とっても簡単でおしゃれ!スワッグの作り方。

LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN編集部

このライターの記事一覧

公開日 :

「スワッグ」とは「壁飾り」という意味。季節の植物を使うことで旬をお部屋に取り入れることが出来ます。スワッグはヨーロッパではリースと並び魔除けや幸福を呼ぶために玄関や室内に飾る習慣があるそうです。好きな花や植物を合わせて束ねてスワッグを作ってみませんか。お家にあるドライフラワーもスワッグに出来ます。作り方はとてもシンプルです。

目次

とっても簡単なスワッグの作り方

スワッグの材料左からバーセリア、ワックスフラワー、ヒペリカム、ユーカリ、ヒバ

スワッグの材料・道具

  • 麻紐
  • 好きなリボンや紐
  • 植物
  • 花用ハサミ
  • クラフト用ハサミ

今回スワッグに使った植物

左からバーセリア、ワックスフラワー、ヒペリカム、ユーカリ、ヒバ

①材料の下葉は取ります  まとめるために下葉は10cmくらいは取ります。細かいものは先に別に束ねて紐で括っておくと作りやすいです。

①材料の下葉は取ります

スワッグをきれいにまとめるために下葉は10cmくらいは取ります。細かいものは先に別に束ねて紐で括っておくと作りやすくなります。

②植物をランダムに重ねるように合わせる  背の高いものは一番下にして背丈の短いものを前に重ねます。

②植物をランダムに重ねるように合わせる

長さのあるものはスワッグの一番背中になるように一番下にして、丈の短いものを前に重ねます。

ユーカリをプラス。同じグリーンでも色や葉の形を変えればメリハリがでます。

ユーカリをプラス。同じグリーンでも色や葉の形を変えればメリハリがでます。

 

ワックスフラワーを合わせます。

ワックスフラワーを合わせます。

 

お花の向きもどの向きが良いかバランスを見ながら合わせます。

お花の向きもどの向きが良いかバランスを見ながら合わせます。

 

ヒペリカムを一番手前に入れます。他の植物と重なりすぎないようにずらしてバランスをみます。

ヒペリカムを一番手前に入れます。他の植物と重なりすぎないようにずらしてバランスをみます。

 

③まとめます  植物を束ねたら、麻紐でしっかりとぎゅっとまとめます。まとめた上から好みのリボンなどで飾ります。今回は麻のテープを巻いてラフィアテープで結んで飾りました。

スワッグが崩れないように、茎をしっかりと麻布でまとめます。

③仕上げ

植物を束ねたら、麻紐でしっかりとぎゅっとまとめます。まとめた上から好みのリボンなどで飾ります。今回は麻のリボンを巻いてラフィアで結んで飾りました。

スワッグの完成です。

スワッグの完成です。

 

スワッグは壁に飾るためにまとめた部分やリボンに麻紐やリボンを通して掛ける部分をつけると壁に飾りやすいです。

出来上がったスワッグに壁に飾るための紐を付けます。まとめた部分のリボンに、後ろから麻紐やリボンを通して掛ける部分をつけると壁に飾りやすくなります。

 

S字フックや針金でフックを作り、直接通しても。

S字フックや針金で作ったフックを直接通しても良いです。

 

リボンの部分を壁のフックに引っ掛けて飾ってみました。左のスワッグは麻紐を巻いています。細い麻紐も何本か束ねることでボリュームを出せます。

リボンの部分を壁のフックに引っ掛けて飾ってみました。左のスワッグは麻紐を巻いています。細い麻紐も何本か束ねることでボリュームを出せます。

目次に戻る≫

 

 

\ドライフラワーのスワッグの作り方とおすすめの植物に続きます!/

 

続きを読む

Pages: 1 2
庭リノベの無料相談、お見積はMIDOLAS

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「とっても簡単でおしゃれ!スワッグの作り方。」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

LOVEGREEN編集部
LOVEGREEN編集部

LOVEGREEN(ラブグリーン)の編集部アカウントです。育て方の記事や、編集部としての取材記事やオフィシャル情報などを配信。

このライターの記事一覧

おすすめ