトウ など

スワッグに向かない植物

_mg_8351

萎れてしまったり、葉や花びらば落ちてしまうものはあまりおすすめできません。ダリアやユリ、マーガレットなどはあまり向いていないでしょう。

あなたはどんなスワッグを飾りますか?好きな植物を集めて、束ねて好みのスワッグを作ってみてくださいね。

庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「リースより簡単!おしゃれな「スワッグ」の作り方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料】ベゴニア 原種 マクラータワイティ

販売価格:5,280円(税込)

【送料無料】底面給水機能付き フィカス・ベンガレンシス6号鉢

販売価格:8,800円(税込)

ベーシックエプロン VOIRY STORE

販売価格:4,950円(税込)

SPECIAL

おすすめ