夏の花!ムクゲ(木槿)とフヨウ(芙蓉)の見分け方

金子三保子

金子三保子

このライターの記事一覧

公開日 :

夏の間、華やかな大輪の花を咲かせる、ムクゲとフヨウ。見た目がとても似ている2つの花の見分け方をご紹介します。散歩で出会った花がムクゲかフヨウかが一目でわかるようになりますよ。

目次

ムクゲとフヨウの見分け方|開花時期

ムクゲは梅雨のころから開花しますが、フヨウの花は早くても7月下旬ころ、盛りは8月以降の真夏の花です。

ムクゲ

・ムクゲの開花期間 6月後半~10月

・フヨウの開花期間 7月下旬~10月

ムクゲは6月後半から開花が始まります。それに対してフヨウは7月後半、主に8月から開花します。梅雨の頃に咲いていたら、それはムクゲです。

桜のように花の開花期間が1週間という短い花木も多い中で、ムクゲやフヨウは夏の間、長くたくさんの花が開花します。

目次に戻る≫

ムクゲとフヨウの見分け方|花

ムクゲ

ムクゲ

 

ムクゲとフヨウの花の違い 花の見分け方は、雌しべをご注目ください。雌しべが5つに分かれてカーブするように上に曲がっているのがフヨウ、まっすに伸びているのがムクゲです。

フヨウ

ムクゲとフヨウの花の違い

花の見分け方は、雌しべをご注目ください。

雌しべが5つに分かれてカーブするように上に曲がっているのがフヨウ、まっすに伸びているのがムクゲです。

目次に戻る≫

ムクゲとフヨウの見分け方|葉

ムクゲ

ムクゲ

 

フヨウ

フヨウ

ムクゲとフヨウの葉の違い

ムクゲの葉の大きさは小さめで、形は鋸歯で切れ込みが入っています。一方、フヨウは大きな葉で手のひらのような形をしています。

葉の色はムクゲは深緑、フヨウは明るい緑色です。木全体としての樹形は、ムクゲが直線的、フヨウは放射状に広がるように伸びるので柔らかな雰囲気があります。

目次に戻る≫

ムクゲとフヨウの違いをお分かりいただけましたでしょうか。夏のお散歩の時の参考にしてみてくださいね。

 

 

▼編集部のおすすめ

 

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

関連ワード

今月のおすすめコンテンツ

「夏の花!ムクゲ(木槿)とフヨウ(芙蓉)の見分け方」の記事をみんなにも教えてあげよう♪

金子三保子
金子三保子

フラワーコーディネーター、フォトグラファー。1997年よりフラワースクールにてスタッフを経験後、2001年に花屋・レコルトを設立。 花のギフトや装花・コーディネート、自身でスタイリングした花の撮影など、幅広く活動中。受け手が心地よい気分になれるような、ナチュラルでさりげない花や写真を提案している。 好きな植物は、草花、ハーブ、原種のクレマチスなど。ビオラは交配して自分の好みの色あいを作ったりもしている。色合わせがとにかく好き。

このライターの記事一覧

おすすめ商品

【送料無料・3~4月発送予約注文】雑草対策のグランドカバー 「タピアン」 (宿根草バーベナ)3色6苗セット

販売価格:3,080円(税込)

【送料無料・12/24以降お届け】春の花 チューリップ 花束 ミックス 15本入り ギフト

販売価格:4,400円(税込)

【送料無料】〈爽やかなライトグリーンの花〉クリスマスローズ 原種リグリクス 1株(開花予定株 13.5cmポット苗)

販売価格:4,235円(税込)

LOVEGREEN 公式アカウントをフォロー!

  • Instagram
  • Facebook
  • LINE
  • Twitter

SPECIAL

おすすめ

LOVEGREEN(ラブグリーン)メールマガジン会員募集中!

植物の悩みならLOVEGREEN(ラブグリーン)のQ&A